コラム

2011-11-02

理想の家作りについて

決して安い買い物ではない「家」。いざ新築を考えるとなるとある意味、一世一代の大仕事になります。だからこそ失敗や後悔をしたくない。誰だってそう考えます。

だからと言って建築家に頼めば突拍子のないデザインになってしまったり、大工さんは近代設備やインテリア、収納についての相談にのってもくれません。

じゃあ自分で探すとしても、書店に山積みで並ぶ専門雑誌や、週末になると束になって入る新聞広告。



うっかり住宅展示場に行くと、うっかりついでに住所を書いたばかりに、
呼んでもない営業マンがしつこいこと、しつこいこと・・・。

このへんでうんざりしてきます。

世間は情報が多過ぎて何が正しいのか?

果たしてそれが自分たちに合っているものなのか?

などなど、自分ではなかなか判定のしようもないのも現実ではないでしょうか。

風邪をひいたら迷わず医者にかかるように、住まいの相談も専門家に聞くべきです。この人だったら、と思える本当の技術と知識を持った、信頼できる専門家やパートナーを見つけるのがベスト!

・・・悩み、現在困っていること、どうしたい、こうしたい(要望をしっかりと聞いてくれて)

・・・要望を可能な限り汲み取り、話を聞いてくれて(対処の方法を考えてくれて)

・・・押し付けることなく、持てる知識を最大限活用して、それらを実現する努力を惜しまない、

それこそ「パンツの置き場」の話まできいてもらえるような、赤ひげ先生みたいな専門家やパートナーです。

マニュアルにのっとったメーカーの 「家という商品を売る、営業マン」 では、こうはいかないかもしれません。あなたの理想の家は、メーカーのマニュアルには載っていないのですから。

探すのは大変かもしれませんが、コツはできるだけ多くの人と話して、話して、話し倒す事。人間ってだんだんと目が肥えてくる生き物ですから、やがて人選びの判断が出来るようになってきます。

一生に一度の家作りは、人探しから。人より努力した人は、必ず他の人よりも良い建物を実現出来ます。さっそく、試してみてください。


◆知りたいことがいっぱい詰まったフォルムゼノマのHPはコチラ◆

http://www.form-zenoma.jp/

この記事を書いたプロ

フォルム ゼノマ株式会社 [ホームページ]

一級建築士 野嶋亨

富山県黒部市荻生5253-2 [地図]
TEL:0765-56-7531

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
高付加価値住宅を提案する建築設計のプロ、野嶋亨(のじまとおる)さん

ライフスタイルの向上も含めた高付加価値住宅を提案します(1/3)

 黒部市、国道8号線沿線に事務所とショールームを構えるフォルムゼノマは、注文住宅をメインとした建築設計事務所です。代表取締役の野嶋亨さんは元々、入善町内にある製材所の設計士として勤務。2006年、同社の黒部営業所としてこの事務所を立ち上げ、...

野嶋亨プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

高性能・高付加価値の自然素材住宅を、安心の価格帯で提供

会社名 : フォルム ゼノマ株式会社
住所 : 富山県黒部市荻生5253-2 [地図]
TEL : 0765-56-7531

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0765-56-7531

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野嶋亨(のじまとおる)

フォルム ゼノマ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
適切な判断を。
イメージ

世界的な視点から見た日本人の特徴として、「判断力が乏しく、他者への依存心が強い」と言われているようです。確...

ビンテージという価値観
イメージ

家の資産価値というのは、欧米と日本は正反対。欧米では買った時が一番安く、徐々に価値が上がって将来の資産に...

軒の出の話
イメージ

雨の多い日本の風土の中で、雨などから建物を守る為の重要な役割を担う軒。では軒の「出」について、重要な意味が...

「まんまる」掲載
イメージ

「まさか自分の家が掲載されるなんて」というのが、取材依頼をしたときのお客様の第一声でした。そんな「まんま...

建てる家は、何坪必要か?
イメージ

「新居には一体、何坪が必要なのか」この質問には、ご家族の構成や年齢、ライフスタイルなどで大きく変化する...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ