コラム

2012-08-24

離婚原因

裁判上の離婚には民法第770条に定められている離婚原因が存在しなければなりません。
<法定離婚事由>
夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができます。(民法第770条1項)
1.配偶者に不貞な行為があったとき
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
5.その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

1.配偶者に不貞な行為があったとき
このケースは一般的にいう「浮気」が多いですが、法律で言う「不貞行為」とは、配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつことと定義されています。
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき
民法では「夫婦は同居し、お互いに協力、扶助しなければならない」を夫婦間の義務として定義されています。これらを故意的に果たさない場合に該当します。
例えば家出を繰り返す、働かない、生活費を渡さない、理由も無いのに同居を拒否する等がこの場合に当てはまります。
3.配偶者の生死が3年以上明らかでない時
最後の消息が確認できたときから起算して、連絡が途絶え生死不明の状態が3年経過した時にこちらが該当します。この場合、生死不明の原因、理由あるいは生死不明者の過失は問わず、配偶者に3年以上の生死不明の状態が続くことが離婚原因になります。ただし、生死不明に別居や一時的な行方不明は入りません。
4.配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない時
配偶者が精神病になったという理由だけでは認められません。離婚が認められる要件としては、夫婦としての精神的な繋がりがなくなり、お互いの協力扶助の義務が継続維持できないと判断された「回復の見込みのない強い精神病」に限られます。この要件を満たすかどうかは、最終的には専門の医師の判断を参考にして、婚姻生活を続けていくことが困難かどうか裁判官が判断することになっています。
さらに、治療が長期に渡ること、離婚を請求する配偶者が誠実に看病を尽くしてきたこと、離婚後は誰が看病し、治療費は誰が出すのか、など今までの経緯と、今後の生活に具体的な方策がなければ離婚は認められません。ある程度、精神病者の今後の生活などについて見込みがついた上でないと、離婚が認められるのは難しいでしょう。
5.その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき
夫婦間で婚姻関係の存続が困難な場合該当しますが、内容に関して限定されているわけではなく、幅広い意味合いとなっています。これには「性格の不一致・ギャンブルや借金による生活苦・家庭内暴力(DV)・過度な宗教活動・親族間でのトラブル」等さまざまなケースが該当します。
決して何でも良いわけではありません。個々の事情において裁判官が総合的に判断します。

弊社ホームページ:http://www.prominent-research-toyama.jp/

この記事を書いたプロ

株式会社ブレインズトラスト調査部 富山中央調査 [ホームページ]

斉藤好一

富山県富山市内幸町7-9 内幸町ラ・フォンテ401 [地図]
TEL:0120-292-539

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
調査・探偵のプロ、斉藤好一(さいとうよしかず)さん

調査・探偵で家庭や企業のトラブル解決をサポートするコンサルタント(1/3)

 富山中央調査(富山市内幸町)は、株式会社ブレインズトラストの探偵調査部です。富山県公安委員会届出の正規探偵事務所であり、また県内唯一の社団法人・日本調査業協会加盟社です。 代表取締役の斉藤好一さんは「ご依頼人のお気持ちやご希望を最優先...

斉藤好一プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

信用を第一に考え、顔を出している探偵会社は弊社だけです。

会社名 : 株式会社ブレインズトラスト調査部 富山中央調査
住所 : 富山県富山市内幸町7-9 内幸町ラ・フォンテ401 [地図]
TEL : 0120-292-539

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-292-539

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

斉藤好一(さいとうよしかず)

株式会社ブレインズトラスト調査部 富山中央調査

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

何社か調査会社に問い合わせましたが、相談の段階で格段に他の調査会社とは違いました。

夫の様子や行動が以前とは明らかに違い、何か隠し事があるよ...

S・A
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
離婚問題は法律知識だけで解決できるわけではありません。

「離婚問題」を解決する上で「法律知識」は、もちろんとても重要です。しかし、「法律知識」だけではなく「医学」...

[ 浮気・異性問題の調査 ]

ストーカー問題の調査

ストーカー行為は、期間が経つに連れてエスカレートすることが多く、精神的被害・物質的被害・経済的被害にとどま...

[ DV・家庭問題の調査 ]

<よくある質問> 離婚したいのですが、話し合いで解決したい。

Q 夫の浮気が原因で離婚したいのですが、話し合いで解決したいと思っています。 できれば、裁判など大げさなこ...

[ 浮気・異性問題の調査 ]

<よくある質問>離婚問題で弁護士へ依頼をするか迷っている・・・

Q 離婚問題で弁護士に依頼しようと思っていますが、弁護士に頼むにはどうすればいいですか?A 協議自体を弁...

[ 浮気・異性問題の調査 ]

<よくある質問>賠償問題になったとき必要な「証拠」

賠償問題になったときに必要な「証拠」についてよくある質問です。次にあげるような「証拠」があるのですが、使...

[ 浮気・異性問題の調査 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ