Q&A(このプロの回答)

私立大学の併願について
金沢大学人間社会学類(経済系)に出願予定です。東京で私立を5つほど受ける予定ですが、どのように選べばよいでしょうか?いずれも経済・商学系を希望しています。得意度は英語>数学>国語=日本史といった感じです。
投稿日時:2013-01-28 10:49:40
出産・子育て

上野伸彦 うえののぶひこ

上野伸彦の回答

自らが何を欲するか

センター試験、お疲れ様でした。

センターはあくまで通過点、入試はこれからが本番です。
今後の取組が全てを決することを肝に命じて下さい。




私大併願ですが、置かれた状況や今後の人生設計で大きく異なります。

1.センター判定が良いのか悪いのか
2.国立第一志望なのか併願私大に意識の中心があるのか
3.現役至上主義か浪人を辞さないのか

などの要素の整理が必要です。



金大経済系であれば、センター660以上、610程度、560ほどで大きく異なります。

660以上あれば私大は抑えになります。
明青立法中レベルで3~5校程度、現役合格がマストなら日東駒専も2校ほど加えて抑えるべきです。
700以上であれば早慶も受けてみる価値はあります。

センターが610程度で現役志望なら、明青立法中はあくまで希望校として2~3校程度、日東駒専での抑えが重要になります。
少なくともそのレベルで3校は抑えるべきです。

560程度で現役合格を目指すなら日東駒専中心に展開し、さらに一ランク下での抑えを数校ほしいところです。



なお、大手予備校勤務時代に関関同立の入試担当者と懇談した際、興味深い事例を伺ったことがあります。

同じ受験者A君に関する追跡調査だったのですが、学部を変えていくつか受験した生徒さんです。

最初の日は55点しか取れず不合格。
ところが次の日は83点取って合格。
その翌日は66点で不合格。

つまり、生徒さんは動向がかなり不安定です。
その時の調子やメンタルで大きく結果が上下します。

ですから、決め打ちするのではなく、ある程度幅を持って広く散らしながら受験するのがコツです。
また、一つやニつや三つ落ちてもいちいち動揺しないことが大切です。

勝負は後期試験、2期試験まであります。
先に心が折れたほうが敗北者となるのが大学受験です。

3月末の補欠合格発表まで意識を切らしてはいけません。


なお、浪人覚悟であれば、悔いの残らぬよう好きなところを好きに受ければ宜しいと思います。
早慶とマーチをそれぞれ1~2校、3~4校受けてみれば如何でしょうか。

回答日時:2013-01-28

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
英語個別指導のプロ、上野伸彦(うえののぶひこ)さん

「丸暗記」から「分かる」への転換(1/3)

 「英語を話せるようになりたい」「でも難しくて…」「勉強しても分からない」とあきらめてしまった経験はないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが1対1の個別指導による英語塾「以学館」です。富山大学正面の五福バス停前にあります。「まずは体験授...

上野伸彦プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

会社名 : 英語の以学館
住所 : 富山県富山市五福5区3222 大学堂ビル2階 [地図]
TEL : 076-431-0870

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-431-0870

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上野伸彦(うえののぶひこ)

英語の以学館

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
DNA ~紆余曲折を乗り越えて~
イメージ

   A君のお母様からメールを頂いたのは2年前の夏でした。当時中3生だった息子さんの英語不振に悩んでいらっ...

60歳で英検に合格
イメージ

当館には小学生からご高齢の方まで幅広い年齢の生徒さんがいらっしゃいます。現在60歳の女性であるAさんからメー...

熱意
イメージ

  当館には超ハイレベルな方から筋金入りの英語苦手人の方まで幅広い生徒さんが在籍なさっています。本日は...

輝く大人たち
イメージ

当館には、現在、小学校4年生から満60歳までの幅広い年齢層の生徒さんが在籍なさっておられます。レベルも目標...

陽は昇る
イメージ

 昨年の12月8日でした。あるお母様から当館にメールが届きました。中1生の女子生徒さんの親御さんです...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ