コラム

 公開日: 2016-03-03  最終更新日: 2016-11-10

【これが名古屋式だ!】骨袋を使ってお墓に納骨

「恋人よ~、僕は旅立つ~。東へと向かう列車で~」

あ、こんにちは!富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。
何を歌ってるんだって?
すいません^^;
ひとりで懐メロ大会をしているわけではないんですが、つい「木綿のハンカチーフ」を口ずさんじゃいました。
そのワケは…、

木綿の骨袋
「木綿のお骨袋」が今日のお題だからなんです!

4月に建立予定の射水市のF様のお墓の建立地は、富山県射水市になりますが、納骨方法は息子様ご家族がお住まいの名古屋の方法でされたいというご要望をいただきました。

富山と名古屋の納骨の違い

私も富山県意外の納骨の方法に詳しいわけではないので恐縮ですが、【富山の納骨方法が全国共通でない】ということは認識しております。
これがお隣の金沢や新潟になっても「所変われば品変わる」で、納骨方法が少し違います。

何が違うかと言うと、富山は素焼きの約9寸サイズ(約30cm)のお骨壺(ここに俗名、行年が記される)に全骨納骨し、そのお骨壺をお墓の納骨堂(カロート)に納めます。

今回のお客様の名古屋の場合は、お墓に納骨するときは骨壺のままでなく、骨袋にお骨を納めて納骨になるそうです。

ちなみに、お隣の新潟でも骨袋での納骨で、逆隣の金沢では、全骨を拾骨しないので骨壺のサイズも小さく、お骨を骨壺からそのままお墓の納骨室に散骨するようなカタチで納骨となるそうです。

とは言っても、新潟も石川も広いですから、同じ県内でも地域によって納骨の違いはあるかもしれません。
富山県内でも、金沢に近い福光では骨壺が小さく、全骨を拾骨しないというように、県内でもこのような違いがあります。

納骨用の骨袋に適した素材は?

骨袋は布であれば何でも良いというわけでなく、化繊は避け、綿100%のものを使用します。地域によっては、「絹」を使用するところもあります。

これは、「お骨を土に還す」目的があるので、なるべく土に還りやすい自然素材を使用するためです。
ただし、お骨を袋に入れず、そのまま還す方が実際は土に還りやすいといえます。

サラシを使って、自分で作ることも可能です。
今回はこちらで用意してほしいということでしたので、既製の骨袋をご用意させていただきました。
ちなみに、この骨袋のメーカーさんは福井の繊維会社様で、東北でもこの骨袋が使われているそうです。

ちなみに「木綿のハンカチーフ」の歌は、別れの歌なんですよね。
「木綿」と「別れ」が結びついても、何となく柔らかさを含んでいる感じがするのは、綿そのものを思い出すからでしょうか。
木綿

そういえば、自分の子供が生まれたときも、オーガニックコットンの生地で手作りの「おくるみ」を作ったことを思い出します。



お骨を整理するときにもこのような骨袋を使いますが、生まれてからも土に還るときも、私たちは家族によって、優しさと愛情という名のおくるみに包まれているのかもしれません。


◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

今あるお墓のリフォーム、改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

古風なデザインのお墓はイヤ。気に入ったデザインのお墓を建てたい!

東京都にお住まいのHさまより、ご実家の魚津市でご建立いただ...

Hさま
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

そのこだわりは誰のため?お墓づくりでぶち当たる「自我」について
イメージ

お墓にもいろいろなデザインやカタチ、石種が登場し、各人がそれぞれ自分たちの「こだわり」を表現できるよう...

[ お墓は「生き方」 ]

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか
イメージ

児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちが...

【お墓だって年をとる!】墓石のコンクリートのひび割れにお化粧対策in富山県射水市
イメージ

20年前に墓石の上の竿石だけをリフォームしたお客さまからご連絡がありました。内容は、「コンクリートのひび...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

お金が先か、お墓が先か問題
イメージ

「よーく考えよー。お金は大事だよー。」こんなフレーズが流行ったことがありますが、今日はお墓とお金の大...

[ お墓の経済学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ