コラム

 公開日: 2014-09-17  最終更新日: 2016-09-30

各地の墓石の風窓から

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

富山の墓石の納骨堂には、一般的に後部に空気孔がついています。
形は四角だったり丸だったり、大きさも様々です。


スナダ石材が建てるお墓では、納骨堂の後ろの部分を直径約5cmに丸くくり抜き、そこにステンレス製の風窓をつけます。
風窓は、虫などが入らないように網状になっていて、写真では分かりにくいですが、縁には蓮の花がデザインされています。

墓地に行って色々な風窓を見るのも面白いです^^

丸以外であればこのような四角いステンレス製のものや、中には住宅で使われる排水管のパイプが空気孔から出ている納骨堂のお墓もあります。
パイプの場合は、空気孔への雨除けとして下向きにパイプを付けるようになったのかもしれませんね。

スナダ石材は、先代の時にこの風窓を高岡の鋳物職人に頼んで、鉄や銅製の風窓を特注していた時代もあります。(現在はステンレス製です)

空気孔は必ずしも無ければならないものというわけでもないので、ないお墓ももちろんあります。作る側にしてみると、それなりに手間もかかりますし、風窓自体も一応経費になりますから、そこを省いている石材店もあります。

スナダ石材では一般的な形のお墓には標準装備となっているので、後から施主様から空気孔を埋めてくれといわれた事例もあります。その理由に、雨風を入れたくない、虫が入るかもしれないから嫌だというのがあるので、空気孔をつけてないお墓もあります。

納骨堂に風を入れるための空気孔ですが、遺骨または遺骨が納めてある骨壺に風を当てたいという心情は、骨になってもなお先祖がそこに存在しているものと見なす日本の「死の文化」が根底にあるようです。

土葬が一般的だった時代では墓穴にお棺が入れられた後は、土を被せ土盛りした上から、竹筒を挿しこんでいたそうです。
これは、「生き返った時に助けを呼ぶための声が聞こえるように」や「呼吸のための空気を確保するため」という理由からだそうですが、棺の蓋は釘が打ちつけられているので、万が一生き返ったとしても声も呼吸も届くはずがありません。

土葬から火葬になり、墓穴が墓石になっても、この竹筒のように死者がまるでそこに生きているかのように考え、扱うことは、日本人が死をどのように考えてきたかという一端が窺えるように思います。

昔の人はお仏壇にお水と炊きたてのご飯を供える習慣がありましたよね。もちろん今でもそうされてる方は少なくないかもしれません。ただそういう習慣がなくなっても、お墓に故人の好きだったお酒を供えたり、好物をかたどった蝋燭を灯したりと、亡き人を敬うという供養の仕方は形は変わってもまだまだ残っています。

来月建立予定の施主様も、納骨堂を開けてお参りしたいから、扉を開けやすいネジ式にして、風窓も風を通すために付けてくれと言われました。

宮沢賢治の世界観では、風を天の呼吸のリズムと捉えていたとか。
風窓は、吹く風の、天からのエネルギーを納骨堂へと流し込む、そんな存在でもあるのかもしれないと思いながら見てみると、墓地の風景もまた違ったふうに見えてきませんか。

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 シニアライフ

桜の開花を今か今かと待ちわびているこのごろですが、「とやま終活カフェ」は名称を新たに、ここに開花宣言いたします!その名も「とやまシニアライフ応援団」です。...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

思ったとおりのお墓に出来上がりとても満足しています。

お墓の価格・デザイン・石の種類等、全て分からず、一生に一...

砂原
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お客さまの声に泣いた!】こんなお墓づくりができるのが私たちの目標でした!
イメージ

二年前に「両家墓」をご建立された富山市の岡田さま。墓石の完成後に引き渡しとなっていましたが、ご実家のお墓...

[ 施工例 ]

【安いのにはワケがある!】ネット通販で墓石を建てるリスク
イメージ

先日こんなお問い合わせがありました。「4年前にネット通販で墓石を建てたが、張り石から白いものが出ているため...

[ 墓石について、よくある質問 ]

富山の墓のここがすごい!~納骨 編~
イメージ

平成25年の人口動態統計によると、年間の死亡者数は126 万 8432 人で、前年よりも1万人以上の増加となっています。...

[ お墓に納骨 ]

【謎の事件簿】墓の納骨堂を開けると一つの骨壺だけに水が溜まっていた!?
イメージ

先日、古いお墓から新しいお墓へお骨を改葬するためのお手伝いとして、墓前法要のあと、お墓の納骨堂からお骨...

[ 墓じまい お墓の引っ越し(改葬) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ