プロTOP:藁谷進プロのご紹介

小さくても広く、快適。富山に合った住まいを提供する家づくりのプロ。(1/3)

藁谷進 わらがいすすむ

部屋が枝分かれした「ぶどうの家」でなく、 一体空間でつながった「りんごの家」を提案。

 富山市問屋町。多くのメーカーや卸問屋などが建ち並ぶエリアの一角に本社を構える株式会社アディックは、自然素材をふんだんに使い、快適で安全な家づくりを提案しているハウスビルダーです。藁谷進さんは同社の代表取締役として会社経営はもちろん、一級建築士・インテリアプランナーとしても長年の経験と技術を発揮しています。

 藁谷さんは大学卒業後、設計事務所に就職。その後、独立して個人事務所を経営していましたが、1988年、株式会社アディック設立に伴い、設計担当として就職。設計業務のほか営業、管理など幅広い業務を兼務した後、平成16年に社長に就任。現在に至ります。

 藁谷さんが入社当初から取り組んでいるのが、富山の気候風土に合った家づくりです。富山県は降水量が多く湿度も高いのが特徴。また冬の寒さが長く、暖房期間は10月~4月と半年以上になります。この気候では結露対策をしっかりと行わなければ腐朽菌が増殖し、家の短命化を招きます。アディックではこうした気候風土に対応するため、高気密・高断熱のハイスペック、無垢材の使用、健康を配慮した全館暖房、空間変更が可能な間取りにこだわった一体空間の住まいを推奨しています。

 「富山では、玄関と廊下が真ん中にあってたくさんの部屋が枝分かれした“ぶどうのような家”が主流でした。部屋と廊下の温度差が結露を生む、寒い家です。一方、私たちが造るのは“りんごのような家”。一つの空間でいつも家族の気配が感じられる住まいです。廊下がないので薪ストーブなど一つの暖房で家全体を温めます。例えば子どもが独立した後は部屋の間仕切りを変えることも可能。柔軟に対応しながら長く住み続けられる家です」

 無垢材はノルウェーから北欧パインを直輸入。厳寒地でゆっくり育った北欧パインは目が詰まり、縮みや反りがほとんどないのが特徴です。また、薪ストーブは熱効率が良く、環境にもやさしい暖房器具。アディックでは「薪ストーブを安全に、楽しく、使い続けてほしい」という思いから、新居に薪ストーブを設置したオーナーを対象に、チェンソーの使い方やメンテナンス、薪ストーブクッキングを楽しむイベントを定期的に開催しています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「3つのL」をテーマに、末永いライフサイクルで持続可能な住まいを提唱。

藁谷進プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

天然素材をふんだんに使った、快適で安全な家づくりを提案

会社名 : 株式会社アディック
住所 : 富山県富山市問屋町2-10-19 [地図]
TEL : 076-400-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-400-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藁谷進(わらがいすすむ)

株式会社アディック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
単純な屋根

屋根の防水技術が進んで、フラット屋根や複雑な屋根が増えているようです。しかし、昔から職人に言わせると「雨...

[ 住まいの設計 ]

障子について
イメージ

障子のルーツは、その昔神殿造りで用いられていた蔀戸(しとみど)に遡ると言われています。その蔀戸の発展形...

[ 住まいの設計 ]

膝にやさしい床材
イメージ

東京ドームの人工芝の下はコンクリートです。この上で野球をすると頭にツンツン響くそうで、これでは選手寿命を...

[ 住まいの設計 ]

引き戸の効用

引き戸は日本の家が生み出した世界に誇ることが出来るすばらしい知恵です。開けておくのもよし!閉めておくのも...

[ 住まいの設計 ]

家族は変化する

子供が小学校高学年、中学生、高校生になると、自分の部屋に対する主張も強くなります。自分もそうでした。し...

[ 住まいの設計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ