コラム

 公開日: 2015-10-14  最終更新日: 2016-10-26

改葬のための富山の墓じまい。

こんばんは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。

このコラム、手先に冷えを感じながらキーボードで打っていますが、そんなに富山の晩は冷えてきたのでしょうか?
それとも体質が変わって冷え性になっただけ?
もうすぐ誕生日なので、一つ年を重ねることもきっと関係してるんでしょうね。。

改葬と墓じまい。富山という地方ならではの現象か?

最近、富山出身で都会へ引っ越された方や嫁いだ方からの、富山にあるお墓の解体とお骨の改葬のご依頼が多くなった気がしています。
都市部では墓地不足が叫ばれ、墓石ではなく樹木葬などの合葬形式の行政の墓地が増えていることが問題視されるなどしていますが、ここ富山ではすでに墓地がダブついています。

墓地のなかでも市営墓地への申込みは多いのですが、抽選待ちという方も多く、逆に民営墓地の方は空きが目立ち始めています。
そんななかでの「墓じまい」と「改葬」のご依頼の増加は、地方である富山を表していると言えそうです。

富山にあるお墓を守り続けて…

尼崎にお住まいのM様は、富山から尼崎に引越してから何十年もの間、お墓参りのために富山に来られていました。
今後はお歳を考えて、今お住まいの所でお墓を建てることにして、富山の墓をしまうことを決められました。

解体するところをご覧になりたいと言われ、最後まで工事風景を見守り、写真にその様子をおさめられ更地になった墓所を確認したM様は、
「これで富山に来る理由がなくなったな…」と最後にボソッとおっしゃっていました。

富山の古いお墓

たしかに、尼崎からここ富山の地に呼び寄せたのが、このお墓だったわけですね。
真ん中にある家墓の後ろには、一族のそれぞれの古い個人墓が並んでいました。
実はこのように古いお墓の解体をご依頼いただく方は、古いお墓の写真や工事風景を写真に納められる方も多いんですよね。
お墓が長い年月、家族の象徴であり、そして命の繋がりの象徴であり、ふるさとに向かう目的であったことに、今この写真を見ながらも心を打たれます。

「墓じまい」の背景にも、それぞれの物語がある

メディアで「墓じまい」が、「お墓はいらない」といった流れで紹介されることがありますが、これまで、そして今現在私どもがお伺いしている「墓じまい」では、ほぼ例外なくそれまではそのお墓をご家族で大事に守られていて、だからこそそのお墓をどうしようかと悩まれているというお話で、簡単に終うというイメージでは全くなく、ほんとうに千差万別です。
お墓を建てるまではもちろん、お墓をしまうことにも同じようにそれぞれの家族のストーリーがあるということをヒシヒシと感じています。

ふるさとにお墓があることで「墓じまい」そして「改葬」といったことを、世代を超えてみんなで考え話し合わないといけない方はこれからも増えるのでしょう。
それはたしかにめんどうなことかもしれません。
でも家族間の単位が小さくなり、そういった意味では世代を超えたつながりはどんどん希薄になっていきます。
お墓があることで、また家族が話し合う場が設けられるといった側面もあるのではないでしょうか。

お墓を建てること終うこと、どちらにおいてもお墓は「家族のコミュニケーション」を促し必要とする存在です。
そして、「それぞれがどう生きていくのか?」を考え、尊重しあうキッカケにもなるのかもしれませんね。


「墓じまい」についてのご相談はこちらへ


◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
S様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

お墓より記憶に残せるものがあるとすれば、それは「言葉」かもしれない
イメージ

本日8月15日は、「終戦の日」。日本人にとって特別な日といえます。終戦から70年以上が経ち、じっさいの戦争を知...

[ 墓じまい お墓の引っ越し(改葬) ]

【世にも不思議な話】亡き人は〇〇になってあなたの前に現れる!?
イメージ

お盆に入りました!これからお墓参りに行かれる方も、もう行ってきたよという方にも、今日はちょっと不思議で、...

[ 珈琲タイムのプチ哲学 ]

墓誌に戒名が刻まれていなくても良い?悪い?
イメージ

マイベストプロのコラムを読んだ方からのご質問がありましたので、こちらでもご紹介しておきます。ご質問...

[ 墓石について、よくある質問 ]

【リアル日本人】若者ほど墓参りに行きたがる!?その理由を探ってみた!
イメージ

コンビニにも仏花がならぶようになり、お盆ムードがじわじわ加速してきている今日この頃。よい子のみんなは、夏...

[ お墓参りの効能 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ