コラム

 公開日: 2013-12-06  最終更新日: 2016-04-27

【相違点】お施主側の視点と石材店側の視点はこんなに違った!富山で墓石建立

こんにちは☆

富山の墓石専門店 ㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

先日、スナダ石材で今月建立予定のお施主様の墓地(市営墓地)で、前代未聞の事例が起こりました。

たまたまお施主様の御親戚の方がその市営墓地へ行った所、お施主様の墓地に別のお墓が建っていたことに気づいて大騒ぎになりました。

間違えて建立した石材店が判明したので、現場でスナダ石材の社長とその某石材店の担当営業マンと待ち合わせをして話をしたわけですが、こちらはお施主様側が大騒動になっていることを知っているため、間違えて建てたお墓を撤去して、スナダ石材で打った基礎も壊さないように元通りにします、と言われて済む問題の話でもないため、「そちらからお施主様にお話ししてください」と伝えました。

その後、お施主様から「スナダ石材さんもちょっと来てくれ」と電話が入り、某石材店営業マンとお施主様、そしてご親戚の方が集まっている所へうちの社長が向かい、事の成り行きに立ち会うことになりました。

そこで唖然としたのが、その営業マンの最初の言葉「(お墓に)魂を入れてないので大丈夫ですよ」です。

これはどういうことかと言うと、墓石の建立後は浄土真宗で言うところの「おわたまし」、それ以外の宗派であれば「開眼供養」など、御入仏法要の儀式を行って初めて「お墓」となり、建てただけではただの「石」であるとの考えからくるものです。

たしかに言っていることは間違いないのですが、お施主様からすればそんな単純な問題ではありません。

営業マンというのはそういうクレームに対処することが日常茶飯事だからでしょうか、「お客様の立場になって考える」という大事なことが抜け落ちていて、クレーム処理をしようとしている姿勢が無意識に出てしまうのかもしれません。

また、いちいちそれに感情移入していると神経が持たないということもあるかもしれません。

ただ富山県の中でも大手の石材店で、知名度で言えばスナダ石材など比でないはずの石材店の看板を背負っている営業がこれなのか、と唖然としました。

お施主様のその市営の墓地は基礎工事が終わって、ちょうどご先祖様のお骨を、うちの社長が土に還してあげて、後はお墓を建てるだけという状態の所に、余所のお墓をその石材店が間違えて建てていったのです。

しかも市営の墓地ですから、番地のように番号がしっかりと決められていて、本来その石材店が建てなければいけない墓地の番号と酷似していたわけでもありませんでした。

ちょうど消費税増税前の駆け込みで春まで仕事が立て込み、遅い時間までいくつもの現場を掛け持ちしていた状態だったためだと言い訳をしていましたが、お施主様にしてみれば自分達の場所に土足で踏み込まれ、しかもご先祖様の上に違う家のお墓が建ったということで泣き出している親戚の方もいる前で、保身に徹する姿勢にはこちらも呆れ果てました。

この石材店は、お墓という「物」を売っていて、そのお施主様である「人」のことには無頓着なんだと、営業マンが代弁していると取られてもしょうがない一件でした。

お施主様が勘違いしていたならともかく、こちらのミスで墓地を間違えるなど前代未聞、あってはならないことです。

それだけでも大変な事ですが、そこは人間のやること、何らかの手違いで間違いが起こることは同じ業界の者としても100%ないとは言い切れない部分も分かるので早急に対応されたこともあり、あまり責める気持ちはなかったのですが、やはりこちらのお施主様を軽くあしらうような態度(おそらく営業マンはそのつもりがないのでしょうが…)には問題ありだと感じますし、お施主様が怒り心頭するのももっともです。

スナダ石材は、どういった経緯でお墓を建てようとなさったのかを商談の中から聴かせていただいていましたし、お墓を建立することはお施主様にしてみれば一生に一回、その「家」で見ると、三世代に一回くらいの一大イベントでもあります。

石材店はお墓を建てるのが仕事なので、数ある仕事の中の一つと言えばそうかもしれませんが、お施主様にとってはそうではなく、「たった一つの大事なお墓」なのです。

本来、営業というのはそういう一件一件の「お墓を建てる物語」に感情移入することがむしろ大事なんだと思います。
そしてそれこそがこの仕事の醍醐味であると、我々スナダ石材は考えています。

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【富山市M様】店の前を通ったときに印象に残った展示墓をご建立

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

M様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

隣のお墓の大きさが気になる!?小さなお墓を大きく見せる技!
イメージ

最近、注目されているアドラー心理学ではこのような言葉があります。「人は普遍的に優越志向を持っている」...

[ 新しいお墓作り ]

【ついに最終回!】墓石業界用語集「や」~「ん」
イメージ

今年の我が家は卒園・卒業式に出ることなく、静かな3月を過ごしています。卒業というと、別れや涙を連想しま...

[ 墓石業界用語辞書 ]

美とは?祈りとは?法隆寺・釈迦三尊像のクローンが伝える人間の飽くなき「美」への探究
イメージ

高岡市・南砺市と東京藝術大学が、奈良法隆寺の門外不出の国宝「釈迦三尊像」を、現代のテクノロジーである3Dプリ...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

映画「沈黙」をみてわかったカタチある物を拠り所にしてきた日本人
イメージ

映画「ラ・ラ・ランド」を観た人たちが踊りだしそうになっている今、私の心はまったく違う方向を向いています。...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ