コラム

 公開日: 2014-11-07  最終更新日: 2016-10-03

富山県人がお墓の納骨堂にこだわる理由

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。


スナダ石材がお客様に毎月発行しているニュースレター、その名も『さざれ石通信』。
そこのトップページでは、富山の郷土、その郷土が輩出した人物などに焦点をあてて書いています。
そのため、イヤでも(あ、私はむしろ好きなんですが❤)富山という郷土の歴史にも目が向いていきます。

実は水害の多い富山

ニュースレターでも過去にとりあげたものの共通点に、富山は昔水害が多かったという特徴が見えてきます。

現在は治水対策が進んでいることもあって、私達はここ富山は他県に比べて災害が少ない町という認識でいます。
中には「これも霊山、立山のおかげ!」という声もありますが、実は立山には富山平野全体が平均2mの土砂で覆われるくらいの土砂がたまっている立山カルデラが存在するため、現在も砂防工事が行われ、この工事自体は「終わりのない工事」とも言われています。

水害が多かった理由に、日本でも有数な急流の一級河川、二級河川が多いこと、しかもその急流河川が富山の扇状地を通るため流れが定まらず、また河川によっては土砂も多く、くねくねと曲がっているので、洪水が起きたときの流路がつかみにくく、どこで被害が発生するか予測しづらいという特徴があります。

江戸時代後期には死者140名を出した大水害が起き、液状化現象も起きていたと記録に残されています。
また富山市の中心部も浸水した大正時代、人的被害はなくても洪水による線路の流失や堤防・橋の決壊なども目立ちます。

(※ここまで、富山県大学協議会公開講座 第二回二限目「富山県の大水害」資料参照)

そして先月号では射水平野に触れましたが、射水平野は海抜が低く平らな土地のため、腰までつかる水田湿地帯であったことを知りました。

富山のお墓の特徴

現在は「水の王国とやま」といい、水が美味しく災害も少ない土地というイメージですが、それは先人達がその水による苦労を解消したいと願い、治水対策に本気で取り組んだ歴史が横たわっているんですね。

墓石アドバイザーとして、やはり考えるのは「墓石」のことになるんですが、そんな土地で生まれ育った人々が望むお墓の形というのが、一般的な富山のお墓なのだろうとあらためて思いました。


地上の大きな納骨堂、そして富山の人が一般的にこだわるのが、この納骨堂部分です。
昔は施工にはモルタルしか使用していなかったので、納骨堂に水が入るということが一番の大きな心配事でした。

そうなんです!お墓についても心配な事は「水」だったのですね。

水に恐れ、水に苦しんだ暮らしの知恵がDNAに記されているのか、水害がほとんどなくなった現在においても、この納骨堂のことをまず気にするのが富山人のお墓についての認識です。

お墓と災害記念碑

現代は治水対策のおかげもあり、丘稜地の墓地などでは他県のように地下タイプの納骨堂も建つようになってきました(平野部では周りの墓が大きな納骨堂のお墓のため少ない)。

水害に苦しんだのも一昔前になりつつあるのでしょうか。


これは立山町にある石碑です。
文字が彫刻してある上の石、そしてその下の石は地下7mも伸びている巨大な大石です。
江戸時代後期、常願寺川の氾濫により、この大石が水流に運ばれこの地に止まり、その後この石があることで水流が変わり、その下流右側の村民の被害を少なくしたと言われ、この石の恵みに感謝し石碑を建て祀るようになりました。

富山型といわれる地上納骨堂の墓石は、この大石の石碑のように、災害を忘れず、富山の自然に育まれた私達の記憶の形と言えるのかもしれません。

◇地上納骨堂型のデザイン墓の施工例がご覧になりたい方はこちらまで↓↓
  └ http://www.e-isiyasan.com/contact/index.html

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2016年12月から変わる洗濯表示にちなみ「お墓の取り扱い方」を作りました!
イメージ

富山の墓石専門店㈱スナダ石材の砂田嘉寿子です。みなさん、今日から洗濯表示が新しくなることご存知でしたか...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

【のんべぇ必見!】酒と泪とお墓と人。お酒とお墓のよく似た関係
イメージ

そろそろ忘年会シーズンに突入ですね。忘年会といえば、ビールにワインにウィスキー、そして日本酒。(ぜんぶ酒や...

[ 石についてのエトセトラ ]

墓石の土台に貼る石は磨くべき?磨かない方が良い?
イメージ

墓石の土台に関しての最近の傾向としましては、基礎コンクリートで立ち上げて、上に張り石を貼るというパターンが...

[ 墓石について、よくある質問 ]

【いつかどこかで使える!?】墓石業界用語集「な」行
イメージ

「な」から始まる業界用語を探すものの、なかなか思い浮かばず更新が止まっておりましたが、ようやくまとめました...

[ 墓石業界用語辞書 ]

【一流の人の墓参り】その一分間の瞑想が脳波に与える影響
イメージ

皆さま、現在強いストレスを抱えておいでではないですか?年末が近づき、いろいろ追い込みがかかる時期ですよ...

[ お墓参りの効能 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ