コラム

2012-04-09

手荒れがなおらないとき

手荒れがなかなかなおらない時にいくつかの原因が考えられると思います。
手荒れ治療の3原則はアトピー性皮膚炎と同様 、原因・悪化因子の除去、
薬物療法、スキンケアです。
治らないということはこれらがうまくいってないということに
なると思います。以下これについて考えてみます。

①手荒れの原因になるあるいは悪化させることをし続けている場合。
まずは日常生活で手に負担がかかることにどんな物があるか考えてみます。
水や特にぬるま湯を使うことで皮脂がとれ、皮膚のバリア機能を低下させ
手荒れを悪くする元となります。
手洗い、掃除、食器洗い、土いじり、花、植物の手入れ、洗顔、洗髪、
ペットのシャンプーなどの刺激。
仕事では美容師→パーマ液や洗髪料が頻繁に手にかかる。
看護師→手洗いの回数が頻繁。アルコールなどの消毒液を扱う。
調理師→水にふれる機会が多い。食材などが刺激となりかぶれをおこす。
コンビニなどのアルバイトで洗い物をする。洗剤をつかう。
その他仕事で油やセメントなどを扱うなどがありますね。

これらの刺激となるものを扱わないようにすればよいわけなのですが
仕事で使用しているとなかなかそういうわけにもいかないので
ひふに付かないように防御する方法を考えてみましょう。
まずは手袋をして防御する。
付着した場合はすぐに洗い流すなどを心がけてみます。
ただし、手袋をする場合はゴム手袋でかぶれる場合があるので注意が必要です。
そういう方はプラスチック手袋などを使用されるのもよいかと思います。

②ちゃんと薬を塗っていない場合。
薬を塗る量、回数が不十分。しっかりなおらないうちにやめている。塗り忘れている等。
通院間隔が開きすぎていて現在の状態にあっていない薬を使用しているため治らない。
また手のひらには市販薬程度の強さの薬を使用しても角質部分の病変をなおすには
不十分です。炎症症状があり、湿疹化しているのにハンドクリームのみ
使用されている方もよく来院されます。
現在の症状にあった強さの薬を使用する必要があります。

その他、ちょっと良くなったらすぐやめたり、予防の保湿ケアをおこたっている。
などが治りにくい原因となると思います。
塗る量が不十分になるのをさけ、症状が安定するまでは、医師の指示どおりに
きちんと通院してしっかりと外用するようにしてみましょう。

③そもそも別の病気である
手の水虫、掌蹠膿疱症などを手荒れと思われて
市販薬などを外用されている場合が往々にしてあります。
水虫に湿疹薬を使用すると症状が悪くなるか改善しないことになります。
検査で水虫菌を確認の後、抗真菌剤を使用する必要があります。
掌蹠膿疱症は手のひらや足の裏に膿疱が出たりひいたりする
慢性に経過する疾患で良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
症状によっては塗り薬以外に飲み薬や紫外線治療などが適応となる場合があります。

いずれも自己判断で塗り薬を使用してもまず改善しないので、
皮膚科専門医を受診して診断を受けた後、治療を開始するようにしましょう。

④スキンケアをこまめにしていない。
日常生活で手が水にふれない日はまずありません。
手荒れをおこしやすい方は保湿ケアをこまめにしておくと
症状がひどくなるのの予防になります。
刺激のない保湿剤を選んで皮膚のケアを怠らないようにしてみましょう。
よくなってきたと思って油断するとすぐにぶり返してしまう場合は特に
気をつけてみてくださいね。

以上で思い当たることやドキッとされた項目はありましたでしょうか。
手に負担をかけてしまうことも炊事や掃除、仕事上で扱う物だと
なんとなく想像がつきやすい原因・悪化因子ですが、
毎日なにげに行っている洗顔や洗髪での刺激も見逃せないかと思います。
な~んそんな変わったことしとらんといわれる場合も多いのですが、
意外に盲点かもしれませんね。
できるかぎり刺激をさけ、ひふを休めて治療&スキンケアをしてみてくださいね。

皮膚科ちえこクリニックホームページ
http://www.chieko-clinic.jp/

Facebookページ
http://www.facebook.com/chiekoclinic

Google+ページ
https://plus.google.com/115649997480064236959

ブログ 皮膚科ちえこクリニック院長日記
http://chiekoclinic.blog.ocn.ne.jp/

この記事を書いたプロ

皮膚科ちえこクリニック [ホームページ]

皮膚科医 梶澤知恵子

富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL:0766-64-0707

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

オンライン通院を開始しました。スマホやパソコンのビデオ通話機能を利用して、自宅や職場にいながら診察を受けることができるものです。再診で病状が安定して...

 
このプロの紹介記事
皮膚科治療のプロ、梶澤知恵子(かじさわちえこ)さん

何でも気軽に相談。地元に根ざした「まちの皮膚科のお医者さん」(1/3)

 高岡から金沢に向かう国道8号線、福岡町周辺。コンビニやスタンド、カーディーラーなどが点々と建ち並ぶその沿線に皮膚科ちえこクリニックがあります。院長の梶澤知恵子さんは、富山医科薬科大学(現:富山大学)医学部を卒業。県内外の大病院や個人病院な...

梶澤知恵子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

皮膚疾患から美容皮膚科まで女性の皮膚の悩みに幅広く対応

医院名 : 皮膚科ちえこクリニック
住所 : 富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL : 0766-64-0707

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の光治療器アイコンを導入しました
イメージ

光治療器はしみや血管病変に効果のある広い波長を出せる機械です。スポットであてていくレーザーよりソフトな治...

[ 美容皮膚科 ]

老人性しみのレーザー治療
イメージ

 老人性色素斑とは しみのご相談でもっとも多いのが頬にある丸い茶色いしみである老人性色素斑です。...

[ しみ ]

光によるニキビ治療
イメージ

クリアタッチSによるニキビ治療をしています。 クリアタッチSとは クリアタッチSとはフラッシュランプ装...

[ にきび ]

赤ちゃんの頬の湿疹がなかなか治らない時
イメージ

赤ちゃんの頬や口周りの湿疹が繰り返してなかなか治らないというご相談が多いです。いくつかの原因が考えられま...

[ ひふの疾患 ]

茶色いあざ~扁平母斑
イメージ

 扁平母斑とは 扁平母斑は境界線がはっきりした盛り上がりのない茶色のあざです。生下時に生ずる場合と小...

[ あざ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ