コラム

 公開日: 2012-04-24  最終更新日: 2014-06-04

虫さされ部分のかゆみが続いているとき

虫さされや湿疹などの部分をずっと掻いていると
ひふがこげ茶色のしみのような色になり、
硬くいぼのように盛り上がって痒みが続く場合があります。
このような状態を結節性痒疹といいます。

前シーズンの虫さされ部分がずっと治らないということで
受診される方もよくいらっしゃいます。

治療はステロイド外用剤やシール剤を使用しますが、
皮膚の盛り上がりがとれるまで継続しておこなう必要があります。
触ってみてゴツゴツという感じがとれるまでしっかり続けてみましょう。



また、掻くことにより、慢性的に皮膚を刺激することが
治りにくくなる原因になりますのでボリボリと掻かないようにします。
痒みどめの飲み薬を服用するなどして掻くことを予防するのもよいと思います。

治りにくい場合は液体窒素をあてたり、
ナローバンドUVBやエキシマライト等の紫外線療法が有効な場合があります。


皮膚科ちえこクリニックホームページ
http://www.chieko-clinic.jp/

Facebookページ
http://www.facebook.com/chiekoclinic

Google+ページ
https://plus.google.com/115649997480064236959

ブログ 皮膚科ちえこクリニック院長日記
http://chiekoclinic.blog.ocn.ne.jp/


皮膚科治療のプロ 梶澤知恵子

この記事を書いたプロ

皮膚科ちえこクリニック [ホームページ]

皮膚科医 梶澤知恵子

富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL:0766-64-0707

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

当院ではただいま受付スタッフ・看護師を募集しています。詳しくはホームページの求人ページをご覧の上、お問い合わせください。求人情報はこちら

 
このプロの紹介記事
皮膚科治療のプロ、梶澤知恵子(かじさわちえこ)さん

何でも気軽に相談。地元に根ざした「まちの皮膚科のお医者さん」(1/3)

 高岡から金沢に向かう国道8号線、福岡町周辺。コンビニやスタンド、カーディーラーなどが点々と建ち並ぶその沿線に皮膚科ちえこクリニックがあります。院長の梶澤知恵子さんは、富山医科薬科大学(現:富山大学)医学部を卒業。県内外の大病院や個人病院な...

梶澤知恵子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

皮膚疾患から美容皮膚科まで女性の皮膚の悩みに幅広く対応

医院名 : 皮膚科ちえこクリニック
住所 : 富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL : 0766-64-0707

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ソバカス、顔のくすみ、毛穴が気になる方へ
イメージ

 レーザーフェイシャルとは レーザーフェイシャルはロングパルスアレキサンドライトレーザーを顔全体にソフ...

[ しみ ]

まき爪クリップ
イメージ

巻き爪の治療、ワイヤ矯正では数ヶ月以上にわたり、入れ替えながらワイヤをかけて治療します。サンダルを...

[ まき爪 ]

水虫薬の塗り方

水虫薬の塗り方の動画を作成しました。詳しくはこちらをご覧下さいhttp://www.chieko-clinic.jp/archives/...

[ 水虫 ]

ひふのがん
イメージ

がんというと結構急に進行してしまうですとか、いろんな臓器に転移して生命に重大な危機を及ぼすというイ...

[ ひふの疾患 ]

赤ら顔・ニキビあとの赤みの治療
イメージ

当院ではソバカスやくすみをカサブタがはることなく治療できる光治療器アイコンによる治療をおこなっており...

[ 美容皮膚科 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ