コラム

 公開日: 2015-10-19  最終更新日: 2016-10-26

お墓の改葬。お骨の持ち運びはどうする?

子供が次々に風邪を引きだして、何となく自分も怪しい感じがしていきている、
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。
朝晩冷えてくるこの時期は、今まで以上に体調管理に気を配りたいものですね。

改葬でお骨壺が多い場合は「送骨」で

先日アップした、尼崎のお客様の改葬の仕事。
お骨が納められているお骨壺も、無事に新しくお墓を建てる石材店さんの元へ送らせていただきました。

「え?お骨を送る!?」

はい、そうです。
県をまたいで改葬する際、そしてお骨壺がたくさんある場合は「ゆうパック」で配送しています。

送骨

ちょうど納まる段ボールがなく、大きな段ボールはこのクロネコのマークが入ったものしかありませんでしたが、日本郵便さんはそこには何も触れずにお持ちくださいました^^;
底が破れないよう厚紙を敷き、隙間を作らないようにして送りました。

これはネットニュースでも「送骨」として取り上げられたことがあります。
うちも今回が初めてではなく、東京都の方が改葬するときもお骨がたくさんあっため、「ゆうパック」で送らせていただいたことがあります。

お骨壺が一つであればご自分でお持ちになられますが、お墓が古ければ古いほど先祖代々のお骨があるので、新幹線などで来られている場合はお持ち運びされるのが難しくなり、「送骨」となります。

改葬や墓じまいは、やはり古くなったお墓が対象になってきますので、お骨がたくさんあるケースがどうしても多くなりますからね。

そういえば転勤族の方が、ご両親が亡くなってもいつ転勤となるか分からないので転勤先でお墓を建てるわけにもいかず、転勤するたびにご両親のお骨とともに引っ越していたという方がいらっしゃいました。
その方は、最終的に奥様の実家の親の介護で富山に引越してきて、富山でお墓を建てられました。

古いお墓の写真を記念として。


古墓のスクラップブッキング

そして解体前のお墓の写真をプリントし、スクラップブッキングをして請求書と一緒にご送付させていただきます。
お客様ご自身でもたくさん写真を撮られていて、その写真を撮る姿に「何かできることはないか」と思い付いたのがこちらでした。

今までは納骨法要の時の写真をスクラップブッキングでお渡ししていましたが、解体された古いお墓こそ写真として残す必要があるのかもしれません。
少しずつ増えている改葬と富山の墓じまいという仕事を通して気付いたことの一つです。

富山のお墓の「改葬・墓じまい」についてのご相談はこちらへ

◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

古風なデザインのお墓はイヤ。気に入ったデザインのお墓を建てたい!

東京都にお住まいのHさまより、ご実家の魚津市でご建立いただ...

Hさま
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お墓の経済学】お墓を大切にしたい気持ちは「行動経済学」で説明できる!
イメージ

10月といえば「〇〇の秋」。そして、毎年10月に発表される「ノーベル賞」の秋でもあります。今年のノーベ...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係
イメージ

先日、このようなお問い合わせをいただきました。「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意...

[ お墓に納骨 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ