>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2016-04-15 

住まいは人をつくる

「人は住む場所や環境に自然に感化される」 と言われます。

特に小さなお子さんには大きな影響を与えます。
また、家が良くなると、ごみの出し方まで変わるなどとも言われています。
それほど人は環境に感化されやすいものなんですね。
ですので、これから住まいを計画される方には特に意識して頂きたいと思います。

重要なポイントを5つとその解説です。

1 太陽が入らぬ家は医者が入る
暗くジメジメとした家では、健康に暮らせない気がしますし、実際もそのようです。
たとえうなぎの寝床のような土地であっても太陽の入る家は造れます。京都の町屋もそのほとんどに中庭があります。
是非、環境をあきらめないで、太陽の光の差し込む住まいを造って下さい。そうしたらその光のコントロールはどうにでもなります。

2 風は住空間を浄化する血液
日本は、また富山は特に湿気の高い地域です。また、近年亜熱帯のような気候が続きます。
この様な場所では、風を通すことが特に重要となります。
そのためには、通りやすい住まいを造ることが大事です。
細かいことは色々ありますが、大事なポイントは2つ。
家の中を細かく仕切らずに、一体空間の住まいにすることと、煙突効果を利用して、風が自然に流れる工夫をすること。
煙突効果とは、空気の入り口と出口の高低差のこと。もちろん高低差が大きければ大きいほど風が流れます。
高窓を設置するとよいでしょう。近頃はオペレーター付の高窓が商品化されています。

3 空気を新鮮に保つことが健康のコツ
材料の問題、換気の問題などいろいろ含むのですが、ここでは仕上げの材料のことを述べたいと思います。
一番身近な材料と言えば仕上げ材です。ここに有害な物質を含む素材は使いたくありません。
ここ10年は無垢材が当たり前の時代に成っていますので、結構有害なものは少なくなっていると思います。
更にをお考えの場合は、塗り壁に成ります。漆喰や珪藻土などよく使われます。風合いも申し分ありません。
また炭などを床下に敷く方法もあります。

4 木こそ住まいの健康の素(もと)
静岡大の研究で、木、鉄、コンクリートの箱を造りマウスを用いて実験が行われました。どの箱のマウスが一番長生きするか?
結果、木の箱のマウスが一番長生きしました。
木は、湿気をコントロールしてくれます。乾燥したら湿気を吐き出し、湿度が高いと吸湿します。常に生き物にやさしい作用があるのです。
また、木は天然の断熱材です。直接肌に触れると心地良く、大変癒されますし、加えて音を乱反射する性質もあるため、楽器を演奏すると、反響が素晴らしく気持ちよく演奏も出来るし聞くことも出来るのです。こんなに素晴らしい木をもっと使いたいものです。元々人は森に居たのですから、木とは特別相性が良いはずです。

5 人体への悪影響を及ぼすカビ
カビの発生は40~60%の湿度の時に最小に成ります。
富山ですと1年中湿度が高いので、注意が必要です。気候の良い時期は窓をこまめに開けて換気するとかいくつか方法はありますが、冬場はなかなか窓を開ける訳にはいきません。
そこで、全館暖房をお勧めいたします。
断熱と気密を良くすると、細かい仕切りが無くても寒くありません。また、全館温度ムラの無い環境はとても住みやすく心地良いものに成ります。加えて湿度が下がりますので、加湿しながら40~60%付近までコントロールします。
カビの少ない空間で、洗濯物もすぐ乾く、こんな生活をここ富山で送ることが可能なんです。


私は住宅の設計をかれこれ30年行ってきました。
まだ駆け出しのころ、上司から渡されたペーパーが、住宅問題評論家/古田義弘さんの 「住まいが変われば人も変わる」でした。
自分なりに検証しながらここまで設計を行ってきましたが、今ではこれほど大事なものは無いという自分の中での設計のど真ん中にある言葉です。

誰もが良い家で、健康に楽しく暮らしたいと願っています。
その為の努力も必要です。
よくよく吟味して行動を起こしてください。願っています。

どれか一つでも参考になることがあったなら幸いです。

この記事を書いたプロ

株式会社アディック [ホームページ]

一級建築士 藁谷進

富山県富山市問屋町2-10-19 [地図]
TEL:076-400-7757

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
藁谷進 わらがいすすむ

小さくても広く、快適。富山に合った住まいを提供する家づくりのプロ。(1/3)

 富山市問屋町。多くのメーカーや卸問屋などが建ち並ぶエリアの一角に本社を構える株式会社アディックは、自然素材をふんだんに使い、快適で安全な家づくりを提案しているハウスビルダーです。藁谷進さんは同社の代表取締役として会社経営はもちろん、一級建...

藁谷進プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

天然素材をふんだんに使った、快適で安全な家づくりを提案

会社名 : 株式会社アディック
住所 : 富山県富山市問屋町2-10-19 [地図]
TEL : 076-400-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-400-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藁谷進(わらがいすすむ)

株式会社アディック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
単純な屋根

屋根の防水技術が進んで、フラット屋根や複雑な屋根が増えているようです。しかし、昔から職人に言わせると「雨...

[ 住まいの設計 ]

障子について
イメージ

障子のルーツは、その昔神殿造りで用いられていた蔀戸(しとみど)に遡ると言われています。その蔀戸の発展形...

[ 住まいの設計 ]

膝にやさしい床材
イメージ

東京ドームの人工芝の下はコンクリートです。この上で野球をすると頭にツンツン響くそうで、これでは選手寿命を...

[ 住まいの設計 ]

引き戸の効用

引き戸は日本の家が生み出した世界に誇ることが出来るすばらしい知恵です。開けておくのもよし!閉めておくのも...

[ 住まいの設計 ]

家族は変化する

子供が小学校高学年、中学生、高校生になると、自分の部屋に対する主張も強くなります。自分もそうでした。し...

[ 住まいの設計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ