コラム

 公開日: 2014-12-11  最終更新日: 2016-10-03

高岡の「ふいご祭り」を見て考えた、お墓と社の共通点とは

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

銅器の町・高岡の氏神様は、古事記に登場する「鏡」を作った神様

去る11月の8日に、高岡の有磯正八幡宮で行われた「鞴(ふいご)祭り」へ足を運んで来ました。
有磯正八幡宮には、11柱の神々が鎮座していますが、その内の1柱が、銅器の町・高岡金屋町の氏神様でもある石凝姥命(いしこりどめのみこと)という神様です。
この神様、古事記の天岩屋戸隠れの話の場面に出てくる鏡(三種の神器の一つ)を作った神様で、銅鏡や銅矛の製造を職業とした金工の祖先神と考えられています。

ふいごは、昔の金属加工には欠くことのできない火をおこすための道具で、ふいごを使って仕事をする職人さん達がふいごの安全(現在では炉やボイラー)と事業繁栄を祈る祭事が「ふいご祭り」です。

当日の境内では、実際に鋳物を鋳成する鋳造式も行われ、祭りのために新しく作ったふいごが使われていました。



物語を存続させるには、「形」とそれを司る「人」が必要

物余りと言われる現代ですが、その昔に物が誕生した背景には、神話を含め長い年月によって紡がれた数々の物語が存在しているということを、こういった祭事を通して私達は知ることができます。

人が紡いだ物語は、それを記憶している人がいなくなり、記憶が何らかの形として残っていない限り、忘れ去られていきます。
でも、「その『たましい』を存続させる装置として、社(やしろ)とそれに付随する諸要素が記憶の装置となっている」と言ったのは、民俗学者の小松和彦さんです。
言いかえれば、社という「形」、そして「場」、そこに集う「人々」、そして祭礼を司る「人」、この要素がすべて揃えば、「たましい」は未来永劫、存続していくということになるんじゃないでしょうか。

社と祭礼は、古い歴史をつないできた日本人の知恵

神社を参拝する人全てが、その神社の由緒を知っているとは限りませんが、それでも初詣には神社を参拝するという儀式を自然に行う人がほとんどですよね。

お墓と神社は全然別物ですが、根底にある精神性というのは共通する部分がかなりあるように思います。
お墓には亡くなった人が眠る場所というだけでなく、亡くなった人と生きている人との関係性が息づいている場所であり、その人の紡いだ物語=「たましい」が、例えその人のことを知っている人がこの世にいなくなったとしても、そこに集い、そこを守る人がいる限り存続していく、初詣の神社のような、そんな形ある場なのではないかと思っています。

私達が旅で、自分とは関係がなくても由緒ある場を訪れたり、宗教心がなくても初詣の神社の参拝をするのは、おそらく長く紡がれ、語り継がれてきた「たましい」の息吹きを肌で感じたいからではないでしょうか。

「形」と「場」、そして「人」。
精神性という目に見えないモノを人が大切にするためにこそ、「形」と「場」という目に見えるハッキリとしたモノを人間が必要としてきた、ということをあらためて考えさせられる今日この頃です。

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2016年12月から変わる洗濯表示にちなみ「お墓の取り扱い方」を作りました!
イメージ

富山の墓石専門店㈱スナダ石材の砂田嘉寿子です。みなさん、今日から洗濯表示が新しくなることご存知でしたか...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

【のんべぇ必見!】酒と泪とお墓と人。お酒とお墓のよく似た関係
イメージ

そろそろ忘年会シーズンに突入ですね。忘年会といえば、ビールにワインにウィスキー、そして日本酒。(ぜんぶ酒や...

[ 石についてのエトセトラ ]

墓石の土台に貼る石は磨くべき?磨かない方が良い?
イメージ

墓石の土台に関しての最近の傾向としましては、基礎コンクリートで立ち上げて、上に張り石を貼るというパターンが...

[ 墓石について、よくある質問 ]

【いつかどこかで使える!?】墓石業界用語集「な」行
イメージ

「な」から始まる業界用語を探すものの、なかなか思い浮かばず更新が止まっておりましたが、ようやくまとめました...

[ 墓石業界用語辞書 ]

【一流の人の墓参り】その一分間の瞑想が脳波に与える影響
イメージ

皆さま、現在強いストレスを抱えておいでではないですか?年末が近づき、いろいろ追い込みがかかる時期ですよ...

[ お墓参りの効能 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ