コラム

2015-09-14

お墓と保険はどちらも「家族へ残すもの」

こんにちは。
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。

いつも9月ならまだ残暑を感じる時季ですが、今年は涼しいです。
涼しいだけなら良いのですが、雨の日も多く、北関東では記録的豪雨と水害に見舞われた方がおられ、本当に心が痛みます。富山にいるとそういった自然災害を感じることは少ないのですが、こうして何事もなく過ごしていられることが奇跡だと、あらためて感じ入るしだいであります。

保険をちょっと見なおしてみて分かったのは…

さて、先日ふと加入している保険が気になったので、チェックしてみました。
それは子供名義の保険で、いわゆる学資保険の代わりに加入したんだろうと思い計算していくと、同じ額を進学時まで貯金した方がお金が貯まる計算になりました。
「あれ?何でこんなのに入ってしまったのだろう」
そして契約内容によれば、今解約すると10万円くらい戻る計算になります。
「あ、これは今までかけて戻らない分はサンクコスト(回収できないお金)と割り切って、これからの事を考えて解約しよう♪」と思い立ち、電話を取ろうとしましたが、ちょっとその前にもう少しその内容を詳しく見てみることにしました。

すると、子供が25~30歳頃までかけ続けた時点で解約すると、急に返戻金の率が上がっていることに気付いたのです。
そこからは年々利率が上がり、60歳頃まで保険料を払い続けてしばらく放っておくと、払った保険料に対し戻ってくる解約金は、かなり膨れ上がることになっていました。
「あっ!」
そこで思いだしたのです。この保険に入った時に聞いた話を。
いつの間にやら学資保険の代わりだと思い込んでいたこの保険ですが、支払う保険料自体は安いので、実際は子供の年金の代わりになれば、と思って加入したのでした。

もちろん損しない程度の年齢で結婚費用として渡しても良いのですが、この先の国の年金システムが変わっていくことを考えれば、老後の資金は重大問題です。
遺産を遺すことはまずあり得ないので(笑)、せめて子供にこの保険を残してやることが出来れば、親としても本当に嬉しいと気付き、解約するつもりで取った電話を下ろしました。

「家族」は何だかんだ言っても一番長く「関係」が続くもの

今は時代の変化がすさまじく、色んな事が今まで経験したことのない早さで変わっていっているのを実感することが多くなりました。
保険だって保険会社がどうなるのかということは分かりません。そういう意味ではリスクはありますが、将来というのは誰にも分からないため、多少のリスクはつきものです。

でもおそらく「家族の関係」というのは、平均で50年間くらいは続いていくはずです。
そして保険は、その長く続く「家族を守るため」に存在しています。

さて今の世の中に、国など大きな規模以外のもので50年続くものを挙げることは出来ますか?

起業しても2~3年でつぶれる会社がほとんどで、10年続けば優秀だと言われましたが、そのスピードはこれからも加速していきそうです。また、老舗と呼ばれる会社も生き残りが難しくなってきて、社会全体で新陳代謝が活発になってきています。

個人レベルでも人間関係というのは居場所が変われば自然と変わっていくものですが、こと「家族」というのはたとえ国外に居ても「家族」であり、そのメンバーが亡くなれば、その後のことは家族の者が取り仕切っていくことになります。

お墓を残してくれたお父さんへして上げられること

生前にお墓を建てたある施主様のお話。
その5年後くらいにご主人がお亡くなりになり、ご自分が眠るお墓を作ってから逝ってしまわれたので、残された奥様はご葬儀の後もお墓を建てることに翻弄せずに、落ち着いて納骨できたとのこと。

納骨後は毎日お墓参りをされ、三回忌を前に一度お墓のクリーニングをしたいとお電話いただきました。
「お墓のことは何の心配もしなくて良かったから、今度は私がしてあげたい」

生前にお墓を建てた後、お墓の開眼供養をしたときに、
「ここに自分がいつか入るのかと思うと、安堵感からか涙がこみ上げた」と言われた奥様。
先にご主人が入ることになりましたが、お墓をキレイにしたいという想いは、故人への感謝であり、亡き後でもお墓を通して、その想いを伝えることができるのかもしれません。

今後のお墓と墓地の展望

最近では家族構成が変化し、墓を維持していく人が減るという問題が大きく取り上げられるようになってきました。
そのときに墓地側が、「永代使用権」でなく、期間を定めた契約にするという考えが出てくるようになりました。

その時の目安として、「50年」という一つの単位が出ています。

結婚して家族となって50年。その後に子供が結婚し、また家族がつながり、そんな遠くに行かなければ、100年続くかもしれません。
そして100年続いているお墓を守っている人達もおられます。

残していく人と残される人。
それが続く限り家族に終わりはなく、先祖代々という「家制度」はすでにありませんが、親子関係だけをとっても50年間は続く強固な関係。

家族崩壊という言葉も見聞きしますが、実際は人の寿命が伸びた分、家族一単位の関係も少しずつ伸びている。
これはまぎれもない事実のはずです。

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

9月に入り、田畑も色づいてきましたね。 まだ残暑はきびしいですが、少しずつ秋のにおいを感じるようになってきました。さて、9月10日(土)の『とやま終活カフェ』...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

思ったとおりのお墓に出来上がりとても満足しています。

お墓の価格・デザイン・石の種類等、全て分からず、一生に一...

砂原
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。台風による雨もおさまり...

[ 墓石に彫る文字のはなし ]

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。2014年に公開された大ヒ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

【ロック(岩石)好き集まれ!】「Stone(石)」がつくタイトルのロックンロールを集めてみた。

ハロー、エブリバディ!今日もこのコラムをのぞいてくれてサンキュー!ロックバンド風に挨拶をキメさせていた...

[ 石についてのエトセトラ ]

【一緒に学ぼう!】墓石業界用語集 「た」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。先日、100円ショップ...

[ 墓石業界用語辞書 ]

【古くて新しい!】五輪エンブレムと家紋に秘められた祈りと美のカタチ
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。栄光をおさめたリオオ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ