コラム

2016-01-08

就職活動に欠かせない2大360度分析:就活生の皆さんに伝えたいことその2

いつもコラムを読んでいただき、ありがとうございます。

おそらく、多くの就活生が自己分析に明け暮れていることと思いますが、
一言に自己分析と言ってもたくさんの方法が存在します。

当社がインターン生と一緒に運営している「就活の参考書」も、
自己分析に関わることを中心とした構成となっています。

それだけ、自己分析は就活における「重要なタスクの一つ」と言えます。


今回は、私がおすすめする自己分析方法である「2大360度分析」に関してお伝えします。
これは、大学時代の自分が初めて取り組みであり、就活支援の現場でも活用しているものです。

ちなみに、今月18日に開催する就活ゼミ2017無料セミナーでも詳しく解説します。

360度分析とは

人事のマネジメント用語に「360度評価」というものがあります。
上司や部下・同僚や仕事上で関連する各方面の人が被評価者を評価する手法です。

就活の自己分析にも、同じような方法を用います。私はそれを「360度分析」と呼んでいます。
つまり、あらゆる角度から自分を検証するということです。

多くの学生が、一つの側面から自己分析しがちです。
これから働く社会では、あらゆる角度から自分自身と向き合っていかなければいけません。

あらゆる状況を想定して自己分析することで、より良い働き方を見つけることができます。

ヒトと環境の2大要素が自己分析には欠かせない

では、どのような状況に関して分析すればよいのか?
私の「ヒトと環境」二点から幅広く分析するべきであると考えています。

実際に、転職や退職する社員の大きな理由は、人間関係や職場環境のミスマッチです。
つまり、これらに関して様々な推測をすることが大切です。
さらに言えば、推測だけではなく、就活までに経験しておくべきです。

ちなみに当社で3年前から行っているインターンシップでは、様々な環境に適応できるよう、
環境をコロコロ変えて、より多様的な環境を創る努力をしています。

ヒトの360度分析

大きく縦軸(上下関係)と横軸(同期や仲間との関係)に区別されることが多いですが、
年齢というよりは、自分の身の回りのヒトに目を向けましょう。
例えば、家族や恩師、過去の同級生や現在の同期などです。

これまでの経験から、より関係の近い人に求めることができること
遠い関係だからこそ求めることができることなどが浮かんでくると思います。
まずは、それらを分類し、すでに満たされている要素を見つけるととともに、
不足している要素(自分が困ったときに相談できる相手)など可視化しましょう。

また、同時に実際に対象の皆さんからの自分のイメージを聞くことも大切です。
実際のイメージとは違った感情を抱いているヒトもいるかもしれません。

人間関係において、自分自身が想定したイメージとは違っている人物に
あまり好感を持てないという事実もあります。

簡単に言うと、変な人だと思ったら変な人である方が良いのです。
逆に言えば、変な人だと思ったらできる人だった場合、人はあまり深い付き合いを望みません。

まずは、自分の身の回りに人々を対象に分析してみましょう。

環境の360度分析

環境の360度と言われても、いまいちピンとこない人もいるかもしれませんが、
実際に様々な環境における自分自身の対応方法を意識しておくと、
困難も乗り切ることができるかもしれません。人が絶望するときは、予想外の困難に出会った時です。

まず、多くの方々が「うまく物事が進んでいるとき」を想定します。
しかし、働けば「うまくいかない場合」は多々あります。むしろ、大切なのはこちらです。

仕事がうまくいっていないと感じる状況はどのような状況か。
たとえば、業績が上がっているが、職場が冷え切っている状況は、
あなたにとって「うまくいっている」という状況でしょうか?

これまでに、部活動や課外活動などで、上記のような状況があったのであれば、
その時の自分の感情と行動を思い出してみましょう。

特に、自分が絶えることができなかった環境を思い出し、分析することは大切です。
友人とケンカしたとき、どうしてケンカしたのかを振り返ることも大切です。

そこには、多数の環境要因が隠れています。それらを掘り起こしましょう。

不安だったら経験してみよう

百聞は一見にしかずという言葉があるように、実際の行動が実は一番効果的です。
あらゆる想定ができたのであれば、実際にそのような環境に飛び込んでみることも良いでしょう。
もしかすると、想定とは違った感情と出会うことができるかもしれません。

就活が始まるまでに、多くの経験をしておくことが大切ですが、
一定の角度からの経験ではなく、あらゆる角度からの経験が必要です。

よく、就活で自分を探すという人がいますが、個人的には反対です。
結果的に路頭に迷うだけでだからです。決め切った状態で就活へと臨みましょう。

まだまだ不安がたくさんあると思いますが、悩んでも不安は解消されません。
何か行動に移して、ひとつずつ解決していきましょう。


昨日もお知らせしましたが、富山県内の学生さんは下記のイベントがあります。

昨年の就活生から、様々な経験談が聞ける貴重なイベントです。
就活レシピ

また、当社でも今年から就活ゼミを開催します。
こちらでも360度分析について解説します。
就活ゼミ2017 無料セミナー

まずはアクションしてみることをお勧めします。

採用や教育に関する《無料相談》も随時受付中!

採用や教育に関する無料相談サービスを行っております。詳しくはお問い合わせに関してをご確認の上、専用窓口より気軽にご連絡ください。

この記事を書いたプロ

AtionOne(エイションワン)合同会社 [ホームページ]

キャリアコンサルタント 島田勝彰

富山県富山市内幸町7-9 ラ・フォンテビル 6階 602 [地図]
TEL:076-482-3953

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

107
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
キャリアガイド
KAKUSHINトップページ

【KAKUSHINとは?】あなたと働くを継なげるキャリアガイド「KAKUSHIN(カクシン)」は、求人広告付きの企業向け採用支援メディアです。サイトはこちら【広...

キャリアゼミ
ゼミ生特別イベントの様子

★★これから就活を控える学生へ★★エイションワン合同会社(以下:エイションワン)では、社会で活躍したい学生の就職活動を応援するべく、これまで様々なイベントや取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
島田勝彰 しまだかつあき

時流を読み、採用の最前線で企業をサポート(1/3)

 国際キャリアコンサルタントの資格を持つ島田勝彰さんは “採用のプロフェッショナル”として、中小企業やベンチャー企業の人材採用を支援しています。採用の企画から実施までをトータルでサポート、「採用計画を作成したい」、「確実に人材を確保したい」...

島田勝彰プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

教育と採用に特化して、優秀な人事担当者を育成

会社名 : AtionOne(エイションワン)合同会社
住所 : 富山県富山市内幸町7-9 ラ・フォンテビル 6階 602 [地図]
TEL : 076-482-3953

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-482-3953

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

島田勝彰(しまだかつあき)

AtionOne(エイションワン)合同会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

就活ゼミを通して、就活を楽しめるようになりたい!

《就活ゼミ2017に参加しての感想》 実際に就活ゼミに参加し...

A・I
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(73

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
人事を育てることで会社の利益を生み出す
イメージ

 人事部は生産的な部署か? 多くの企業にとって、人事部というポジションは営業部や製造部と比べ、生産性の低...

[ 人事コンサルティングのサービスと効果 ]

採用や教育に関する《無料相談》を随時受け付けております
イメージ

 採用や教育のお悩みを気軽にご相談ください。 社内で採用や教育に関する業務を行っている担当者の皆様、採用...

[ お知らせ ]

就活生のライフスタイル調査からわかる若者の傾向
イメージ

いつもコラムを読んでいただき、ありがとうございます。株式会社マイナビより、2017年卒業予定の大学生・大学...

[ 新卒採用に関する調査結果 ]

話題の「ディグラム診断」をやってみました
イメージ

いつもコラムを読んでいただき、ありがとうございます。就活解禁まで残り1ヶ月を切り、周囲も少しずつですが...

[ 就職活動における傾向と対策 ]

クライアント企業様にて1dayインターンシップを実施しました!
イメージ

いつもコラムを読んでいただき、ありがとうございます。昨日は、クライアント企業様にて1dayインターンシップ...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ