コラム

2015-07-16

お墓の納骨堂がお骨壺でいっぱいになったらどうすればいいの?

週末は台風の影響で天気が大荒れしそうですが、今日は嵐の前の静けさでしょうか。
いつもよりも過ごしやすいですね^^
こんにちは。
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。

先日いただいたご質問で、新しく墓石を建てる方からもよく聞かれるのがこの質問です。

お墓には骨壺はいくつ入りますか?もし、いっぱいになったら?

富山のお墓の特徴として、お骨は骨壺に入ったまま納骨します。
その骨壺も、火葬後のお骨をほぼすべて入れるので、大きさは9寸サイズ(約30cm)とそれなりの大きさのものになります。

そのお骨壺が約9個は入るくらいの納骨堂のお墓が、富山の基本的なお墓のサイズです。(スナダ石材の場合)
最近では家族の形態が小さくなっているので、納骨堂部分のサイズを小さくしているお墓も増えてきていますが、スナダ石材で建てた比較的小さなお墓でも、5個は納骨できる大きさになっています。

先祖代々のお墓になると、たしかに納骨堂の中にお骨壺が溢れかえることになります。
また、古い骨壺の中には破損するのもでてきます。

そうすると、「私達の入るスペースがない!」と、ふと気付くわけですね。

50回忌を過ぎたお骨は土に還してもよい

その家が絶えずにずっと続いて、お墓の継承者が代々替わっていくと、おそらく先祖のどなたかのお骨が50回忌を過ぎているはずです。
その50回忌を過ぎたご先祖様のお骨は、土に還して差し上げるという形にしていくと、納骨堂の中はつねに一定のスペースがある状態になります。

お墓を建てる時には必ず土に還す「息抜き」の部分を残しています。ここの部分には砂や土が敷いてあるので、こちらにお骨壺からお骨を出して還します。(お墓の形式によっては骨壺(素焼き)のまま還します)
納骨堂部分の息抜き

ご先祖様がいつ亡くなったかが分からない場合のために

ただ代々お墓を継承していく中で、どなたが50回忌を過ぎているかというのが分からなくなってしまうこともあります。
基本的にはお骨壺それぞれに、亡くなった日と法名(戒名)などが書いてあるのですが、古くなって見えなくなっているものも多いです。
そういうことにならないために、「墓誌」をお墓につけておくと、どなたがいつ亡くなって、お墓で眠っているかが継承者が変わっても一目瞭然になります。
スナダ石材 墓誌
墓誌は、どなたかが亡くなると必ず追加彫刻をしなくては意味がありません。
ただ最近では、家族規模が小さくなってきたことで、墓誌を残す人は少ない傾向にあります。

どうしてもご家族だけで分からない場合は、菩提寺のご住職にお聞きすれば過去帳をさかのぼって見ていただけます。

お骨を整理する必要のあるお墓とないお墓がある

ここまで、お骨壺でいっぱいになったお墓の納骨堂の整理の仕方の基本を書いてきました。
ただこの疑問は、富山県ならではのお墓の特徴をよく表しています。

地方によっては、納骨時にお骨壺からお骨を取り出して納骨するので、そもそも納骨堂がお骨壺でいっぱいにならないお墓もたくさんあります。
また火葬場での骨上げも全て行わず、お骨を半分以上残す地方もありますが、富山は全てのお骨を拾うので骨壺のサイズも全国に比べて大きいサイズを使用しています。

そういったことからも、お墓の納骨堂がお骨壺でいっぱいになるので整理しないといけないということは、全国的な共通認識とはなっていません。
また、家が代々続いているからこそ起こる問題でもあり、家が数代で絶える場合も決して少なくないので、この問題に対処しなければいけない方ばかりとは限りません。
お墓というのは、家や地方によってもかなり違いが大きくでてしまうからこそ、悩みも様々になるんでしょうね。

お骨の整理のご依頼は、スナダ石材でも受け付けています。
お問い合わせはこちらまで!

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

9月に入り、田畑も色づいてきましたね。 まだ残暑はきびしいですが、少しずつ秋のにおいを感じるようになってきました。さて、9月10日(土)の『とやま終活カフェ』...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

建て替えるまでもないけれど、お墓をリフォームしてよみがえらせたい

「昔からの知人のおうちのお墓が建ったというので、近くの墓...

宮崎様 富山県射水市
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【花と人とお墓】花は人を連想させ、人は花にたとえられる。
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。去年にこちらのお墓をご...

[ 施工例 ]

【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。台風による雨もおさまり...

[ 墓石に彫る文字のはなし ]

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。2014年に公開された大ヒ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

【ロック(岩石)好き集まれ!】「Stone(石)」がつくタイトルのロックンロールを集めてみた。

ハロー、エブリバディ!今日もこのコラムをのぞいてくれてサンキュー!ロックバンド風に挨拶をキメさせていた...

[ 石についてのエトセトラ ]

【一緒に学ぼう!】墓石業界用語集 「た」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。先日、100円ショップ...

[ 墓石業界用語辞書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ