コラム

2011-06-08

そろそろまたシーズンがやってきました

6月に入り少しずつ日中は暑い日が続くようになってきましたね。

そしてそろそろ足白癬(水虫)で受診される方が増えてきています。

1年ぶりとか久しぶりの方も多く「また出てきたよ~。」と言われることもしばしば、

なかなか治療が続かない方もたくさんいらっしゃるようですが、

今年こそがんばって治療を続けましょう。

足白癬では抗真菌剤のぬり薬を毎日きちんと塗り、症状がなくなったと思っても

すぐに塗るのを中止せず、ひふの表面がきれいになってから3ヶ月程度塗り続ける必要があります。

またひふがむけたり、みずぶくれなどの症状がある部分のみにぬり薬を塗るのではなく

広範囲に塗っておく必要があります。

白癬菌は症状のない部分にも在る場合がありますので、足指の間から爪まわり、指の背面、足の裏、

足の側面、かかとまでまんべんなく塗りましょう。

ぬり薬は入浴時足を石けんでよく洗い、タオルで拭いて乾かしたあとうすくのばして塗ります。

塗った後ははだしでかまいません。

また塗った後、石けんで手を洗えば手にはうつりません。

【治療中の注意点】

お薬でかぶれ(かゆみ、赤み、みずぶくれ)が 起こる場合があります。

かぶれと思われずに水虫が悪くなったと思って一生懸命薬を塗り、さらに状態が

悪化してしまう方もおられますので

このような症状がでたらぬるのをやめ早めに受診するようにしてください。

この記事を書いたプロ

皮膚科ちえこクリニック [ホームページ]

皮膚科医 梶澤知恵子

富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL:0766-64-0707

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

オンライン通院を開始しました。スマホやパソコンのビデオ通話機能を利用して、自宅や職場にいながら診察を受けることができるものです。再診で病状が安定して...

 
このプロの紹介記事
皮膚科治療のプロ、梶澤知恵子(かじさわちえこ)さん

何でも気軽に相談。地元に根ざした「まちの皮膚科のお医者さん」(1/3)

 高岡から金沢に向かう国道8号線、福岡町周辺。コンビニやスタンド、カーディーラーなどが点々と建ち並ぶその沿線に皮膚科ちえこクリニックがあります。院長の梶澤知恵子さんは、富山医科薬科大学(現:富山大学)医学部を卒業。県内外の大病院や個人病院な...

梶澤知恵子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

皮膚疾患から美容皮膚科まで女性の皮膚の悩みに幅広く対応

医院名 : 皮膚科ちえこクリニック
住所 : 富山県高岡市福岡町福岡新147 [地図]
TEL : 0766-64-0707

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-64-0707

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

梶澤知恵子(かじさわちえこ)

皮膚科ちえこクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の光治療器アイコンを導入しました
イメージ

光治療器はしみや血管病変に効果のある広い波長を出せる機械です。スポットであてていくレーザーよりソフトな治...

[ 美容皮膚科 ]

老人性しみのレーザー治療
イメージ

 老人性色素斑とは しみのご相談でもっとも多いのが頬にある丸い茶色いしみである老人性色素斑です。...

[ しみ ]

光によるニキビ治療
イメージ

クリアタッチSによるニキビ治療をしています。 クリアタッチSとは クリアタッチSとはフラッシュランプ装...

[ にきび ]

赤ちゃんの頬の湿疹がなかなか治らない時
イメージ

赤ちゃんの頬や口周りの湿疹が繰り返してなかなか治らないというご相談が多いです。いくつかの原因が考えられま...

[ ひふの疾患 ]

茶色いあざ~扁平母斑
イメージ

 扁平母斑とは 扁平母斑は境界線がはっきりした盛り上がりのない茶色のあざです。生下時に生ずる場合と小...

[ あざ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ