コラム

 公開日: 2015-12-30  最終更新日: 2016-01-28

役に立ちたい!

「再チャレンジャーの本音」
いよいよ発表の日が来ました。

「精神障がい」と言っても多種多様あります。
多いのは複数を併発している事です。

例えば、発達障がいに気づきながら、親が世間体を気にしたり、受け入れる事が出来なかったりしたまま、「変なん子」と言われてイジメに合っているうちに、「「うつ病」になったり「引きこもり」になったり。
本人が受け入れられないこともあります。
社会に出てからも、又、イジメにあい、ますます自己肯定感が低下していき負のスパイラルになっていく事が多いのです。

「どうせ」自分なんか・・・・・と、自責
「だって」自分が悪いんじゃない・・・・と、他罰

低い自己肯定感を高めるには、周りが彼らの存在意義を「認める」というサポートが必要になってきます。
数十年かけて積み重ねた、低い自己評価は、本人だけで這い上がるのは難しいのです。

僕は・私は、社会で必要とされ、役に立つ存在なんだ。と、心から思えるには、彼らにボランティアや報酬が発生する「雇用」の場を提供していく事が薬より効果があるでしょう。
しかし、心に塊となった大きな氷を解かすには時間がかかります。
信頼関係をつくる事から始めるのですから・・・・・・。

その理解を求めて企画したイベントでした。

イベントの日は33名の参加がありました。
「当事者」が半分弱。
「行政・支援者」
「企業」

3時間半を使い、三位一体の討議を終えました。
私にとって初めての試みです。
当事者が攻撃的になりすぎて、二回目が継続出来ないことにならないように、それだけを配慮し、後は自由討論です。


「働く」事で得る事は、人それぞれかもしれませんが、共通は「自分は人から求められている・役に立っている」という実感できることではないでしょうか。

胎児から死ぬまで、いや、亡くなってもその人の思い出が誰かの心にあります。
人は自他共に、「認め」あいながら人生を過ごすものだと思っています。

イベントの様子は翌日の北日本新聞に掲載されました。
泣きながらの発表者もいました。身体を震わせての発表者。自分の発言で誰かに迷惑がかかるのではないかと不安を持っての発表者 などなど。

アンケートには彼らの勇気を讃え、当事者の声を聞いたのは初めてだったというコメントもありました。
そして、100%の人が、このような場の継続が必要と答えていただきました。

このようなイベントは、精神障がい者だけに充てはまるものではありません。
・高齢者の本音 ・女性の本音 ・男性の本音 ・子供の本音 etc・・・
様々な人や角度に視点をあて "共に「しあわせ」に働く" 

今後も一緒に考えて行きたいと思っています。

※付け加えておけば、終了後の発表者の顔は「イキイキ」していました。


共にしあわせに働くために

この記事を書いたプロ

NPO法人「ここらいふ」 [ホームページ]

キャリアコンサルタント 松本純子

富山県富山市千代田町4-54 [地図]
TEL:076-441-6678

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
松本純子 まつもとじゅんこ

誰もがイキイキとした人生を!(1/3)

 松本純子さんは、生き方と働き方を共に考えるライフナビカウンセラー。自己理解から問題を解決し、夢、目標を持つまでをナビゲートします。多様な職業人が鎧兜を脱ぐ歓楽街・桜木町の“飲み屋のママ”として長年働き、職を失うことで生じる自己否定感と生活...

松本純子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

人の不安や葛藤に寄り添うキャリアカウンセリング

事務所名 : NPO法人「ここらいふ」
住所 : 富山県富山市千代田町4-54 [地図]
TEL : 076-441-6678

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-441-6678

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本純子(まつもとじゅんこ)

NPO法人「ここらいふ」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
人間関係のメンテナンス
イメージ

青空も続き、本当に冬なのかと思う日々が続きましたね。しかし、私に個別に相談される方も、「ハッピーサロン...

[ 「うつ病」は身近な問題 ]

「自殺対策」をFacebookで内閣府が全国啓発リレー!!
イメージ

 私が代表を務める「NPO法人ここらいふ」は、富山県の自殺予防団体として登録されています。私が持つ携帯に、助...

[ 「うつ病」は身近な問題 ]

過去と他人は変わらない
イメージ

 私たちの「怒り」は、家族や他人を「操作・支配」したいときに湧き上がることが多いのではと思います。自分の...

[ コミュニケーションとメンタルヘルス ]

「生き方」と「働き方」
イメージ

 【ここらいふ】が運営する「ハッピーサロン」には、心に悩みを持った方が来訪されます。最近は30代の男性が多...

[ 障がい者雇用を考える ]

ホウレンソウ

  新入社員研修や先輩・上司から何度もいわれる言葉が 「ホウレンソウ」  「報告・連絡・相談」この...

[ コミュニケーションとメンタルヘルス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ