コラム

2015-12-01

お腹から温まる「黄土のよもぎ蒸し」

Relaxation space ほの香では
心や体の、そして脳のお疲れに、アロマオイルでの全身トリートメントを提供し
また、セラピストを目指す方のためのアロマスクールも行っておりますが
もう一つの顔も持っております。

それが「黄土漢方よもぎ蒸し」のサロンでもあるのです。

よもぎ蒸しとは…

「韓国では600年以上前から出産後に行われていた療法で、下半身の粘膜からヨモギ漢方薬の湯気を吸収させ、下半身から温める韓国の伝統的・民間療法です。

発汗しながら薬効成分を皮膚や粘膜から効率的に吸収され、骨盤内(子宮・内臓器)を深部から温め、活性させ、自然治癒力高め、冷えやむくみ、肌荒れ、乾燥、婦人科系など様々なトラブルに力を発揮します。

さらに黄土の座器を使用することで、一般のよもぎ蒸しの数十倍の効果があると言われています。」



こんな方にオススメです!

冷え症、肩コリ、慢性便秘、下痢、痔、腰痛、むくみ、生理痛、生理不順、不妊、婦人病、更年期障害、頭痛、不眠症、ダイエット、ニキビ吹き出物、貧血、アレルギー症状緩和、風邪予防、肌荒れ

など、さまざまな疾患の緩和や美容に。続けることで体質改善になります。

美容用、婦人科用、ダイエット用の3種類の漢方があります。




よもぎ蒸しでからだの中から温め、その後トリートメントを行うことで

代謝をアップさせ、体質改善のスピードをあげることが可能です。

よもぎ蒸し導入から4年近く経ちますが
根強いファンの方が多いですよ。

また、黄土よもぎ蒸しの老舗「ASUCA]さんの代理店もしておりますので
導入をお考えのサロンさん、個人で購入をお考えの方も
ご相談に乗りますよ。

この記事を書いたプロ

Relaxation space ほの香 [ホームページ]

アロマセラピスト 磯部愛美

富山県高岡市佐加野東335 [地図]
TEL:090-9449-7494

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
磯部愛美 いそべあゆみ

香りと手技によって、心身の自然治癒力を高めるお手伝い(1/3)

 病院へ行くほどではないけれど、体調がすぐれない。精神的に疲れている。そんな女性を癒しているのが、アロマテラピーのセラピスト、磯部愛美さんです。 磯部さんは、アロマセラピスト、リフレクソロジストの資格取得後、「リバーリトリート雅樂倶」でセ...

磯部愛美プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

一人ひとりを、まるごと癒す

店名 : Relaxation space ほの香
住所 : 富山県高岡市佐加野東335 [地図]
TEL : 090-9449-7494

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9449-7494

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

磯部愛美(いそべあゆみ)

Relaxation space ほの香

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
アロマトリートメントやボディワークが健康に役立ちます
イメージ

アロマトリートメントといえばリラックスできて気持ちのよいもの。というイメージがありますが、ただ気持ちが...

[ ボディワーク ]

アロマセラピーって、癒しって何?
イメージ

こんにちはアロマセラピストの磯部愛美です。近年、アロマが認知症予防にいいとか、更年期障害緩和によい...

[ アロマ ]

アロマハンドセラピー講座を開講しました。
イメージ

昨日は「アロマハンドセラピー講座」を行いました。今まで、マンツーマンでは時々行っていましたが今回か...

[ アロマセラピースクール ]

アロマコーディネーター養成講座・9月スタート生徒さん募集中
イメージ

ただいま、9月スタート アロマコーディネーター養成講座の生徒さん募集中です!内容はコチラ↓http://hon...

[ アロマセラピースクール ]

夏のむくみには
イメージ

日本の夏は湿気が多いため、体外に水分を放出しにくく「むくみ」やすくなりますね。さらに、水分を多く取りす...

[ アロマ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ