コラム

2012-12-01

やけどについて

やけどをしたら、水道水でよいのですぐに(服の上からやけどした場合は服の上から)
15~30分ほど冷やします。冷やすことによってやけどの進行を抑えたり、
痛みをやわらげることができます。広範囲の場合は低体温にならないように
冷やしすぎに注意が必要です。

やけど部分に薬以外のものを塗るとかぶれや細菌の感染を起こすことがありますので、
患部に油や薬などを塗らずにすぐに受診してください。 ティッシュをはると患部に
はり付いて処置が困難になる場合がありますのではらないでください。

やけどが広範囲の場合はやけどした部分の炎症で血管内の水分が移動して減少し
循環障害から血圧低下を来す場合があります。全身管理が必要になりますので
この場合は入院施設のある病院への受診が必要です。やけどの部位や深さにより
多少異なりますが、大人では中等度熱傷とよばれる2度のやけどが体表面積の15%以上を
越える状態になると入院適応となります。(小児では5%以上の受傷面積)

やけどは皮膚が傷害された深さによって1度~3度にまでわけられています。
1度のやけど(表皮熱傷といいます)は皮膚の表面に傷害がとどまっているもので
表面が赤くなっていますが水ぶくれはありません。適切な処置をすると翌日には赤みは
ひいています。通常あとは残りません。

2度のやけどは表皮の下の真皮に達するやけどで真皮浅層熱傷と真皮深層熱傷の2つに
わけられています。
2度真皮浅層熱傷は患部に赤みとともに水ぶくれや水ぶくれがやぶれて
びらん(かわがむけて浅いきずになっていること)がみられます。
治療により2週間程度で皮膚がはり、なおります。治った部分にしばらく赤みが出たり、
炎症後しみができることがありますが通常ケロイドをつくることはありません。

2度真皮深層熱傷はやけどして赤みを帯びている患部の一部が白くみえ、その部分の
痛みが鈍いかなくなっています。深い傷(潰瘍)をつくっていき治るまで時間が
かかり、後にケロイドを生ずる可能性がありますので部位や大きさによっては早めの
植皮手術が必要になる場合があります。

3度はやけどが皮下組織にまで達して、患部がのっぺりとした白色になっているか、
黒くなっていて重症なやけどです。
痛みの感覚は消失しています。壊死部分の除去や植皮が必要になります。

やけどは初期のうち(初日~48時間後ぐらい)まで炎症をとる処置、
その後は創の状態に応じた治療が必要となります。
注意すべき事はやけどしてすぐは赤いだけで水ぶくれができてなくても、
次の日にできてくるなど後になって状態がひどくなる場合があり得ると言うこと、
つまりはやけど直後は深さの判断ができない場合が往々にしてあるということです。

自己判断での加療はさけ、受診は医師の指示通りにおこないましょう。

また低温やけども初めは水ぶくれだけのようにみえても深いやけどになっていることが多いです。
軽いと思われて、しばらく自己処置して感染を起こしてから受診される方もしばしばあります。
早めに受診し適切な処置を受けるようにするのがこじらせないコツです。


お問い合わせ・予約はこちら

高岡市 皮膚科・美容皮膚科 皮膚科ちえこクリニック

皮膚科ちえこクリニック美容皮膚科専門サイト
http://chieko-biyou.com/

Facebookページ
http://www.facebook.com/chiekoclinic

Google+ページ
https://plus.google.com/115649997480064236959

ブログ 皮膚科ちえこクリニック院長日記
http://chiekoclinic.blog.ocn.ne.jp/

皮膚科治療のプロ 梶澤知恵子 紹介記事はこちら
http://mbp-toyama.com/chiekocl/

ケーブルテレビでしみの予防と対策についてお話ししました
http://webun.jp/movie/life/2824

この記事を書いたプロ

皮膚科ちえこクリニック [ホームページ]

皮膚科医 梶澤知恵子

富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL:0766-64-0707

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

オンライン通院を開始しました。スマホやパソコンのビデオ通話機能を利用して、自宅や職場にいながら診察を受けることができるものです。再診で病状が安定して...

 
このプロの紹介記事
皮膚科治療のプロ、梶澤知恵子(かじさわちえこ)さん

何でも気軽に相談。地元に根ざした「まちの皮膚科のお医者さん」(1/3)

 高岡から金沢に向かう国道8号線、福岡町周辺。コンビニやスタンド、カーディーラーなどが点々と建ち並ぶその沿線に皮膚科ちえこクリニックがあります。院長の梶澤知恵子さんは、富山医科薬科大学(現:富山大学)医学部を卒業。県内外の大病院や個人病院な...

梶澤知恵子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

皮膚疾患から美容皮膚科まで女性の皮膚の悩みに幅広く対応

医院名 : 皮膚科ちえこクリニック
住所 : 富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL : 0766-64-0707

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の光治療器アイコンを導入しました
イメージ

光治療器はしみや血管病変に効果のある広い波長を出せる機械です。スポットであてていくレーザーよりソフトな治...

[ 美容皮膚科 ]

老人性しみのレーザー治療
イメージ

 老人性色素斑とは しみのご相談でもっとも多いのが頬にある丸い茶色いしみである老人性色素斑です。...

[ しみ ]

光によるニキビ治療
イメージ

クリアタッチSによるニキビ治療をしています。 クリアタッチSとは クリアタッチSとはフラッシュランプ装...

[ にきび ]

赤ちゃんの頬の湿疹がなかなか治らない時
イメージ

赤ちゃんの頬や口周りの湿疹が繰り返してなかなか治らないというご相談が多いです。いくつかの原因が考えられま...

[ ひふの疾患 ]

茶色いあざ~扁平母斑
イメージ

 扁平母斑とは 扁平母斑は境界線がはっきりした盛り上がりのない茶色のあざです。生下時に生ずる場合と小...

[ あざ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ