コラム

2015-01-21

墓石の価格が上がってきたワケ

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザーの砂田嘉寿子です。

墓石の価格を20年前と比べると

今日は墓石の価格についてということで、ちょっと政治と経済に絡んだお話を。

1990年以降ずっとデフレ下にあった日本では、物価がどんどん下がり、墓石価格も例外ではありませんでした。

グローバリゼーションの流れが墓石業界にも入ってきたこともあり、ほぼ国内生産だった墓石も他の業界と同様、生産拠点を海外に求めるようになります。
最初の地は韓国だったのですが、ソウルオリンピック以降韓国の賃金が上昇し物価も高騰したため、日本で加工するのと変わらない状況になったので拠点が中国へと移りました。

まだその頃は、中国加工半分、国内加工が半分といったところでしょうか。
スナダ石材も20年前はまだまだ自社加工にこだわっていました。

デフレ(物価が下がる)が先か、生産拠点が海外に移るのが先かは分かりませんが、イタチごっこのように墓石の価格が下がってきたのが20年前頃の状況です。
それまでの墓石価格に比べると、徐々に4割から5割下がっていったと思われます。(価格は墓石の大きさも関係してくるので地域差あり)

国内加工にこだわっていた墓石店も、中国工場の設備と技術の向上、そして国内での価格競争に巻き込まれる形で、徐々に国内加工から中国製品の輸入へと傾くようになり、現在の墓石は90%が中国からの輸入となっています。

そしてご存知のとおり、デフレスパイラルを恐れた日本経済が「アベノミクス」をスタートしたのが今から3年前の2012年後半です。

円安ドル高も墓石製品上昇の要因のひとつ

それまでは円高だった日本経済ですが、ちょうどその頃から円安ドル高へとふれていきます。

中国との貿易は「ドル建て」で行われるので、円安はそのまま輸入品の高騰につながります。
また、中国の賃金も当初より上昇しているので、製品自体が高くなってきています。

こうして見ていくと、加工拠点が海外に移ったことで墓石価格が下がったわけですが、現在はその条件が変わったことで、また価格が少しずつ戻ってきている、という状況です。

「拠点が国内に戻るんじゃないか」という声もありますが(車の生産でもそういう話が出ていますね)、それでも日本の人件費や物価、電気代など、様々な事を考慮するとそのメリットは今のところ少ないと思います。

価格上昇の対策として私達ができること

「アベノミクス」は、企業の内部留保を給与に回して、物価の上昇と賃金の上昇を実現するというものですが、これにはタイムラグもあるため先に物価が上昇し、消費税増税もあり、家計にとっては厳しい状況を生んでいるのが実態かと思います。

ただ20年前と比べると、墓石の形やデザイン、施工の技術も同様に上昇しています。
石種もその頃と比べると、流通量が増え、選択肢は20倍以上は増えたことになります。


(↑スナダ石材 石種サンプルの一部)
そのため20年前くらいは「お墓を建てる時はいくらくらい必要なの?」というお客様からのご質問に対して、「いくらいくらです」と答えていたのが、今は「お客様の予算に応じて建てることができます」と答えることができ、選択肢が拡がってきているせいで、もともと高かった敷居も下がりつつあるように思います。

20年以上前のお墓の建て方は「お墓はこういう形で、この石で、これくらい必要になります」に対してお客様が「はい、わかりました」という一方的なものだったのが、現在は予算に応じて、形やデザイン、石種を考え、相談できる「双方向的」なものに変わってきています。

家計にとって物の値段は高いより安い方が良いに決まっていますが、物価は社会的な状況で変化してしまいます。
その時にお客様に提供できる価値も同様に高くしていくことが、私達の重要な役割なんだろうと考えています。

お墓作りの必要事項や手順が簡単に、分かり易くまとまっている小冊子「これからお墓をつくる方へ」を無料送付しています。
お申し込みはこちらから!⇒http://www.e-isiyasan.com/book/index.html

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

9月に入り、田畑も色づいてきましたね。 まだ残暑はきびしいですが、少しずつ秋のにおいを感じるようになってきました。さて、9月10日(土)の『とやま終活カフェ』...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【花と人とお墓】花は人を連想させ、人は花にたとえられる。
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。去年にこちらのお墓をご...

[ 施工例 ]

【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。台風による雨もおさまり...

[ 墓石に彫る文字のはなし ]

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。2014年に公開された大ヒ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

【ロック(岩石)好き集まれ!】「Stone(石)」がつくタイトルのロックンロールを集めてみた。

ハロー、エブリバディ!今日もこのコラムをのぞいてくれてサンキュー!ロックバンド風に挨拶をキメさせていた...

[ 石についてのエトセトラ ]

【一緒に学ぼう!】墓石業界用語集 「た」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。先日、100円ショップ...

[ 墓石業界用語辞書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ