>   >   >   >  高須佳美

プロTOP:高須佳美プロのご紹介

セルフイメージアップから、まちの景観デザインまで。色と香りで「心地いい」を提案。(3/3)

「くゆら織」では、自由な素材を想いのままに織りこんでいる

見えない部分こそが、人生を輝かせる。「くゆら織」が教えてくれた、生きるということ。

 そんな高須さんがライフワークとしている表現活動が「くゆら織」。「『くゆる』は、香りが心地よい調和感を生み出すという意味。そんな調和を織物で表現したいと思ったんです。織りこむのは、桜の枝やガラス、金属、ビニール、植物糸、新聞紙、赤ちゃんの頃の着物、江戸時代の古布、オートクチュールのドレス糸と、とにかく自由。四季の移ろいや私自身の心の移ろい、それを想いのままに織りこんでいます」。繊細で大胆、時には胸を締めつけられるような儚さも感じる織。既成概念にとらわれない作風は人を引き付け、海外でも受賞を重ねています。
 
 魅力のひとつは、普通は見せない経糸を敢えて見せていること。「織物は経糸と緯糸の交差で成り立ちますが、表に色として見えるのは緯糸の存在だけ。私はこの見えない経糸こそ大事にしたい。輝いている人が、実は陰で凄まじい努力や忍耐をしたり、裏で支えてくれる人がいるから自分の幸せがあったり。見える部分と見えない部分が日々織りなされて人生になる。織って、生きることそのものだなと」。カラフルでハーモニックな作品は、ジャンルを超えて毎日を全うする高須さんの生き方に通じます。


 
 最近では、QOL(クオリティオブライフ)活動としてサロンセミナー「くゆら倶楽部」を開催。日本人の美意識や季節感を大切にし、色や香り、食、美容健康、五感の癒し、花、トレンドな体験や製作を通しセンスアップや自身の魅力の再発見をします。高須さんは癒やしのスペシャリスト、作家としてこれからも心地いい空間を創り出します。

(2017年11月 更新)

最近投稿されたコラムを読む
くゆら織
くゆら織作品「翠喜」「天恵に捧ぐ」

2000年から織をライフワークとして楽しんでいます。織の名前は「くゆら織」くゆら織りの「くゆら」とは?煙がくゆる、炎がくゆれる・・・という香りの表現の一つ...

サービス・商品
イメージ

「くゆら」2010新しい年を迎えるにあたりお薦めのアルモニフレグランス。調和感をもって存在するフローラルウッディの優しい香り。ローズ・ジャスミン・白檀・グリー...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

高須佳美プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

カラーと香りに関する講演、セミナー、イベント企画や商品開発。

会社名 : 色と香りの総合企画 オフィスアルモニ
住所 : 富山県富山市新庄北町17-13 [地図]
TEL : 076-451-5772

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-451-5772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高須佳美(たかすよしみ)

色と香りの総合企画 オフィスアルモニ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

■みどりの香り「翠喜」でさわやかに■

今年の夏はとても暑くて 身体も心も調子が悪いです。 高須...

N・T
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
■あなただけのオリジナルの香りを創ってみませんか!■
イメージ

オフィスアルモニではあなただけのオリジナルの香りを創ります。どこにでもある既成品ではなくあなたの嗜...

[ 香りの本棚 ]

■11/11くゆら倶楽部レポート ーアートプリントに初挑戦ー ■
イメージ

秋晴れに恵まれた11月11日くゆら倶楽部ではアートプリントに初挑戦しました。アートプリントは専用の...

[ くゆら倶楽部 ]

■カラーセラピー 〜紅葉で癒される〜 ■
イメージ

朝晩のヒンヤリした空気が心地良く感じる季節。自然界の贈り物の紅葉を五感で楽しみましょう!自然界の神秘...

[ 色の本棚 ]

■講演で体感する緑の香りTSURUGI Greenでリラックス■
イメージ

10月27日富山市富山市民病院主催の教養講座講演会「美容と健康に活かす香り」というテーマで講演。富山市民病院...

[ 講演、セミナー ]

■10/27講演レポート 美容と健康に活かす香り■
イメージ

講演レポート10月27日、富山市富山市民病院主催の教養講座講演会で「美容と健康に活かす香り」というテーマで講...

[ 講演、セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ