コラム

 公開日: 2015-12-11 

人生の節目/やり直す英語

当館には入門者から英検1級合格者まで幅広いレベルの生徒さんがいらっしゃいます。
年齢も小学生から70歳代まで多岐に渡ります。

立場は違っても皆様に共通する思いは「英語に向き合いたい」という真摯な思いです。
今般は「やり直し」にかける御三名のことを記してみたいと思います。

Aさんは48歳の社会人でいらっしゃいます。
48歳といえばあと一回りで還暦を迎える人生のベテランです。
そういう意味では人生の節目と言えるかもしれません。

Aさんは英語を使いこなしたいという熱き思いをずっと抱いてこられました。
しかしながら中々結果が伴いません。
お年もお年ですし諦めるという選択肢もあったのではないかと思います。
しかし、意を決し、一歩を踏み出し、当館へお出でになったのです。

いつも明るいAさんは何事にも一生懸命に取り組む素晴らしいお人柄をお持ちです。
が、肝心の英語力は「思いが空回り」している状態でした。
あれこれ手を出しておられるので、ぽつりぽつりと知識をお持ちです。
しかしそれらが脈絡なく宙を漂っています。
つまり系統立てた英語力になっていません。
虫喰い状態なのです。

思い切って0からのスタートに切り替えました。
建物には土台というものがあります。
いくら立派な外壁を持っていても基礎が虫食いでは倒れてしまいます。

Aさんも喜々として夢中で取り組んでおられます。
基礎が分からずに無理やり行なう英語の辛さを身をもって知っておられるだけに、
一回ごとに、海綿が水を吸収するかのごとく進歩されます。

「凄いじゃないですか! 完璧です。やればできるじゃないですかー」と言う私に彼が答えます。
「初めて分かりました。ようやく僕にも春が来ました」とお顔をクシャクシャにして喜ばれます。

続けて私が言った言葉です。
「国で待っているおっかさんに電報、打ちましょう!」
「苦節48年、おいらも英語ができるようになったようぅ、おっかさーん!」


Bさんは大学4年生です。
関西の有名難関私大をご卒業予定で県内の超一流企業に就職が決まっておられます。
ところが「社会人になって求められる英語力に自信がない、卒業までに少しでも磨きたい」と当館の門を叩かれたのです。

現在当館は土日や夕方以降は25名様がご予約待機をなさっておられる状態です。
空き枠がない旨を申し上げましたら「卒業の単位はもう全て取ったので学校へ行く必要がない。
どんな時間でもいいので空いている時間に通いたい」と仰います。
並々ならぬ決意ですね。
胸打たれました。
こうして平日の昼間に通い始められたのです。

ここで当節の入試制度について若干説明したいと思います。

昔の高校はいわゆる普通科と職業科に分かれていました。
前者は大学へ進み、後者は就職するという図式でした。

今は随分様変わりしています。
職業科から大学へ進むのが一般化したこともそうですが、それ以上に驚くのは、推薦入試で相当な難関大/有名大へ進学されます。

例えば富山商業高校の生徒さんはよく当館へいらっしゃいます。
どなたも明るく熱心な素晴らしい生徒さんばかりです。
学校の課題はかなりきついのですが、それに良く食いついて頑張っておられます。
結果として、金沢大学・富山大学・同志社大学・立命館大学などへ進学されました。
当館の生徒さんです。

例えば中部高校や東高校のような進学校からでも金沢大学や同志社大学に進むのは容易ではありません。
推薦入試と一般入試の違いはあるにせよ、事ほど左様に入試は様変わりしているのです。

本題に戻ります。
Bさんも推薦入試で一流難関大に進まれた方なのです。
ところが中学校以来、英語はからっきしだったそうです。
実際にお会いしてみて驚きました。
苦手な方はよく拝見しますが、これまでの全ての方の苦手度を上回っています。

しかしあの厳しい校内選抜に残って難関大学に進んだBさんに才能がないわけがありません。
こちらも0の0からスタートしました。

いざ始めてみると凄いのです。
やり直した何もかもが、文の考え方も単語も熟語も一瞬で完璧に仕上がっていきます。
しばらく回を重ねると、以前には一字一句出てこなかったものが今度は秒殺で完璧に仕上がって出てくるのです。
お教えしているこちらが魔法にかかったようです。

人間にとって「不足感」は大切な進歩への足掛かりです。
足らないと思うからこそそれを埋めようと意欲が湧きます。

現状を打破せんと立ち上がったBさんの根性と才能に心からの拍手を送りたいと思います。


Cさんは大学への進学が決まった高3生です。
実はまだお出でになっておられません。
来週から当館へ通うことになりました。

地方の中堅校に通うCさんは東京の有名一流私大に推薦入試で合格が決まられたそうです。
島崎藤村の母校、ミッション系で英語教育に力を入れている素晴らしい大学です。
これまではスポーツに打ち込んでこられ多くの方にお世話になったそうです。
その恩返しをしたいと願って選んだ大学だが英語に自信がないので卒業までの間に少しでも力を付けたいとのことです。

さきほどのBさんにしても今度のCさんにしても就職や大学が決まって安心する場面とも言えます。
しかし、そこで気を抜かず更なる高みを目指して頑張ろうとする姿勢が素晴らしいではありませんか。


48歳、大学4年生、高校3年生。
3つの「人生の節目」の生徒さんの今後に幸多かれと念ずにはいられません。

頑張れー!





月までも星までも

  

この記事を書いたプロ

英語の以学館 [ホームページ]

英会話講師 上野伸彦

富山県富山市五福5区3222 大学堂ビル2階 [地図]
TEL:076-431-0870

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
英語個別指導のプロ、上野伸彦(うえののぶひこ)さん

「丸暗記」から「分かる」への転換(1/3)

 「英語を話せるようになりたい」「でも難しくて…」「勉強しても分からない」とあきらめてしまった経験はないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが1対1の個別指導による英語塾「以学館」です。富山大学正面の五福バス停前にあります。「まずは体験授...

上野伸彦プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

会社名 : 英語の以学館
住所 : 富山県富山市五福5区3222 大学堂ビル2階 [地図]
TEL : 076-431-0870

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-431-0870

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野伸彦(うえののぶひこ)

英語の以学館

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
臥薪嘗胆
イメージ

 以下は1年前に記した文章の一部です。 旧帝大の名門である北海道大学の文学部に合格したAさん。 金沢大...

春到来 ~サクラサク~
イメージ

  先般、本欄に大学受験センター試験の話題を記しましたが、引き続き、大学入試の話題です。早々と大輪の...

難関校のセンター試験
イメージ

   大学入試センター試験が終わりました。今年も多くのドラマが生まれました。本年度、当館からの大学...

こぼれ話
イメージ

  この頃昔の長い小説を読んでいる。一つには当今のものを退屈しながら読むくらいなら前に読んで重い手応え...

歌唱王 出場!

当館の生徒さんが「全日本 歌唱王 選手権」に出場なさることになりました。 予選を勝ち抜き、並み居る強豪を抑え...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ