コラム

 公開日: 2015-11-30  最終更新日: 2016-01-13

墓石に彫刻する文字。故人の名前は彫らなければいけない?

こんにちは☆
今年もあと1ヶ月。明日から師走です。
私も何となくバタバタしてきましたが、精神的には冷静に、だけどやるべきことは情熱を持ち、「冷静と情熱のあいだ」を行ったりきたりしようと思います^^

亡くなった人の名前は彫らないといけないの?

ご家族が亡くなると、時々お電話でお問い合わせがあるのが、
「亡くなった家族の名前って、墓に彫ってもらわないといけないんですか?」というものです。

お墓を建立する際は、墓石の一番上の棹石の横、または後ろに「建立年月」を彫刻します。
そして、建立年月の横に『建立者』のお名前が彫ってある場合がほとんどかと思います。
建立者が御存命であれば、お名前の部分に赤いペンキを入れます(ご要望によっては、入れない場合もあります)。

建立者の方が亡くなった場合は、スナダ石材でご建立していただいた方であれば、、無料で赤いペンキを黒に入れ直させていただいていますが、建立者とは別の方が亡くなった場合は、墓石にあらためて亡くなった方の名前を彫る必要はありません。

ただし、亡くなったご家族の法名(戒名)を刻んでいく「墓誌(法名板)」を、お墓の横などの空いているスペースに据え付けることはできます。

墓誌も石なので、どの石種を選ぶかと大きさで金額は変わりますが、約50,000円~(彫刻費込み)となります。(要・見積り)

墓誌を付けると、どなたかが亡くなるごとに、その方の法名などを彫刻する必要がでてきます。
彫刻費は、1名につき43,200円(税込)で、彫る内容としては、「法名」、「俗名」、「没年月日」、「享年」になります。

法名(戒名)をいただくことは、成仏して極楽浄土へ往生するため

墓誌に彫る『法名(戒名)』ですが、生前にいただく場合は、出家をして「仏弟子」になったという証でもあります。
亡くなった後の法名は「死者救済」の意味があり、仏様として成仏して極楽浄土へ往生するには、「仏弟子」となる必要があり、そのために死後に法名を授かります。

富山に多い浄土真宗では、「戒名」と言わず、「法名」と呼ぶため、墓誌も「法名板」と呼んだりします。

宗教観が薄れてきてると言いながらも、死後の捉え方には、まだまだ仏教的な考え方が浸透しているので、お墓にも仏塔としての名残があり、それが『墓誌』というカタチで残り、後世にも伝えることができるようになっているといえます。

色々な墓誌のカタチ。石に刻むということ

『墓誌』にも色んな大きさや形があり、そしてオリジナルの彫刻をあしらう施主様もおられます。

射水市太閤山霊園墓地

墓誌 立山連峰

亡くなったお父様が病室から望んだ「立山連邦」を彫刻をしたり、花を浮き彫りにしたりと、墓石では表現できなかった部分を墓誌に彫刻されるなどの工夫もみられます。

『墓誌』そのものは、後で据え付けることも出来るので、墓石と一緒に付ける方は最近はそれほど多くありません。
家族の構成員が少なくなったこと、仏塔としての墓石が形骸化してきていることもあるでしょうし、富山の場合は骨壺にもその方の法名などが書かれているので、納骨堂を開ければ分かるということも関係あるかもしれません。

ただお骨壺も古くなると、壺が破損したり、文字が見えなくなったりします。
その点では石に刻む名前は消えることがないので、代々継いでいくお墓や、また両家の墓をまとめて合祀するケースでは、後世の方がお墓で誰が眠っているか、わざわざ納骨堂を開けなくても墓誌を見れば一目瞭然目です。

現在の日本の一般的なお墓は「家墓」ですから、墓誌がないと建立者以外の名前はどこにも刻まれていません。
そのせいか、最近では墓誌でなくても、「自分の好きな詩」を彫刻したプレートにして、お墓と一緒に残したいというご要望もあります。
石に文字を、そして名前を刻むことは、「自分が存在した証」だということを、私達は無意識に感じ取ってているからなのかもしれません。

こちらも参考まで!

墓誌についてのお問い合わせはこちらへ!

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
S様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

ピラミッドは高いだけじゃない!? 奥深い「墓」の意義がそこにあった!
イメージ

さっそく行ってきました!富山県民会館で開催中の「黄金のファラオと大ピラミッド展」。とりたててピラ...

[ お墓 古今東西 ]

【大人のたしなみ】仏像を知ろう!
イメージ

先日届いた石材工業新聞の付録に「仏像について」というポスターがついていました。暗に、「石屋さんなら...

[ 店舗情報 ]

プロがお墓参りで絶対にやらない3つのこととは?
イメージ

今年のお正月は雪も積もらず、比較的お天気にも恵まれ過ごしやすかったですね。新年のお墓参りに行かれた方...

[ 墓石について、よくある質問 ]

もしこの世にお正月がなかったら?
イメージ

来週からは新学期も始まり、すでに仕事始めを迎えられた方も多いと思います。ちなみにスナダ石材の2017年の営業...

[ 珈琲タイムのプチ哲学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ