コラム

 公開日: 2015-02-16  最終更新日: 2015-03-03

我が子のお墓はいつまでに建てなければいけないの?お子様の納骨について。

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザーの砂田嘉寿子です。

幼い我が子の一周忌を前に、お墓はないが納骨はどうすれば良い?

先日、お子様の一周忌を控えた方からこんなご相談をいただきました。
「分家なのでお墓はいずれ建てる予定だけれど、すぐには無理なので、親戚からも『お墓ができるまで本家のお墓に納骨しなさい』と言われているが、子供のお墓はいつまでに建てて納骨すれば良いのでしょうか?」
という内容でした。

幼いお子様を亡くされたということで、ご両親の心情は察するに余りあります。
またご両親もお若いため、お墓をすぐに用意するのは難しいということですが、もうすぐ一周忌になるので、お墓と御遺骨についてどのように考えていけばいいのか、というご相談です。
一周忌という節目を迎えるにあたって、新たにお気持ちの整理をされたいご様子でした。

本家のお墓に納骨しても良い?

お墓をいつまでに建てなければいけない、ということはありません。
ご親戚の方のお言葉にあったように、お墓がすぐに建たない場合は、ご本家のお墓に納骨されても問題ありません。
ご本家の方がご了承くだされば、全く問題はなく、また小さなお子様の場合だけでなく、世帯を持たずお一人でお亡くなりになった方が本家のお墓に納骨されることは、昔からよくあります。

そして、その後新しいお墓が建ってから、そちらに御遺骨を新たに納骨されるというケースも少なくありません。
その場合、どちらも納骨法要の儀式を執り行うことになると思うので、お寺さんにもご相談いただければと存じます。

お子様の納骨は、すぐにはされない場合が多いです。

一般的に、お子様を亡くされた場合、お墓のあるなしにかかわらず、四十九日に納骨をするというケースは少ないように見受けます。
お子様が小さかったら小さいほど、お骨をお手元に置いておく期間が長くなるようです。

一周忌ではまだ早い方で、三回忌、七回忌などの節目にようやく納骨となることもよくあります。ご両親、とくにお母様の方はずっと側に置いておきたいというお気持ちが強いようですが、周りが見かねて納骨をすすめて、納骨を決意されるというお話をよくお聞きします。

お子様のお墓のご建立・納骨に際しての心情は…

気持ちの整理がつかずに納骨できない、というご心情がある一方で、お骨が側にあるために気持ちに区切りがつかず辛い、というお声も聞きます。
家にお骨があると、気になって出かけることが出来ず、家の中から出られない。そのため、それを見ている家族や親戚が納骨をすすめる、という状況があるようです。

お墓に一人で納骨されているのは寂しいのじゃないだろうか…。
新しくお墓を建てる場合であれば、お墓を建てることそのものを躊躇してしまうお気持ちがあると思います。

息子さんを亡くされてお墓をご建立されたお母様のケースですが、仕事でその墓地に行くと必ずお見かけし、また新しいそのお墓にはいつもお花が供えてあります。
おそらくお墓参りはほとんど毎日のようにされているんじゃないでしょうか。一人ぼっちで寂しくないようにと…。

お子様ではありませんが、伴侶を亡くされた方が、お骨が側にない状態で暗い冬を過ごす自信がないとおっしゃり、納骨の日取りを春に変更されたこともありますから、その季節によっても心情というのはだいぶ違ってくるかもしれません。

そして、幼いお孫さんのお墓を建てることを決意したことで、心情が変化していったという方のお話をご紹介させていただきます。
孫がお墓に入ると決まったことで、「今度、自分がお墓に入る時は、一人じゃない。孫が待っていてくれると思うと、大変安堵し、生きる希望が湧いてきた」とその方はおっしゃっていました。

お墓に納骨されたことで、またいつか遠い日に必ず一緒にそこで過ごせるという思いが湧いてくる。
納骨を違う観点でとらえると、それは「悲しい気持ち」を「意思」へと変える儀式なのかもしれません。

お墓作りの必要事項や手順が簡単に、分かり易くまとまっている小冊子「これからお墓をつくる方へ」を無料送付しています。
お申し込みはこちらから!⇒https://ssl.form-mailer.jp/fms/3548ff93349697

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ほかの墓参者をも惹き寄せる「世界に一つだけの両家墓」

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

岡田浩子
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係
イメージ

先日、このようなお問い合わせをいただきました。「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意...

[ お墓に納骨 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

「魂」を科学したつもりなのに、なぜか文学的になった!
イメージ

唐突ですが、「死亡した瞬間、人の体重は21g減る」という話は聞いたことがありますか?21グラムと聞くと...

[ 珈琲タイムのプチ哲学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ