コラム

2012-01-01

原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円? 企業コンプライアンスの観点から。

 400万円の寄付を受けた斑目原子力安全委員長は「便宜は、はかっていない」と言ったとか。

 便宜をはかっていたら犯罪(収賄罪)になってしまいますがな。

 それはさておき、400万円ももらっていながら、「便宜をはかっていない」と断言できる金銭感覚もすごいです。

 でも、これって、ある元オリンピック選手が合宿で引率した教え子と自室で2人になったことは認めながら、「同意の上だった」と弁解したのと同じ感覚のように思えます。
 教官が教え子とそのような関係になったこと自体がアウトであって、同意なんて意味がないことが分からない。周りの真面目な人にはすぐに分かるのに。

 原発の安全規制の一環を担う安全委員会の長が、規制対象の原子力事業者から400万円の寄付を受け取る・・・が問題であることが東大の先生には分からないんでしょうねえ、きっと。

 東大、政府とは違って、民間企業では、最近ではコンプライアンス違反が企業の存続にとって致命的になる(日本では、まだ、「こともある」)現状認識を持つ必要があると思います。

 コンプライアンスの問題は、あらゆる観点から、特に、社会正義・基本的人権の立場から、真面目な人の視点に立って、本当にこれでよいのだろうかと、真剣に考える必要があります。

 キチンとしておかないと、大王製紙とその関連会社や、オリンパスの役員のように、いずれ株主、債権者から責任を問われますので、ご注意を。

この記事を書いたプロ

富山中央法律事務所 [ホームページ]

弁護士 青島明生

富山県富山市堀端町1-12 [地図]
TEL:076-423-2466

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
法律相談のプロ、青島明生(あおしまあけお)さん

市民に寄り添いトラブル解決をサポートする弁護士(1/3)

 青島明生さんは富山中央法律事務所(富山市堀端町)のベテラン弁護士です。市民の権利を守る側に立ち、社会問題に関わる数々の民事訴訟を担当してきました。同時に、暮らしの中でのトラブル解決をサポートしてくれる身近な法律家でもあります。 「基本的...

青島明生プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 富山中央法律事務所
住所 : 富山県富山市堀端町1-12 [地図]
TEL : 076-423-2466

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-423-2466

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青島明生(あおしまあけお)

富山中央法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「解雇」・「退職勧奨」の法律相談

 景気の動向に関わらず人件費節約と称して正規社員切りが横行しているような昨今。 同僚の春山然浩弁護士から...

[ 同僚紹介 ]

「B型肝炎の法律相談」 (後編)
イメージ

 引き続き、同僚の西山貞義弁護士から、 B型肝炎訴訟のお話しをしてもらいます。 B型肝炎ウィルスは、...

[ 同僚紹介 ]

「B型肝炎の法律相談」 前編
イメージ

 今回は、同僚の西山貞義弁護士から、 B型肝炎訴訟のお話しをしてもらいます。 当事務所の弁護士の多く...

[ 同僚紹介 ]

難航する取り調べの可視化実現

 現在富山県弁護士会副会長として活躍する水谷敏彦弁護士に取り調べの可視化問題について分かり易い解説をしても...

[ 同僚紹介 ]

軽微な刑事事件で弁護士を頼む意味は?

 当事務所の2人目の検事経験のある弁護士、中村万喜夫さんに、いわゆる軽微な事件と言われる刑事事件で弁護士を...

[ 同僚紹介 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ