コラム

 公開日: 2016-01-07  最終更新日: 2016-10-03

東京タワー ~和型墓石とデザイン墓石と、時々樹木葬~

新年おめでとうございます!
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。
昨年中は大変お世話になりました。

正月休みに、カフェで読んだ雑誌のコラムを題材に、このコラムを執筆しています。
そして、リリー・フランキーさんの小説のタイトルをパクりました‥。小説読んでもいないのに…。
これを機に、リリーさんの小説も読むことを、新年の誓いにしたいと思います!

病室から見ていた東京タワーに感じた想い…

ちなみにそのコラムが掲載されていたのは、「家庭画報」だったかもしれません(間違っていたらすみません汗)。

入院中だった筆者が病室から毎日見ていたのが、そびえ立つ「東京タワー」。
ふさぎがちになる気分も、東京タワーを眺めることで何となく癒される。

人間は、なぜだか「高い塔」を建てたがる。
そしてそれは「いつも変わらない」不動の存在であり、そこに安心を覚えるのかもしれない、
というような内容でした。

人はなぜ「塔」を建てるのか

都市には、こうした高い塔が見受けられます。エッフェル塔しかり、スカイタワーしかり、京都タワーも。
そして、塔といえば「お墓」も石塔です。

和型墓石と呼ばれる従来型の昔からあるお墓は、中世のお墓である「五輪塔」を簡略化したカタチなのですが、スナダ石材が自社加工していた頃によく建立していた和型墓石は、本当にそびえ立つように墓地に建っています。

和型墓石byスナダ石材

「富山型」とも言いますが、10年前以前は富山ではこれがお墓の基本形でした。もちろん現在もこのようなお墓を建てられる方は当然いらっしゃいます。
富山のお墓は納骨堂が大きいので、自動的に石塔の高さも高くなるのですが、このようなカタチを前にするとどうでしょうか。
自然に「拝む」という気持ちが湧きあがり、手を合わせたくなるのではないでしょうか。

塔を目の前にすると、そしてその塔が高ければ高いほど、人間はその大きさに圧倒され、おののき、自身の小ささを感じ、謙虚になるように思います。

そして雑誌のコラムにあったように、いつも変わらない、不動の物を見ることで逆に安心感を抱くという不思議。
私達は何だかんだと言いながら、諸行無常の日常に揺れながら、絶えまない変化にさらされていることをしっかり実感しているので、「変わらないもの」に畏怖心や憧れがあるのかもしれません。

「生きている」ということは、「変化」していくことに他ならないですもんね。

高さが低いデザイン墓石。そして、自然の変化を楽しむ自然葬

和型墓石が「拝む」カタチであるなら、洋型やデザイン墓石は低く、「同じ目線」で手を合わせます。
これは心理的にも、和型墓石との大きな違いだと常々思っていました。

デザイン墓石byスナダ石材

掃除がしやすいなどの機能的な側面もありますが、これは家族のカタチの変化、「家」そのものの考え方の変化でもあると思います。
「拝む」というよりは、「語り合う」。
より私達のコミュニケーション能力が発達したとも言えるような気がしています。

どちらにしても墓石は、材質面でも「不動」なものであるので、そこが私達が「安心感」を持つ所以であると思います。

では、樹木葬などの「自然葬」と言われものは、どうなるのでしょうか。

たとえば樹木葬は、墓石の代わりに好きな樹や花が植えられるのですが、樹や花には「生命」があるので、不動どころの話でなく、絶えまない変化が起こります。
そう、私達生きている人間と同じ存在なのです。

そのために遺族の「お墓と思えない!」という声が上がるわけですが、もしかしたらそこには、「不死」や「生まれ変わり」への憧憬があるのかもしれません。

終わりに

元のコラムには、「お墓」というキーワードはもちろん一語も出てきてなかったのですが、職業病でしょうか。「塔」という言葉に引っ掛かり、色々と連想をしてみました(笑)

今年も皆様に色んな想いを馳せる材料になるようなコラムを、私も執筆できるよう精進していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

亡き夫の誕生日プレゼントに娘から、墓石クリーニングのプレゼント

Q1.お墓のクリーニングを依頼する前、どのようなことで悩んで...

富山県射水市 H様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2016年12月から変わる洗濯表示にちなみ「お墓の取り扱い方」を作りました!
イメージ

富山の墓石専門店㈱スナダ石材の砂田嘉寿子です。みなさん、今日から洗濯表示が新しくなることご存知でしたか...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

【のんべぇ必見!】酒と泪とお墓と人。お酒とお墓のよく似た関係
イメージ

そろそろ忘年会シーズンに突入ですね。忘年会といえば、ビールにワインにウィスキー、そして日本酒。(ぜんぶ酒や...

[ 石についてのエトセトラ ]

墓石の土台に貼る石は磨くべき?磨かない方が良い?
イメージ

墓石の土台に関しての最近の傾向としましては、基礎コンクリートで立ち上げて、上に張り石を貼るというパターンが...

[ 墓石について、よくある質問 ]

【いつかどこかで使える!?】墓石業界用語集「な」行
イメージ

「な」から始まる業界用語を探すものの、なかなか思い浮かばず更新が止まっておりましたが、ようやくまとめました...

[ 墓石業界用語辞書 ]

【一流の人の墓参り】その一分間の瞑想が脳波に与える影響
イメージ

皆さま、現在強いストレスを抱えておいでではないですか?年末が近づき、いろいろ追い込みがかかる時期ですよ...

[ お墓参りの効能 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ