コラム

2014-01-13

頭皮の脂漏性皮膚炎

頭皮が赤くなったりかゆくなり、フケがでるなどの症状がでる脂漏性皮膚炎。
なかなか治らないなあとお悩みの方もおおいと思います。
治りが悪いときのチェック項目をあげてみました。

○お薬は上手に塗れていますか?
ローション剤の使用量の目安は1円玉大の量で手のひら2枚分の面積に塗るのが目安です。
整髪料のように髪の毛につけるのではなく、髪の毛をわけて地肌に薬を塗るようにしてください。
頭に塗る場合は患部が自分では見えないので、
誰か家の方につけてもらうと楽だし効率的ではないかと思います。
自分で塗る場合は薬を持っていない方の手で
髪の毛をわけて根元から倒すようにして塗りましょう。
少しずつ頭皮に落としてそっと指でのばすようにし、なじませます。

○髪を洗った後すぐにフケがでたりかゆみがひどくないですか?
シャンプー・リンスなどでかぶれをおこし皮膚の炎症を悪化させている場合があります。
ずっと同じものを使っていてもかぶれはおこります。低刺激性のものに変更してみましょう。
薬用を使用する必要は特にありません、自分に合う刺激の少ないものをみつけましょう。

○頭皮を洗うときにこすっていないですか?
頭皮は刺激のない洗髪料で洗い、清潔にするようにしましょう。
洗いすぎはかえって皮脂の分泌が増える場合がありますので頻回に
洗いすぎないようにします。
ふけを落とそうとして一生懸命こすると刺激でよけいに炎症をおこして
しまいます。ふけは皮膚の炎症が治まるとでなくなります。
お薬をきちんと塗るようにしてください。

○ドライヤーで髪を乾かしていますか?
髪が湿ったままだと頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、湿疹をおこす原因になります。
きちんと乾かすようにしましょう。

○整髪料や育毛剤をつけたり、毛染めをしていませんか?
シャンプー・リンスなどと同じくかぶれを起こしたり、
皮膚を刺激し炎症を起こす原因になっていることがあります。
中止したり、使用を休む、あるいは他の成分のものに変更するとよい場合があります。

○偏った食事をしていませんか?
油っこい食事やアルコールを過剰にとらないようにして、バランスよく
食べるようにしましょう。
ナッツや糖分、コーヒー、香辛料の取りすぎも皮脂分泌を悪化させる場合があります。

○ストレスが多かったり睡眠不足になっていないですか?
睡眠不足やストレスが多いと皮脂分泌をコントロールしているホルモンバランスが
みだれるもとになり悪化原因になります。またイライラして
頭皮などの患部をさわったり、気にしてかきむしる頻度が多くなり、
皮膚に炎症をおこしてなおりにくくなります。気分転換をするなどして
ストレスをうまく発散し、休養を充分に取るようにしましょう。

脂漏性皮膚炎は症状を繰り返して経過が長くなることが多い疾患です。
正しくお薬を使用するとともに生活習慣にも注意して
根気よく治療していきましょう。

☆美容皮膚科ブログを開設しました
こちらをクリック→ http://ameblo.jp/chiekocl/

皮膚科ちえこクリニックホームページ
http://www.chieko-clinic.jp/

皮膚科ちえこクリニック女性皮膚科サイト
http://www.chieko.dr-clinic.jp/

Facebookページ
http://www.facebook.com/chiekoclinic

Google+ページ
https://plus.google.com/+Chieko-clinicJp/

ブログ 皮膚科ちえこクリニック院長日記
http://chiekoclinic.blog.ocn.ne.jp/


皮膚科治療のプロ 梶澤知恵子 紹介記事はこちら
http://mbp-toyama.com/chiekocl/

ケーブルテレビでしみの予防と対策についてお話ししました
http://webun.jp/movie/life/2824

この記事を書いたプロ

皮膚科ちえこクリニック [ホームページ]

皮膚科医 梶澤知恵子

富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL:0766-64-0707

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

オンライン通院を開始しました。スマホやパソコンのビデオ通話機能を利用して、自宅や職場にいながら診察を受けることができるものです。再診で病状が安定して...

 
このプロの紹介記事
皮膚科治療のプロ、梶澤知恵子(かじさわちえこ)さん

何でも気軽に相談。地元に根ざした「まちの皮膚科のお医者さん」(1/3)

 高岡から金沢に向かう国道8号線、福岡町周辺。コンビニやスタンド、カーディーラーなどが点々と建ち並ぶその沿線に皮膚科ちえこクリニックがあります。院長の梶澤知恵子さんは、富山医科薬科大学(現:富山大学)医学部を卒業。県内外の大病院や個人病院な...

梶澤知恵子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

皮膚疾患から美容皮膚科まで女性の皮膚の悩みに幅広く対応

医院名 : 皮膚科ちえこクリニック
住所 : 富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL : 0766-64-0707

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の光治療器アイコンを導入しました
イメージ

光治療器はしみや血管病変に効果のある広い波長を出せる機械です。スポットであてていくレーザーよりソフトな治...

[ 美容皮膚科 ]

老人性しみのレーザー治療
イメージ

 老人性色素斑とは しみのご相談でもっとも多いのが頬にある丸い茶色いしみである老人性色素斑です。...

[ しみ ]

光によるニキビ治療
イメージ

クリアタッチSによるニキビ治療をしています。 クリアタッチSとは クリアタッチSとはフラッシュランプ装...

[ にきび ]

赤ちゃんの頬の湿疹がなかなか治らない時
イメージ

赤ちゃんの頬や口周りの湿疹が繰り返してなかなか治らないというご相談が多いです。いくつかの原因が考えられま...

[ ひふの疾患 ]

茶色いあざ~扁平母斑
イメージ

 扁平母斑とは 扁平母斑は境界線がはっきりした盛り上がりのない茶色のあざです。生下時に生ずる場合と小...

[ あざ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ