コラム

 公開日: 2015-11-26  最終更新日: 2017-05-24

【どこまで気にする?】中国産の石と日本産の石の違い

こんにちは。
富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。
会社もエアコンでは寒くなり、ついにストーブに点火いたしました!

石にも年輪がある!?

この前、面白い記事を見つけました。
日本の石は6000万歳? 石の年齢と性質の関係は?
日本産の石と中国産の石は、どこがどう違うのかについて触れてあります。

中国大陸で採れる石は、1億数千万年前にできたものが多く、日本で採れる石は約6000万年前のものが多いとか。
中国産の石の方が古く、日本の石の方が若いというわけですね。

インターロック㈱より

新しい石の方が密度が緻密で耐久性が高くなるので、その点では国産材の方が中国材と比べると品質も高いいと言えます。
何か、若い頃の肌と今現在の肌の比較をされてる気分になりますね…(笑)

石だけじゃない。漆にも中国産と日本産の違いがある!

以前NHKの「所さん!大変ですよ」で、中国産漆と日本産漆の成分の違いというのが出ていました。
両方とも同じ漆の木から取れるのですが、中国のものと日本のものでは若干、主成分量が違うそうです。
その差、約7%!
数パーセントの差で、漆が保護している重要文化財などの劣化の進行速度が進んでいる可能性があるという内容でした。

ただ、中国産漆が粗悪品だというわけではないようです。(いや、中には当然粗悪品もあるとは思いますが…)
東南アジアの中では中国産漆は上質なので、国産漆の生産が減少するなか、中国産漆を使うことは次善策とされてきた背景があります。

そして、中国産漆が良くないなら国産漆の生産力を上げれば良いではないかという単純な話でもないようです…。
国産漆ですべてまかなうとすると、年間2トン、人員も追加で20人は必要で、年収もそれほど多いわけではないので跡継ぎはどんどん減少しています。
そのため、国産漆の生産力を上げるには、携わる人達の収入の保証などが必要になってくるので、簡単にはいかないようです。

国産と外国産、どちらにもメリットと注意点が混在する

漆と言えば「輪島塗」の食器も有名ですが、輪島塗にも中国産漆が使われています。
ただ塗り方に工夫をしていて、国産漆は仕上げの一回だけに使用します。

石も漆もすべて国産でまかなうとなると、継承者、価格面などの問題にぶち当たってしまいます。
中国産漆も需給の関係で価格が高騰しはじめているので、人件費を削るか価格を挙げないと、この輪島塗を守っていけないようです。

石材にも言えることですが、国産材は価格が中国産に比べて高いです。
質の点においては、寺院などの重要文化財の保護材としての漆と、墓石の石では、そこを重視するかどうかはそれぞれの価値観によって異なると思います。

そしてその「質」ですが、たとえば墓石を建立して50年後に墓じまいをしなくてはいけなくなったとすると、その50年間に影響が出なければ問題ないわけです。
何千万年~億年単位で出来あがった石を、何十年単位の耐久性で比較することにどれだけ意味があるのだろうと考える方も少なくないかもしれませんね。
可能であれば建立実績で、その石の経年変化を判断することが一番良いと思いますが、経年変化を最重要事項とするかどうかも価値観ですからね。

墓石を建てるにあたって、まったく興味のなかった「石」の魅力にはまる方もときどきお見受けします。
どちらにしても、石はゆっくりと長い年月をかけて変化した軌跡の産物であります。
そこが自然の産物のやっかいで面白いところであり、石はそういう意味では複雑なものかもしれません。
でも人って、複雑だからこそ、その魅力の虜になるんでしょうね。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 シニアライフ

桜の開花を今か今かと待ちわびているこのごろですが、「とやま終活カフェ」は名称を新たに、ここに開花宣言いたします!その名も「とやまシニアライフ応援団」です。...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

建て替えるまでもないけれど、お墓をリフォームしてよみがえらせたい

「昔からの知人のおうちのお墓が建ったというので、近くの墓...

宮崎様 富山県射水市
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お客さまの声に泣いた!】こんなお墓づくりができるのが私たちの目標でした!
イメージ

二年前に「両家墓」をご建立された富山市の岡田さま。墓石の完成後に引き渡しとなっていましたが、ご実家のお墓...

[ 施工例 ]

【安いのにはワケがある!】ネット通販で墓石を建てるリスク
イメージ

先日こんなお問い合わせがありました。「4年前にネット通販で墓石を建てたが、張り石から白いものが出ているため...

[ 墓石について、よくある質問 ]

富山の墓のここがすごい!~納骨 編~
イメージ

平成25年の人口動態統計によると、年間の死亡者数は126 万 8432 人で、前年よりも1万人以上の増加となっています。...

[ お墓に納骨 ]

【謎の事件簿】墓の納骨堂を開けると一つの骨壺だけに水が溜まっていた!?
イメージ

先日、古いお墓から新しいお墓へお骨を改葬するためのお手伝いとして、墓前法要のあと、お墓の納骨堂からお骨...

[ 墓じまい お墓の引っ越し(改葬) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ