コラム

2016-03-03

「桃の節句を考えてみました!」 

「桃の節句を考えてみました!」 
「あかりを点けましょ、ぼんぼりに。お花をあげましょ、桃の花♪」という歌が、自然と口からもれる日となりました。日本人にとって、子どもたちの成長を祝う節句の一つである桃の節句が、今日、3月3日。女の子が新しく生まれた家庭では、新品の雛人形を飾ってお祝いをしていることでしょう。また、母娘のそれを並べて飾ったり、はたまた、祖母のそれまで並べたりしているご家庭もあるかもしれません。雛人形は、なかなか豪華で、飾るだけでとても華やかな感じになりますが、それが、二つも三つも並ぶと、その華やかさも格段にアップしますね。ただ、出すのが大変で、そのうち出さなくなる!というご家庭も多いようですけどね。(実は、うちも・・・!)さて、華やかに飾られたお家は、今日、片付けですね。頑張って下さい。迷信だと思いますが、嫁に行きそびれるというお話ですからね!(笑)(※ひょっとして、こんなことを今の時代に言うのは、いけないのでしょうかね?セクハラで?!)まあ、そんな細かいことは考えないことにして、今日、この日になんとなく思ったことを書きたいと思います。今日の「桃の節句」や5月5日の「端午の節句」(子どもの日?)は、各家庭で結構派手に祝うのに、世間は案外静かだなと不思議に思っているのです。近いところでは、バレンタインデーやホワイトデー、クリスマス、ハロウィンなどの西洋系のイベント(?)と比べ、それらの日本的な節句で、お祭りムードが足りないのではと感じています。日本人なら、こっちを盛り上げるのがいいのではないかと思っているのですが、いかがでしょうか?1月1日のお正月。2月2日の節分。3月3日の桃の節句。5月5日の端午の節句、7月7日の七夕など、ぞろ目で憶えやすい日に、それなりのお祭りができると思っているのですが、どんなもんでしょうかね?でも、粛々とやるのが、日本風なんでしょうかね?

この記事を書いたプロ

株式会社イナホ [ホームページ]

不動産コンサルタント 前田喜美子

富山県富山市丸の内1丁目8-17 新丸の内ビル2階 [地図]
TEL:076-411-7761

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
不動産・建設コーディネートのプロ、前田喜美子(まえだきみこ)さん

お客様の心にいつも寄り添う、建設・不動産コーディネートのプロ(1/3)

 富山市中心部丸の内交差点のそば。新丸の内ビルの一角に株式会社イナホがあります。代表取締役の前田喜美子さんは、こぼれるような笑顔とポジティブ・オーラが印象的なキャリアウーマン。和気あいあいとしたオフィスのムードメーカーでもあります。 株式...

前田喜美子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

こだわりのある人・女性のために条件に合う物件を探す不動産屋

会社名 : 株式会社イナホ
住所 : 富山県富山市丸の内1丁目8-17 新丸の内ビル2階 [地図]
TEL : 076-411-7761

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-411-7761

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田喜美子(まえだきみこ)

株式会社イナホ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「豪栄道、勢いに乗って全勝優勝か?」

「豪栄道、勢いに乗って全勝優勝か?」大相撲の秋場所が、終盤にさしかかり、場所前には予想だにしなかった展開...

「パラリンピック閉幕、メダル総数24個!」

「パラリンピック閉幕、メダル総数24個!」第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会が、18日で閉幕した...

「国枝選手、ダブルスでメダル死守!」

「国枝選手、ダブルスでメダル死守!」ネット新聞で、以下の記事を見つけました。【銅メダルを決めた瞬間、国枝...

「国枝選手敗れる!」 

「国枝選手敗れる!」 パラリンピックの車いすテニス男子シングルスで3連覇を目指して出場していた国枝選手が...

「ボッチャ団体、銀メダル!県内3人目のメダリスト誕生!」

「ボッチャ団体、銀メダル!県内3人目のメダリスト誕生!」昨日、富山ではリオ五輪で金メダルを獲った田知本選手...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ