コラム

 公開日: 2016-02-15  最終更新日: 2016-03-09

【生前墓】墓石建立後の「開眼供養」は必ずしないといけない?

また冬に逆戻りしましたね…。
今やっと体があたたまってきた気がしている、富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

寒くなると、一気に生産力が落ちる気がしますね。
登社して、コピー用紙を切らしていることに気付いたのですが、買いに行こうと外に出るまでに、1時間近くかかってしまいました。全部、雪のせいです!

さて、先日ご相談いただいた内容を、こちらではもう少し詳しくご紹介いたします。

富山県の場合、8割以上が新規墓石の「入仏法要」を行う。

どなたも亡くなっていないけれども新しく建立したお墓のことを、「生前墓」や「寿陵墓」と呼びます。
その際、建立後はご自分の家の宗派にのっとって、入魂式などの法要を墓前で行います。

墓石を建ててもそのままの状態であれば、それはただの石の物体にすぎません。そこで、お寺のご住職に墓前で読経を行ってもらい、初めてその墓石は信仰の対象となる、というのがほとんどの宗派での考え方になっています。

富山では一般的な浄土真宗の場合、「魂入れ」や「開眼供養」とは言わず、「入仏法要」「御移徙 おわたまし」と言って、阿弥陀如来をお迎えします。

亡くなった方のお骨があって墓石を建てる場合は、納骨法要の中で、この「入仏法要」が同時におつとめされるのですが、お骨がない場合は、「入仏法要」だけを行う必要があります。

しかし、お墓を建立した方、10人が10人とも必ずこの儀式を行っているわけではありません。

まれに「うちは無宗教だから、お墓を建ててもお坊さんには参ってもらわない」と言われる方もいらっしゃいます。
その割合としてはスナダ石材では、年に1~2割弱程度の方が、墓石建立後の法要を行わないと言われます。

「入仏法要」を行った方の感想


入仏法要前の墓

では実際に、生前墓を建立後に法要を行った方は、どういうお気持ちになるのでしょうか。

射水市N様は、生前墓を建てることも法要を行うこともご主人に一任されていたそうですが、実際にその儀式に立ち会って「ここにいつか入るのか」と思うと、「何かホッとして涙が出そうになった」とおっしゃっていました。

他にも「これで安心した」とおっしゃる方がほとんどで、そのときに写真を撮らせていただいているのですが、たしかに皆様、柔らかい表情で、仏事をおつとめされた安心感に包まれていらっしゃるようにお見受けしました。

ちなみにお釈迦様は、「生前にあらかじめ死後の仏事を修めておくと、その幸せは無量で計りしれない」と説いておられます。仏教では、仏事をすることを「逆修」といって、大変功徳の高い善行と説いてますし、それは心豊かでゆとりがあることの表れといえるのかもしれません。

建立後すぐに「入仏法要」を行わない場合

生前墓を建立後、どなたかが亡くなって初めてそのお墓に納骨するときがくるまで、お参りはしないという場合もあります。
ただそれまでは、墓石はただの「石の物体」という状態であります。

お墓が仏塔という意識が少なくなっている昨今、お参りをしないと罰が当たりますよ~などと言うつもりはサラサラありませんが(笑)、こういった儀式を経験することで、どなたかが眠った後のお墓を大切にする気持ちなどにも、多少の影響があるような、そんな気もしております。

もちろん無宗派でお参りをしなくても、ご自分の想いを込めたお墓を建立される方が、その後お墓を大事にしないというわけではありません。
ましてや、お寺の回し者でもありませんが(笑)、たとえば菩提寺が廃寺になったなど、お寺さんとの付き合いがなくなってどこに頼めば良いか分からないという方もおられ、お参りを見合わせる方もいらっしゃいます。
先述のような貴重な経験として印象に残る方のお話もあるため、今回このようにまとめてみました。

スナダ石材でも、浄土真宗のお寺ですが「入仏法要」だけをしていただけるお寺さんをご紹介できますので、「建てたままにしとくのも…」という場合は、お気軽にご相談ください。


◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

亡き夫の誕生日プレゼントに娘から、墓石クリーニングのプレゼント

Q1.お墓のクリーニングを依頼する前、どのようなことで悩んで...

富山県射水市 H様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

夏目漱石のお墓観からみる「愛の考察」
イメージ

2016年は、文豪・夏目漱石の没後100年という年でした。夏目漱石の作品で読んだことがあるのは「こころ」くらいで...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

あの世で再会できるのは【ガチ】らしい!
イメージ

「007は二度死ぬ」といいますが、あれは「007」がいかに不死身かの比喩的表現であります。しかしじっさいに...

[ 珈琲タイムのプチ哲学 ]

いつかきっと役に立つ!墓石業界用語集「は」行
イメージ

新しい年の幕開けとともに、墓石業界用語集もようやく再開させていただきます。予定では今年中に仕上がるハズで...

[ 墓石業界用語辞書 ]

ピラミッドは高いだけじゃない!? 奥深い「墓」の意義がそこにあった!
イメージ

さっそく行ってきました!富山県民会館で開催中の「黄金のファラオと大ピラミッド展」。とりたててピラ...

[ お墓 古今東西 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ