コラム

2015-09-11

お墓にあって行政運営の納骨堂にないもの。それは「偲ぶ場としての求引力」。

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。

できた時からずっと気になりながらも、まだ中の様子をしっかりと見た事がなかった「富山市納骨堂」を先日見学してきました。
こちらは富山市営、要するに行政が取り仕切る「納骨堂」です。
「納骨堂」と言うと、お墓を建てない方の他の選択肢という感覚をこれまで持っていましたが、お墓と納骨堂は「似て非なるもの」というのが、実際に見学しての率直な感想です。

では一体どこがどう違うのでしょうか。

納骨堂はあくまで「個人」を供養する。

富山市納骨堂の場合、使用形態が区分されていますが、代表的な流れを順に説明していきます。
まずは、
(1)6年間は一つのお骨に対して一つの参拝壇が使用でき、そこにお骨が入っているお骨壺を収蔵します。
木目調の扉が付いた上下2段のロッカーのような形態で、上の扉部分は仏壇のような金色の簡易的な祭壇になっていて、ここに仏具を設置したり、故人の遺影を置いたりと、6年間は自由に使っていいとのことです。

下段は二段に分かれていて、上の方は鍵付きの扉があり、そこにお骨壺を収蔵します。
鍵はセキュリティ上の問題から、管理事務所で管理しているので、勝手にそこの扉を開けることはできません。
下は、物置のためのスペースになっています。
           ↓↓
(1')6年経過後、間接参拝壇に移動となります。
お骨は、今度はコインロッカーのような小さな参拝壇に移動します。ここから合葬となり、参拝ホールでの参拝となります。
参拝ホールは、(1)の直接参拝壇の部屋に囲まれるカタチで中央に位置しています。
光の入る明るい空間で、壁側にガラスモニュメントがあり、その手前にお花などを供える供養台が用意されています。
ちなみに室内ということで、(1)の直接参拝壇も(1')の参拝ホールも、ロウソクやお線香など火を使う物の使用は禁じられています。
お骨の収蔵してある間接参拝室は、参拝ホールの壁を挟んで裏側にあるということですが、そこへの出入りはできません。
           ↓↓
(2)上の(1')から4年経過後、合葬式収蔵施設へ納骨します。
これは地下にあるのですが、ここに納骨されると永年収蔵となり、お骨を取りだすことは不可となります。
こちらへ納骨になった場合も、参拝の場は参拝ホールになります。

亡き人を直接偲ぶ場合、それは「6年間」だけとなり、6年後は永年、参拝ホールでの参拝になります。
価格は、火葬後すぐに合葬式収蔵施設(地下)に納骨となる場合が一番安くて、64,800円。
上記のように、(1)直接参拝壇から(1')間接参拝壇、(2)地下の合葬式収蔵施設へと段階的に納骨場所を移す場合は、この中では一番お高い、203,040円。
(1)から(2)、(1')から(2)へとすることも可能で、その場合の価格もそれぞれ設定されています。

お墓は「家族」を偲ぶ「約束の場」

先日、NHKの「72時間ドキュメント」で、関東最大級の霊園でお盆のお墓参りに来られた方達の様々なドラマが映し出されていました。

亡きご主人が倒れたのは愛人の家。それまでずっと家に帰ってこない夫に代わり、家庭と子供を育て上げた奥様。
お盆の日、そのご主人が眠るお墓には、孫を含めて総勢十名以上の家族がこの墓地に一斉に集まります。
お盆のお墓参りは、それぞれに家庭を持った家族が集合する「約束の場」となっていました。たとえ家庭を顧みなかった父親のお墓でも、それぞれの家族の結束は強いものがあったのでしょう。
ほぼ女手一人で子供を育て上げた母の掛け声で、墓地に集まり、そしてまた手を振る家族達。

また大切なご主人を亡くされて一人残った奥様。
何とか悲しみを乗り越えたけれども、ご主人の思い出話をしながら涙がつたいます。
「私が死んだら、主人のお骨と自分のお骨を一つの骨壺に混ぜて一体となるの。それが私の望み…」
カメラが去った後もずっとお墓を前に、ご主人と会話をされていました。

納骨堂では直接参拝の年数は限られていて、故人との会話、そして家族達が集まる場として、合同の参拝ホールにお墓のような濃密さを求めることは不可能であるように思います。
「場」があることで「人」は「集う」という側面があり、それは現代の気忙しい家族であればこそ、お墓というのはそこで重要な役割を果たしているように思いました。

お墓はお参りする「場」、納骨堂は「お骨」を収蔵する場所

「墓を守る人がいなくなる」
おひとり様やお子様がいない方など、将来的に墓を守っていく家族がいなくなる場合には、こういう行政の納骨堂のシステムは何の不備もなく、また価格面でも安心できるものとなっています。

ただ中には、お墓を建てるまで、墓地が見つかるまでの一時的な納骨場所として使用している方もいらっしゃるようです。
まだお墓を持っていない方がお墓が建てられない場合の最終手段として、納骨堂を考えているということもあるようです。

お墓、そして墓石というのは、昔の人が信仰心をカタチに表すために彫った仏像のような特性があるのではないでしょうか。
祈りをカタチにしていく作業が、「お墓を作る」「お墓を建てる」ということに繋がるのですが、納骨堂は作られた目的が「お骨を収蔵する場所」となっています。
この富山市の納骨堂も、「富山市の人口100年分を網羅する」という目的に沿っていて、そこにお墓が持つ「慰霊の場」という部分はあまり重要視されていませんでした。

納骨堂とお墓の違い

そんなことを考えていたら、ちょうど日本石材工業新聞にも同じような内容の記事が載っていました。
見学をし終わって感じた「ここは『場所』ではあるけれど、『場』ではない」という感覚。
このように感じているのは、私だけではないようです。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

9月に入り、田畑も色づいてきましたね。 まだ残暑はきびしいですが、少しずつ秋のにおいを感じるようになってきました。さて、9月10日(土)の『とやま終活カフェ』...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
隣に新しい墓が建った!40年以上経ったお墓のクリーニング&プチリフォーム
イメージ

とつぜんですが、「席替え」の日って、ドキドキしませんでしたか?席替えで隣の人が変わったときは、それだけで...

[ 墓石クリーニング リフォーム 施行例 ]

【花と人とお墓】花は人を連想させ、人は花にたとえられる。
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。去年にこちらのお墓をご...

[ 施工例 ]

【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。台風による雨もおさまり...

[ 墓石に彫る文字のはなし ]

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。2014年に公開された大ヒ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

【ロック(岩石)好き集まれ!】「Stone(石)」がつくタイトルのロックンロールを集めてみた。

ハロー、エブリバディ!今日もこのコラムをのぞいてくれてサンキュー!ロックバンド風に挨拶をキメさせていた...

[ 石についてのエトセトラ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ