>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2016-08-02 

天井高と開口部の関係

住まい造りで最も関心が高いのは「間取り」です。
各社こんな間取りで…らしい生活などと競っているように思えます。

確かに間取り、動線は大切です。が、それだけでしょうか?

天井が高いと、天才が育つとかのCMがかつてありました。
最近もイケメン男優が俺は低いほうが落ち着く!などと高い天井をPRするCMが流れています。
CMが流れると、また大手ハウスメーカーが行うとそれが王道のように見えてしまうことが大変恐ろしく感じます。

私たち日本人は、靴を脱ぎ、ソファーで寝そべったり、床に座ったりする生活が根付いています。
その時に高い天井だと落ち着きません。
高い天井が広い空間とは一緒ではないのです。

にじり口から入った茶室の狭い空間が、小宇宙のように広がりを感じることが出来ることが如実にそれを表わしています。
また、天井いっぱいまでの内法高の窓があると、天井が低くても目線が抜けているのでかえって広さを感じます。



低い天井と高い天井、それと開口部の高さをうまく使って、広がりの感じることのできる落ち着いた住まいが出来ますように!

この記事を書いたプロ

株式会社アディック [ホームページ]

一級建築士 藁谷進

富山県富山市問屋町2-10-19 [地図]
TEL:076-400-7757

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
藁谷進 わらがいすすむ

小さくても広く、快適。富山に合った住まいを提供する家づくりのプロ。(1/3)

 富山市問屋町。多くのメーカーや卸問屋などが建ち並ぶエリアの一角に本社を構える株式会社アディックは、自然素材をふんだんに使い、快適で安全な家づくりを提案しているハウスビルダーです。藁谷進さんは同社の代表取締役として会社経営はもちろん、一級建...

藁谷進プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

天然素材をふんだんに使った、快適で安全な家づくりを提案

会社名 : 株式会社アディック
住所 : 富山県富山市問屋町2-10-19 [地図]
TEL : 076-400-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-400-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藁谷進(わらがいすすむ)

株式会社アディック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
単純な屋根

屋根の防水技術が進んで、フラット屋根や複雑な屋根が増えているようです。しかし、昔から職人に言わせると「雨...

[ 住まいの設計 ]

建て主の95%が間取りに不満!?

日本間取り協会が今年6月から7月にかけて調査した内容です。「日経ホームビルダー10月号」掲載から。内容を読...

[ 住まいの設計 ]

アプローチ 道路から玄関まで その表情

道路から玄関までの間をアプローチと言います。アプローチは、社会とその住まいをつなぐ中間的な領域です。ひ...

[ 住まいの設計 ]

住まいの配置 自然と仲良しになること(逆らわないこと)

□ 住まいの置き方土地には当たり前ですが東西南北があります。その自然(光や風など)とどううまく付き合うか...

[ 住まいの設計 ]

心地よい風を家にまねく

窓は閉めるだけのためにあるのではなく、外の風を招く装置でもあります。ドライブ中、気分に誘われて窓を開け...

[ 住まいの設計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ