コラム

 公開日: 2016-01-08 

お墓が二つある!? 両墓制の謎にせまる! ~読書備忘録~

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

いまさらですが、我々は業種で言うと「石材店」や「石屋さん」ですが、一般のお客様から必ずしもそう呼ばれるとは限らず、たまに「お墓屋さん」と言われるときがあります。
そう呼ばれると何となくおかしな気持ちがしたものですが、石でないお墓も実はあるんですよね~。

「お墓屋さん」と呼んでくださる方にお応えする意味でも、石でないお墓をご紹介したいと思います。

日本列島に分布する「両墓制」

四国新聞より 埋め墓
これは四国のある島にある墓で、「埋め墓」といわれる遺体が埋葬(土葬)してあるお墓です。
まるで小屋のようなお墓ですが、実際に竹などを使い、石を使わないこのようなお墓がある地域があります。

遺体がそこに眠るのなら、そこに手を合わせるのが普通と考えるでしょうが、実はこの地域には手を合わせる「詣り墓」が別の墓地にちゃんと存在しているのです。
そしてそこにある墓は、石のお墓、墓石になっています。

このように、「埋葬する墓」と「霊魂を祭る墓」を分けてあるものを「両墓制」というのですが、日本全体でみると両墓制の方が少なく、埋葬地と霊魂を祭る場所を同一地に設けた墓地の方がはるかに多いです。
富山も後者で、これは「単墓制」ともいわれます。

両墓制はいつ頃から始まり、なぜ全国に広まらなかったのか?

両墓制がみられる代表的な地域は、近畿地方で、九州・東北地方にはほとんどみられません。その中間の中部・関東地方および中国・四国地方の一部にもみられます。

はじめて学ぶ民俗学より
両墓制の分布地域は偏っていて、このようなお墓があることを知らない人は全国にもたくさんいます。私もその一人でした。
たとえば、西側と東側で風習が違うという話はよくありますが、西側でも九州にはほぼ見られず、中部でも北陸などの日本海側などでは見られません。

色々調べて分かったことは、「墓地を定めよ」と記した大化の改新の時代の「薄葬の令」あたりから、天皇・貴族階級に「穢れ ケガレ」の思想が広まり、平安時代には「詣り墓」なるものが建てられたことが分かっています。
あの藤原氏も、遺体の埋葬と霊の供養を「別の時と場所」で行ったとされています。

平安時代といえば、仏教が上層階級で広まる時代ですが、ちょうどその頃は天台宗と真言宗が「祖先祭祀」を強調して布教していたこともあり、両墓制はこの両宗とともに伝播したと考えられます。(和歌森太郎)

そういえば和歌山出身の富山テレビ局の方に取材を受けたときも、「家の墓には遺骨がなく、本山(真言宗高野山)にお骨が納骨してあるので、逆に富山の墓の大きさにびっくりした」と言われていました。

①ケガレ⇒②宗教、とともに広まった両墓制ということですが、なぜ全国津々浦々に行きわたらなかったの不思議ではありませんか。

それはおそらく、
「言語・服装・道具など他者と交流し外形を整えるための習俗は、新らしい風習や表現をとりいれやすく、伝播によって変化しやすい。
しかしながら、隣接社会の習俗であっても、社会組織や信仰の内容にかかわる習慣.行動、すなわち族制、祖霊信仰、価値観などは、もっとも変化しがたい。葬制・墓制はこれに属する」(宮本常一)
とあるように、ある時代に戦乱や経済的理由で移動した人々が、新たな地で自分たちの信仰、そして墓制を行うようになり、時代とともに新しい「単墓制」が導入され、各地で両墓制が点在する今のカタチになったのかもしれません。

お墓はメディアそのもの


各地に残る両墓制ですが、時代とともに純粋な両墓制が残る地域は少なくなっています。その地域の昔ながらの風景や、その葬送のあり方が世代交代とともに薄れていくのは、「お墓そのものがメディア」であることの証と言えそうです。

お墓は、民俗学にとっても第一級の資料になっています。
「お墓をどのように見て考えるか」という点では、たしかにメディアそのものであり、信仰や供養がどのように変わり、変わらないのかを考える上で重要な役割を担っているともいえますね。

【参考図書・資料】
「はじめて学ぶ民俗学」
「両墓制の時空間的展開」

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お墓の経済学】お墓を大切にしたい気持ちは「行動経済学」で説明できる!
イメージ

10月といえば「〇〇の秋」。そして、毎年10月に発表される「ノーベル賞」の秋でもあります。今年のノーベ...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係
イメージ

先日、このようなお問い合わせをいただきました。「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意...

[ お墓に納骨 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ