>   >   >   >   >   >  住まいの設計

コラム一覧 :住まいの設計

1件~12件(12件)

建て主の95%が間取りに不満!?

日本間取り協会が今年6月から7月にかけて調査した内容です。「日経ホームビルダー10月号」掲載から。内容を読んでみると、7割以上が駐車場と玄関に不満!と言うことです。最も多かったのが駐車場。「玄関から離れていて不便」「狭くて車を出し入れしにくい」「屋根を設けておくべきだっ... 続きを読む

住まいの設計

2017-09-23

アプローチ 道路から玄関まで その表情

道路から玄関までの間をアプローチと言います。アプローチは、社会とその住まいをつなぐ中間的な領域です。ひとりの社会人から家族の一員に代わる、言わば気持ちの切り替えの大事な場所です。また、訪れる方に対し、挨拶の意味を持ったお出迎えの空間だったりもします。長い方がいいか?... 続きを読む

住まいの設計

2017-09-14

住まいの配置 自然と仲良しになること(逆らわないこと)

□ 住まいの置き方土地には当たり前ですが東西南北があります。その自然(光や風など)とどううまく付き合うかで、生活の快適さや自然の恩恵の享受に深くかかわってきますので、少しお伝えいたします。結論から言いますと、建物は東西に長くすべし!です。夏、東や西の日差しは真横から... 続きを読む

住まいの設計

2017-08-28

心地よい風を家にまねく

窓は閉めるだけのためにあるのではなく、外の風を招く装置でもあります。ドライブ中、気分に誘われて窓を開けることがあります。気分がリフレッシュしたり、眠気を覚ましたり、緑や潮の香りを感じたり…。実に良いものです。車の外が絶えられなく暑かったり、凍えるように寒かったら、誰も... 続きを読む

住まいの設計

2017-08-01

風の通り道

地上に降り注ぐ太陽エネルギーのおよそ2%は、地上の空気を暖め、大気循環を起こして、風に姿を変えます。通風とは、文字通り風の通る道を言います。南から北へ風の通る道をつくるだけでなく、東から西への風が通る道をつくると風量は4倍に増えます。開口部を狭くすると風速は増し、大きいと... 続きを読む

住まいの設計

2017-07-21

障子について

イメージ

障子のルーツは、その昔神殿造りで用いられていた蔀戸(しとみど)に遡ると言われています。その蔀戸の発展形が障子です。蔀戸は、格子に板を張った頑丈な突き上げ窓ですが、閉じられていると暗く、引き上げるのに重いと言う難点を持っていました。この格子に板の代わりに白い紙を張っ... 続きを読む

住まいの設計

2016-09-09

膝にやさしい床材

イメージ

東京ドームの人工芝の下はコンクリートです。この上で野球をすると頭にツンツン響くそうで、これでは選手寿命を短くすると言った選手が居たそうです。私も学生時代、ショッピングセンターの駐車場で車の整理のアルバイトをしていた時、もう1日経つとかかとが痛くて、コンクリートの上って…っ... 続きを読む

住まいの設計

2016-09-01

引き戸の効用

引き戸は日本の家が生み出した世界に誇ることが出来るすばらしい知恵です。開けておくのもよし!閉めておくのもよし!開き戸(ドア)は、閉めておくのが常態です。引き戸は閉めておくのも開けておくのも常態です。どちらでもいいのです。冬は部屋を小さくし、夏は開け放って開放的に暮... 続きを読む

住まいの設計

2016-08-26

家族は変化する

子供が小学校高学年、中学生、高校生になると、自分の部屋に対する主張も強くなります。自分もそうでした。しかし、子供は成長し、やがて巣離れします。巣立った子供部屋は物置と化してしまうことはよくあることです。住まいは一幕劇ではなく、多幕劇です。ライフステージに合わせて... 続きを読む

住まいの設計

2016-08-19

2階までの階高

平屋が最高の贅沢!と言われます。敷地と予算があれば、誰だってそうします。一般的庶民の家というと、2階建てが普通です。その2階までの高さの話をします。お客様でも階高をこの寸法でなどと言う人はいません。寸法は業者任せなのです。その寸法でどれほどの違いが出るのかを試算... 続きを読む

住まいの設計

2016-08-05

天井高と開口部の関係

イメージ

住まい造りで最も関心が高いのは「間取り」です。各社こんな間取りで…らしい生活などと競っているように思えます。確かに間取り、動線は大切です。が、それだけでしょうか?天井が高いと、天才が育つとかのCMがかつてありました。最近もイケメン男優が俺は低いほうが落ち着く!などと高... 続きを読む

住まいの設計

2016-08-02

単純な屋根

屋根の防水技術が進んで、フラット屋根や複雑な屋根が増えているようです。しかし、昔から職人に言わせると「雨漏りしない屋根は無い」そうです。屋根は単純な切妻屋根が一番危険が少ないようです。また美しい!外壁保護を考えると軒の出はできる限り大きく!昔の農家住宅は、美しくて... 続きを読む

住まいの設計

2016-07-28

1件~12件(12件)

RSS
 
このプロの紹介記事
藁谷進 わらがいすすむ

小さくても広く、快適。富山に合った住まいを提供する家づくりのプロ。(1/3)

 富山市問屋町。多くのメーカーや卸問屋などが建ち並ぶエリアの一角に本社を構える株式会社アディックは、自然素材をふんだんに使い、快適で安全な家づくりを提案しているハウスビルダーです。藁谷進さんは同社の代表取締役として会社経営はもちろん、一級建...

藁谷進プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

天然素材をふんだんに使った、快適で安全な家づくりを提案

会社名 : 株式会社アディック
住所 : 富山県富山市問屋町2-10-19 [地図]
TEL : 076-400-7757

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-400-7757

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藁谷進(わらがいすすむ)

株式会社アディック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
単純な屋根

屋根の防水技術が進んで、フラット屋根や複雑な屋根が増えているようです。しかし、昔から職人に言わせると「雨...

[ 住まいの設計 ]

建て主の95%が間取りに不満!?

日本間取り協会が今年6月から7月にかけて調査した内容です。「日経ホームビルダー10月号」掲載から。内容を読...

[ 住まいの設計 ]

アプローチ 道路から玄関まで その表情

道路から玄関までの間をアプローチと言います。アプローチは、社会とその住まいをつなぐ中間的な領域です。ひ...

[ 住まいの設計 ]

住まいの配置 自然と仲良しになること(逆らわないこと)

□ 住まいの置き方土地には当たり前ですが東西南北があります。その自然(光や風など)とどううまく付き合うか...

[ 住まいの設計 ]

心地よい風を家にまねく

窓は閉めるだけのためにあるのではなく、外の風を招く装置でもあります。ドライブ中、気分に誘われて窓を開け...

[ 住まいの設計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ