コラム

 公開日: 2015-04-23  最終更新日: 2016-10-03

散骨について私が思うこと

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー・砂田嘉寿子です。
ようやく春らしい気候になってきました!
週間天気予報が全て晴れマークになっているのを見ると、本当にうれしくなりますね^^

さて、タイトルの「散骨」についてです。
映画のシーンに出てきたりと、散骨というと何か特別な感じがしますよね。
私ももっと若かりし頃は、ある有名人が「私が死んだら、ハワイの海に散骨してほしい」と言っていたのを聞いて、すごくカッコイイなと思ってたものです。

私が海に散骨しないワケ

しかし、すぐに「私はないな」と思い直しました。なぜなら、私は「海が怖い」からです(笑)

私の実家は魚津の漁港近くで、子供の頃はよく漁港で友達と遊んでいました(今の時代はありえないかも…)。
低学年の頃、そこの赤灯台のふもとまで行き、波打ち際で小さな蟹を取ろうと遊んでいると、強い波がきてびっくりし、海に落ちてしまったことがあります><
その当時まだカナヅチで、水に顔をつけるのがやっとかっとという体たらくだったので、当然溺れました。
幸い、友達が近くで釣りをしていた方に助けを求めてくれて助かりましたが、もし近くに誰もいなかったら、今ここにはいなかったかもしれません。

プールの時間、水に顔をつける時も水中で目を開けられないくらいに水が怖かった当時の私ですが、溺れてる最中に「海の中を見たい!」という誘惑が頭をよぎり、勇気を振り絞って目を開けた海の中は、暗く静かな闇が広がる世界でした。
一瞬、「このまま死んでしまうのかな」と思いましたが、無事ことなきを得たという経験をした私にとって、「海に散骨」というのは死んでもやめてもらいたいことです^^;

また昔は、魚のアラを夜の漁港に捨てに行っていました。
魚の亡骸を自然に還す行為のようですが、海が汚れるとかで地元では禁止されていたので、夜にこっそり捨てに行っていました(笑)

海への散骨というと、実は私の中ではこのイメージが頭に浮かんでしまうのです…。

海は自然の恵みであり、脅威であるという思いが染みついている

そして、父親が漁師だったこともあり、海というのは一家を養う恵みの宝庫であるとともに、荒波が船を襲う脅威でもありました。漁師の中には命を落とした方もおられ、そういう自然の脅威にさらされているという面があったので、私にとっては海が最期の安寧の場にはなり得ません。

もちろん、実際の散骨は魚のアラを捨てるようにはしませんし、荒れ狂う日本海に散骨しに行くことはありません。
それでも、私の「海」に対する小さな頃からのイメージというのは、どんなに穏やかな海を見ていても、やはりその裏の「恐ろしさ」は消えることがないんですね。

海への散骨がポピュラーにならないのは?

でも、結構そういう方も多いんじゃないですかね。
人間はずっと昔から、海への憧れ以上に恐れを抱いてきたんじゃないかと思うんです。
もし逆であったなら、海への散骨というのは墓以上にずっと昔からポピュラーな方法になっていたはずだと思うのですが、何かそれに対して抵抗感を持つ人の方が多かったんだと思います。

また富山に関して言えば、昔から水害が多い地でありました。
流れの早い急な河川も多く、海じゃなくても「水」の威力、恐さを昔の人は身にしみて感じていました。

現在はあまりそういったことに不安を覚えることはないかもしれませんが、人間の本能の部分に「水」のありがたさと恐ろしさが組み込まれていて、それが亡骸を「水」からは避けようと守るようになっていったと考える方が、より自然な気がします。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

実は「色彩」を持つお墓と埋葬。社会が「グラデーション化」するワケ
イメージ

先日ご依頼があり、お墓のプチ講座を自店で開催いたしました。そのご依頼をいただいたのは、富山で活躍されてい...

[ 終活 ]

年賀状の衰退にビビる郵便局と同じ構図を石材業界に見た!
イメージ

私たちも含め、葬祭業界ではとうぜん「先祖と供養」が普遍的なテーマとしてあると思います。葬儀社さんはとも...

[ 石屋さんについて ]

76歳。自分のためにお墓を建てる!富山県射水市・大島墓地
イメージ

どなたもお亡くなりになっておらず、家にお墓がいない。いわゆる「分家」の主であるTさまが、生前にお墓を建てる...

[ 施工例 ]

~小さな外柵があるお墓~富山県高岡市二上霊園での墓石施工例
イメージ

今日は富山県高岡市の市営霊園「二上霊園」での和洋型墓石の施工例をご紹介します。ご主人のためのお墓を建て...

[ 施工例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ