コラム

 公開日: 2014-02-05  最終更新日: 2014-06-04

石材店の現代の仕事を中世に置き換えたら?

こんにちは☆
富山の墓石専門店 ㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

スナダ石材の2014年2月号のニュースレターのトップページは、「幻の城・安土城跡からみる石屋さんの仕事」です!


中世の時代に「石屋さん」という呼び名はありませんが(笑)、プロとしての石工集団はすでに存在していて、寺院の石垣の建築などに関わっていました。
近江(滋賀県)は寺院の数も多く、石工集団も数多く存在していたと考えられます。

では、現代の石材店の仕事を中世の人々の仕事に置き換えてみるとどうでしょうか。単純に考えれば、やはり石工集団ですよね。
でも私は現在の石材店が担っているのは、石工集団としての仕事に、中世頃の「三昧聖(さんまいひじり)」、または「御坊聖(おんぼうひじり)」が担っていた役割がプラスされているんじゃないかと思っています。
【三昧聖】
 三昧(墓所)の庵室に居住し、火葬や埋葬、墓所の管理などにあたった俗聖。
 kotobankより
元は僧が行っていたものが、手順化され整備されていくようになるにしたがって、出家者でなく専門職として「プロ」になっていったのが三昧聖・御坊聖であったようです。死穢を扱う仕事のため、近世になり身分制度が固定化されていくと、穢れの思想の広まりと相まって差別視されるようになったようですが、中世にはまだ蔑視は存在していませんでした。

新しくお墓を建てて納骨する時や、五十回忌が終わってお骨を土に還す時、またお墓の建て替えや改葬(お墓の引っ越し)でご先祖様のお骨を整理するという時に、施主様がお忙しかったり、市外・県外に住んでいるという場合、またはお骨に触るのが怖いなどという場合は、スナダ石材が施主様の代わりにお骨に触らせていただいて納骨したり土に還します。
ですから、石だけに触れているわけでなく、お骨に触れることも結構あるのです。

時代は移り変わり現代。
インターネットでお墓だけを売る店も「石材店」と一括りにされます。
我々は中世から続く石工集団の端くれとして、しかしお墓を建てる行為だけに終わらず、専門性を深めていき、この時代の終末を考える「プロ」として存在する必要があるのではないでしょうか。


この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【富山市M様】店の前を通ったときに印象に残った展示墓をご建立

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

M様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お墓の経済学】お墓を大切にしたい気持ちは「行動経済学」で説明できる!
イメージ

10月といえば「〇〇の秋」。そして、毎年10月に発表される「ノーベル賞」の秋でもあります。今年のノーベ...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係
イメージ

先日、このようなお問い合わせをいただきました。「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意...

[ お墓に納骨 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ