コラム

2012-07-27

夏場に注意!犬の心不全

 まだまだ暑いシーズンが続きますが、おうちの犬、猫、うさぎさんたちは元気も食欲も旺盛でしょうか?

 暑い時期増える病気は色々あるのですが、前回コラムで紹介させていただいた外耳炎。
 皮膚病。
 人間でも問題になる熱中症。
 そして意外と知られていないのが心不全です。

 夏になると心不全になる、というわけではもちろんありません。
 もともと持っている心不全が暑くなると悪化しやすいのです。

 なんでだろう?と思われるかもしれませんが、これはちゃんと理由があります。

 犬は汗がほとんどかけず、体温調節が苦手ですので、暑くなると水を飲んだり、呼吸を激しくしたりして体温を下げようとします。
ここで一気に大量の水を飲むと、一時的にですが、血管中の血液が増量してしまいます。
健康な犬はこれくらいの血液の増量で問題を起こすことはないのですが、心不全の犬ではそうは行きません。

心不全の犬はもともと心臓の機能が落ち、血液の循環は悪い状態(ゆっくりと流れ、血液が渋滞を起こしている状態)です。
ここで一気に血液が増量すると、さらに血管内の血液は渋滞を起こしてしまいます。
この渋滞が、弱った心臓の処理能力を超えてしまうと、血管から水分が漏れでてしまいます。
特に問題になるのが肺水腫。
これは肺の毛細血管からあふれた水分が染み出し、肺の中が水浸しになってしまう状態です。

本来酸素交換を行うはずの肺の中に水が貯まれば、溺れたように呼吸困難になってしまいます。

このような流れで心不全の犬が、夏場水を飲み過ぎて、急激に状態を悪化させてしまうのです。

小型犬で8歳以上の犬でこっそりと心不全を持っている子はたくさんいます。
日ごろ元気なので、これに気づいていない飼い主様もたくさんいらっしゃいます。
心不全の多い犬種として、キャバリア、マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャテリア、ミニチュアダックスフンド、シーズー等が挙げられますが、他にも日常からおやつをよく食べている小型犬では犬種を問わず、心不全を持っている子が沢山います。

おうちのワンちゃん、もちろん元気も食欲もあるでしょう。
でも、本当に心臓は健康な状態を維持できていますか?

8歳を超えたら、一度心不全がないか、検診を受けられてみてはいかがでしょうか?

暑くなってから、なんだかちょっと元気が無いかも?
時々のどにものが詰まるような咳をする?
ちょっと運動すると疲れやすくなったかも?

なんてときは、動物病院にご相談ください。
http://alles-ah.com/

この記事を書いたプロ

アレス動物医療センター [ホームページ]

獣医師 沖田将人

富山県高岡市下伏間江371 [地図]
TEL:0766-25-2586

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
動物診療のプロ、沖田将人(おきだまさと)さん

年中無休、CTスキャナ導入、インフォームドコンセント充実などワンランク上の動物医療を提供(1/3)

 病気は必ずしも日中に起こるとは限りません。それは動物も同じこと…。ペットを飼う人なら、愛するペットが苦しむ姿を見たら、たとえ日曜や祝日でも、病院に駆けつけたいと思うのではないでしょうか。また、犬や猫に対する診療においても、高度医療が進む中...

沖田将人プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

外科、整形外科、エキゾチックアニマル診療

医院名 : アレス動物医療センター
住所 : 富山県高岡市下伏間江371 [地図]
TEL : 0766-25-2586

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-25-2586

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

沖田将人(おきだまさと)

アレス動物医療センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人間の薬を犬猫に使うと

 お家の犬、猫に人間のお薬を使ったことのある飼い主さんはいらっしゃるでしょうか? もしそんなことをしたこ...

[ 動物の病気 ]

犬の熱中症にご用心

 夏本番ということで、やはり大きな問題になるのが熱中症。 先日北日本新聞ニュースでも取り上げていただき...

[ 犬の病気 ]

春は散歩もご用心

 ゴールデンウィークが近づいてくると、増えてくる病気があります。 それは農薬中毒。 もちろん地域にもよる...

[ 動物の病気 ]

抱っこしてキャン といえば椎間板ヘルニア

ミニチュアダックスフンドが日本で流行り、イヌの椎間板ヘルニアが非常にメジャーになった印象があります。 も...

[ 犬の病気 ]

犬にも人にも怖~いマダニ

 「ダニ」と一言で言っても、犬や猫の診療上重要になってくるものはチリダニ、カイセン、ニキビダニ、マダニの4つ...

[ 犬の病気 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ