コラム

 公開日: 2014-04-11  最終更新日: 2016-10-03

現代人は本当に宗教(信仰)心をなくしたのか?

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

現代人は宗教心が薄いと言いますよね。
かくいう我々もお墓離れという現象に対して「今は信仰心が薄いので…」と言うことがあります^^;

でもこれって本当なんでしょうか。
仏教がひろまった頃の時代背景というのは、現代に生きる人間のように長寿が保証されておらず、戦の絶えない時代が続いていたので、死が隣り合わせにあり避けようのないものでした。
死が避けられないのなら、せめて浄土に生まれ変わりたいと望む背景が、信仰心や宗教心に繋がっていたということがあるので、実際は現代人が信仰心が薄いというわけではなさそうです。
(新興宗教の数も増加していると言いますしね)

ただ今と昔で確実に違うのは、長寿ではあるけれども出生率が低下し、人口はピラミッド型になっていくというものです。
そしてそれは「家」や「墓」を継承していく上での大きな壁となっています。
残念ながらこの問題は、宗教や信仰では救いも解決もしようがありません。

日本人の葬送をさかのぼっていくと、宗教の広まりとともに祖先祭祀という側面が強くなり、それは家制度が一応なくなったとされる現代にも通じています。
そして多くの人は、出来ることなら墓をずっと家族に守ってもらいたいという本音を持っています。

射水市の市営墓地には大きな納骨堂があり、無縁墓になっていくと最終的にはそこに合葬されます。
ご長男を亡くされたまだお若い施主様は、「私達が亡くなった後、このお墓はどうなるのか」とお聞きになりました。
市営墓地ということで最終的に無縁墓になると合葬されますよ、という答えは必ずしもその施主様の安心材料にはなりませんでした。
出来ることなら想いがつまったこのお墓が、例え守ってくれる家族がいなくなっても、この地に残しておいて欲しいというのが施主様の望みであったからです…。

たしか仏教では「執着」から解放されるべきであると説きます。
それが苦しみを生むからです。
そうであればお墓は執着の対象になってしまいますので、お墓は建てるべきでないのかもしれません。
しかし宗教が今よりも人々の心に根付いていた時代に、仏教の浄土思想とお墓の存在が重なりながら、お墓を建てる行為は貴族から武士へ、そして民衆へと浸透していって現代につながっています。

浄土思想のような宗教心が薄らいでいっても、象徴としてのお墓の意義というのは小さくありません。
お墓のデザインに込められた宇宙観であったり、また石という自然の産物と人間の作為との調和といった宗教的な思想が、信仰心がなくなったかのような現代にも心のどこかで響きあうものだからです。

現代の葬送にも今後様々な課題が出てくるようになりますが、だからこそどうして人々がお墓を建てるようになったかという歴史的な視点からも考えていこうと思います。

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

亡き夫の誕生日プレゼントに娘から、墓石クリーニングのプレゼント

Q1.お墓のクリーニングを依頼する前、どのようなことで悩んで...

富山県射水市 H様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

隣のお墓の大きさが気になる!?小さなお墓を大きく見せる技!
イメージ

最近、注目されているアドラー心理学ではこのような言葉があります。「人は普遍的に優越志向を持っている」...

[ 新しいお墓作り ]

【ついに最終回!】墓石業界用語集「や」~「ん」
イメージ

今年の我が家は卒園・卒業式に出ることなく、静かな3月を過ごしています。卒業というと、別れや涙を連想しま...

[ 墓石業界用語辞書 ]

美とは?祈りとは?法隆寺・釈迦三尊像のクローンが伝える人間の飽くなき「美」への探究
イメージ

高岡市・南砺市と東京藝術大学が、奈良法隆寺の門外不出の国宝「釈迦三尊像」を、現代のテクノロジーである3Dプリ...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

映画「沈黙」をみてわかったカタチある物を拠り所にしてきた日本人
イメージ

映画「ラ・ラ・ランド」を観た人たちが踊りだしそうになっている今、私の心はまったく違う方向を向いています。...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ