コラム

 公開日: 2015-06-26  最終更新日: 2015-07-02

仕様(スペック)を強調する石材店の営業は、技術を知らない場合が多い。

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。

お客様から聞いたお話。これは、アリ?ナシ?

あるお店で墓石の鏡面を別の角度から見た時に、そこがボコボコだったことに気付いたお客様が、そちらの営業マンにこれはどうしてなのかと尋ねました。
するとその営業はこう答えたそうです。
「これはしょうがないですね」

これは全く技術を知らない者の言葉です。
研磨してある石の表面がデコボコなのは、磨く前の下地の段階の問題です。
下地の段階でこうしてサシガネを使いながら、平らになるよう石を研磨しますが、ここの段階でデコボコになっているのをいくら上から研磨しても、それはデコボコにしか仕上がりません。ちなみにデコボコしていて、おうとつがある方が研磨に強弱がかかってツヤはキレイに出ます。
サシガネで水平をとる
画像は、スナダ石材の展示品です。
アールになっている箇所にサシガネをあててみましたが、どこの箇所もまったく隙間がなく、さすがの一品です(笑)

ちなみに研磨をするのは手作業です。
研磨は何段階も刃を替えて行いますが、最初の段階で水平になっていないものは最後までボコボコしています。

今はほとんどの墓石が中国からの製品輸入になりますが、中国の工場も色々で職人が未熟なところは存在します。
そういう所からの製品を見極める目があるかないかは、売り手側にかかっています。
その売り手側が「これはしょうがない」と言いきったことで、何も知らないただの営業マンだったことが判明しました。

それもそのはず。そこは石材専門店ではない、異業種がお墓を売っています。
そこにいる営業マンは石やそれに関する技術のことは何も知るはずがなく、ただ安いとか、自社の製品の特徴を話すだけなんですよね。

「スペック」を売ろうとする石材店は要注意!!

技術を知らない営業マンに限って、仕様(スペック)を強調するふしがあるのではないかと思います。
ある営業マンが「墓石のここに注目すべき」という情報をお客様に与えたとします。
たとえば一つ例をあげるとすると、富山県のお墓の場合で言えば、納骨堂の扉部分の軸について。

ある営業マンが、「うちの扉の軸は石で出来ています」と言ったとします。
それは他店の墓石では軸が石でなくピンになっているので、そことの差別化を図るために言うのだと思います。

そうするとその情報を聞いたお客様は、「扉の軸は石でなければいけない」という固定観念が定着して、どこの石材店に行ってもそこを気にするようになります。

ちなみに軸が石かピン(金具)かの違いは、ピンの方が扉が軽く開きやすく、石の方が開けづらいという違いと、材質の問題で石の方がしっかりしているということになるかと思います。

ただここの扉部分は家の扉とは違い、開閉は一般的には納骨時だけです。
そして納骨というのは普通、何十年に一度くらいの頻度です。
ですので、本来はここはそれほどこだわるべきポイントではないのですが、一度「お墓の仕様はこうあるべき」という考えが、どこかのお店で刷り込まれると、必要か必要でないかという判断ではなく、そうでなければいけないんだ、と洗脳されてしまっている場合があります。

お墓は家ではない!仕様より技術に着目しよう

自分達が生活する家だったり、運転する車だったりする場合は、仕様はライフスタイルに影響しますので、とことんこだわるべきポイントになるかと思います。
しかしことお墓に関しては、そこは眠る場所であるので、細かい仕様はそれほど大きな意味を持ちません。

お墓の細かい部分は人間の手作業で作られていきます。
そのため仕様よりもその技術力を見るべきだと思います。

形が複雑になればなるほどそこに技術の差が現れます。
中々そういったことを確認するのは難しいかもしれませんが、心を打つ墓石というのは細かいところを見なくても、技術が素晴らしいのが一目瞭然です。

細かい仕様でお墓を見だすと、逆に石材店の情報に振り回されてしまう場合が多々あります。
香炉や花立てなど、よく使う付属品の仕様にはこだわると良いかもしれませんが、お墓本体の仕様に特徴があっても、それは必ずしも良いお墓であるとは限りません。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

実は「色彩」を持つお墓と埋葬。社会が「グラデーション化」するワケ
イメージ

先日ご依頼があり、お墓のプチ講座を自店で開催いたしました。そのご依頼をいただいたのは、富山で活躍されてい...

[ 終活 ]

年賀状の衰退にビビる郵便局と同じ構図を石材業界に見た!
イメージ

私たちも含め、葬祭業界ではとうぜん「先祖と供養」が普遍的なテーマとしてあると思います。葬儀社さんはとも...

[ 石屋さんについて ]

76歳。自分のためにお墓を建てる!富山県射水市・大島墓地
イメージ

どなたもお亡くなりになっておらず、家にお墓がいない。いわゆる「分家」の主であるTさまが、生前にお墓を建てる...

[ 施工例 ]

~小さな外柵があるお墓~富山県高岡市二上霊園での墓石施工例
イメージ

今日は富山県高岡市の市営霊園「二上霊園」での和洋型墓石の施工例をご紹介します。ご主人のためのお墓を建て...

[ 施工例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ