コラム

 公開日: 2015-09-15  最終更新日: 2016-10-26

「墓じまい」 富山の場合

こんばんは。
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。

先日、以前取材いただいた北日本新聞社のS様からお電話がありました。
「砂田さん、ちょっとお聞きしたいんですが、最近今あるお墓を片付けるお仕事ってありますか?」
「あぁ、墓じまいですか?ありますよ。今月もその仕事しましたよ~」と答えると、「今から行くので、それについてお話聞かせていただけませんか?」ということになり、ちょこっとお話をさせていただいたものが今日の新聞に掲載されていました。

「改装」から「墓じまい」へ

「墓じまい」
この記事の大阪のケースはいわゆる「改葬」になります。
「改葬=お墓の引越し」のためにお墓を解体する仕事は、毎年多くはなくても必ずご依頼があります。

改葬も墓じまいも、富山にあるお墓を解体して更地に戻すという点では同じなのですが、お骨の行き先が新しい家のお墓でなく永代供養墓になるというケースは、たしかに今までは少ない事例でした。

実際にこうした墓じまいの事例はまだそんなに多くはないのですが、「相談したい」という問い合わせは増えたと実感しています。
相談の段階では、新聞のとおり女性からのご相談になり、お骨の行き先がお墓なり永代供養墓なりとすでに家族・親戚間で話し合いが済んでいる場合は、女性とは限らず、男性からのお問い合わせやご依頼が多いです。

なぜ「墓じまい」をするのか

「墓じまい」を考えるご家族の例として、子供が富山に居ないので墓の継承者がいない、という場合になるのですが、富山に子供がいてもいずれ家が絶え、墓が絶えていくかもしれない、という心配や不安の声もお聞きします。

お墓、そして墓地というのは、もともと「死者の世界」なので、たとえ墓を継承する人がいなくなって墓が朽ちたとしても、本来は何の問題もありませんが、墓地の管理者側としては、墓地に建つお墓が管理者のいない無縁墓だらけになることは、経営上でも景観上でも確かに問題になってきます。

そのため最近できている墓地にはほとんど永代供養墓なり納骨堂なりが併設され、いずれ墓の継承者が居なくなった場合は、改葬令に基づき、その墓を解体して、お骨はその墓地の永代供養墓や納骨堂へ合葬という流れが敷かれているはずなので、誰もお参りにこない寂しい朽ちた墓になる可能性は、少ないと考えられます。
墓地を求める際にはその点を確認しておけば、安心してお墓を建てられることになるのではないでしょうか。

ただ村墓地や町内の共同墓地に関しては、家でお墓を管理していくことが前提となっているので、墓の承継者が不在になると自然と無縁の墓となり、墓掃除する人もいなくなるので、そういうお墓を目にすることでより「墓じまい」という言葉に敏感になる、ということがあるようです。

「お墓を承継する人がいない=無縁」となり、無縁となること恐れることで「墓じまい」を考える。
富山の場合では、将来的にこの村墓地や共同墓地が、「墓じまい」を考えていく必要が生じる可能性がありそうです。
ただ村墓地というのは、たいてい近くに親戚や一族のお墓が近くに同じ墓地内に建っている場合が多いので、家族が居なくなっても親戚は代々続くということもあります。
管理費などはかからない場合も多いので、親戚にお墓を託して、最終的にご親戚の方が一族のお墓としてまとめて残すという事例もあります。
「墓じまい」をしなければいけない、というよりは「どうしていく方法があるのか」という視点を持って「終う」ことを考えるのが、結局一番大事なのではないかと思うこの頃です。

「墓じまい」についてのご相談はこちらへ

◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お墓の経済学】お墓を大切にしたい気持ちは「行動経済学」で説明できる!
イメージ

10月といえば「〇〇の秋」。そして、毎年10月に発表される「ノーベル賞」の秋でもあります。今年のノーベ...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係
イメージ

先日、このようなお問い合わせをいただきました。「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意...

[ お墓に納骨 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ