コラム一覧

1件~15件(37件)

過去の15件

建てる家は、何坪必要か?

イメージ

「新居には一体、何坪が必要なのか」この質問には、ご家族の構成や年齢、ライフスタイルなどで大きく変化するので、「何人家族だと何坪必要」とは、簡単には言えません。参考→総務省統計局(http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2008/nihon/2_4.htm)ただ、狭さを感じないようにする目安な... 続きを読む

2013-05-27

住宅ローンは借金?

イメージ

ネットを見わたすと、変動金利型のローンは1.0%前後という低金利時代です。そして自民税調方針では、住宅ローン減税が三年延長する方針だと報道されました。これは借入残高の1~1.2%がローン控除で、所得税と住民税を減らしてもらえるといった超お得な減税制度です。 これを数字に例えると... 続きを読む

2012-12-24

「まんまる」掲載

イメージ

「まさか自分の家が掲載されるなんて」というのが、取材依頼をしたときのお客様の第一声でした。そんな「まんまる」内の[帰りたくなる家]の記事は、数年前からご主人大のお気に入り。今回はこんな素敵な家が出ていた、こんなかっこいいリビングに自分も住みたい、と憧れながらも毎月楽しみに... 続きを読む

2012-12-13

ルンバとの暮らし

イメージ

先日お引き渡しさせて頂いたあるお宅。部屋の片隅に目をやると、なんとあのお掃除ロボ「ルンバ」が!「いやあ~衝動買いしちゃって・・・」とご主人。住まいを設計させて頂いた立場としては、ルンバと建物の相性には非常に興味があったので、いろいろ聞いてしまいました。「玄関から落ちた... 続きを読む

2012-11-19

日本人と風情(ふぜい)と。

イメージ

季節に応じて、家のまわりにはいろんなものが見られます。お客様のお宅でも、グリーンカーテンや簾(すだれ)で涼をとっているのを見ると、季節感や風情を感じます。省エネを考えて取り組むのではなく、古来から日本にある"風情(ふぜい)を楽しむ"と考えれば、風鈴に打ち水、行水に昼寝... 続きを読む

2012-07-09

子供も喜ぶ収納法

イメージ

先日引渡ししたお客様のところへお伺いしたら、こんなカワイイ姿を激写できました!「新聞とか雑誌をサッと片付けられたら・・・・・・・・・・。」そんな施主様の想いから、このラックが完成しました。身近に置いておきたい新聞や子供の絵本など、毎回本棚にしまうはずもない。「それなら... 続きを読む

2012-04-25

可変装置としての廊下

イメージ

”廊下はなるべく少ない方がいい”とよく聞きます。確かに、建物は限られた面積と予算の中で設計するので、移動空間としての廊下が多いと、他の室の分が狭くなるからです。でも、建物内を移動するには、廊下を完全に消し去ることは難しいものです。だったら廊下部分を利用し、必要に応じて部屋... 続きを読む

2012-04-18

無双窓

イメージ

従来では和風建築の台所や雨戸の一部に、換気のために用いられてきたようですが、最近では、和風テイストを醸し出すために使用されることも増えているようです。この窓の採用は、設計打合せ時に生まれたアイディアで、ここの事例では2F子供室に設置することにしました。目的は、どの部屋にい... 続きを読む

2012-04-11

グリーンカーテンの準備時期です。

イメージ

4月から5月は、お日様の光を遮り、夏のエアコン電気料を節約することできる「グリーンカーテン」の準備をする時期です。節電意識が高まっている中、今年こそ始めてみてはどうですか? アサガオのカーテンは、朝には日本の「夏」らしい風情を醸してくれます。でも、昼間になると花が萎れてしま... 続きを読む

2012-04-04

間取りのヒケツ「ダイニング編」

イメージ

昨日はこんなことがあった、今度の休みはどこへ行こう。こんな話題を食卓で楽しみながら、家族と共に過ごすダイニング。日頃ばらばらで頑張っている家族同士が、互いのコミュニケーション向上を図る為にも、この部屋の役割はとても重要です。家族同士が険悪な雰囲気だと損するばかりですが、お... 続きを読む

2012-03-20

ワクノウチについて

イメージ

富山県の伝統的民家に多用され、ケヤキの間(ま)に代表される伝統工法「ワクノウチ工法」。四方に立つ太い柱と、それを繋ぐ「ヒラモノ」と呼ばれる指し鴨居と梁、さらには「貫(ヌキ)」が何本も横に通された伝統的木組みによって構成されています。大きく吹き抜けた空間は、どことなく建物自体... 続きを読む

2012-03-05

通し柱のデザイン

イメージ

リフォーム設計では、どうしても動かせない柱などの制約があり、デザインや間取りの計画に強い制約が発生します。耐震強度などは確保しつつも、壁位置を変更することは容易なのですが、一階と二階を貫通する「通し柱」は、まず動かせない部類。ここを如何に違和感なく納めるかが、設計者の腕の... 続きを読む

2012-02-28

ライトウェル

イメージ

大屋根造りで正方形に近く大きなお宅とか、町屋など敷地条件の厳しいお宅など、どう設計しても建物中心部まで太陽光が届きにくく、暗くなってしまうといった場合があります。そんな採光条件の悪い建物内部へ、トップライトや吹き抜け、あるいは中庭を利用し、井戸の底へ落ちる光の如く直接採光を... 続きを読む

2012-02-18

家の建て時って?

イメージ

景気が悪いから消費を控え、そしてローンが払えるか心配だからと「家」を買い控える人が多いと聞きます。気持ちは分かりますが、果たして正しいのかどうか。家の購入に関して言える事は、不景気だからといって悪いことばかりではありません。バブルの時に金利4.5%で35年3000万円のローンを組... 続きを読む

2012-02-10

「住まい」と「住宅」と。

イメージ

自然と共存した軽やかな住まいと、外界の光や空気さえも遮断した住宅。土地と気候に密接に関わった手作りの住まいと、いわゆる既製品のみで住人の個性や地域性をムリヤリ吸収し構成した住宅。世の中で新築される住宅の大半を占めているのが、多くのハウスメーカーが提案する後者の「住宅」で... 続きを読む

2012-02-03

1件~15件(37件)

過去の15件

RSS
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
高付加価値住宅を提案する建築設計のプロ、野嶋亨(のじまとおる)さん

ライフスタイルの向上も含めた高付加価値住宅を提案します(1/3)

 黒部市、国道8号線沿線に事務所とショールームを構えるフォルムゼノマは、注文住宅をメインとした建築設計事務所です。代表取締役の野嶋亨さんは元々、入善町内にある製材所の設計士として勤務。2006年、同社の黒部営業所としてこの事務所を立ち上げ、...

野嶋亨プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

高性能・高付加価値の自然素材住宅を、安心の価格帯で提供

会社名 : フォルム ゼノマ株式会社
住所 : 富山県黒部市荻生5253-2 [地図]
TEL : 0765-56-7531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0765-56-7531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野嶋亨(のじまとおる)

フォルム ゼノマ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
理想の家作りについて
イメージ

決して安い買い物ではない「家」。いざ新築を考えるとなるとある意味、一世一代の大仕事になります。だからこそ失...

適切な判断を。
イメージ

世界的な視点から見た日本人の特徴として、「判断力が乏しく、他者への依存心が強い」と言われているようです。確...

ビンテージという価値観
イメージ

家の資産価値というのは、欧米と日本は正反対。欧米では買った時が一番安く、徐々に価値が上がって将来の資産に...

軒の出の話
イメージ

雨の多い日本の風土の中で、雨などから建物を守る為の重要な役割を担う軒。では軒の「出」について、重要な意味が...

「まんまる」掲載
イメージ

「まさか自分の家が掲載されるなんて」というのが、取材依頼をしたときのお客様の第一声でした。そんな「まんま...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ