コラム

2016-03-14

【火星にひとりぼっち】「宇宙葬」は映画「オデッセイ」を観てから考えよう!

映画に現れる各地の「お墓」シリーズ、まだ3本目だというのに、ついにその地は成層圏にまで突入いたしました!

映画「オデッセイ」

今回のお題は絶賛上映中の映画「オデッセイ」。
あのマット・デイモンがまたまた宇宙に取り残される役(注:映画「インターステラ―」)を演じています。
前回の「インターステラ―」を観た方には、若干の既視感があるかもしれませんが、内容はかぶっていませんので、ぜひご覧になってください。

火星に取り残された主人公のサヴァイヴァルと感動

簡単にこの映画の内容を要約すると、火星で遭難した主人公が無事に地球に生還するまでの「火星で一人で生きるため」のハウツーを紹介した映画です。
いつか宇宙旅行が可能になる未来には、きっとこの知恵と知識が必要になるはずなので、メモのご用意を忘れずに!

いや、これはあまりにも要約しすぎましたね(笑)

火星でサヴァイヴァルするのはそのとおりなのですが、極限の状況で鍛え抜かれた頭脳を駆使し、そしてユーモアを忘れずに生き抜く主人公の強さに感動できる映画だと言っておきます。

地球という荒野でサヴァイヴしているすべての勇者は、きっとこの映画に感動し、勇気をもらえるはずです。

「オデッセイ」の主人公はきっと「宇宙葬」を選ばないはず!?

主人公は仲間と外れ、ひとり火星でその日その日を生き延び、クル―達が助けにきてくれるのを待つわけですが、広大な宇宙のなかで迫りくる彼の孤独感。
「もし自分だったら…」とちょっと想像するだけでも恐ろしい…。

そう。人って「孤独」には非常に敏感になると思うんですよね。
好き好んで「ひとり」を選ぶ場合は別ですが、そうなりたくないのに「ひとり」になっちゃった、というのはもう耐えがたいものがあるはずです。

しかも場所は宇宙。周りに他人がいての「孤独」と、他に人類がいない「孤独」は、同じ孤独でも比較対象があまりに違いすぎます。
そんなことを考えながら、映画の途中にふと思い出したのが「宇宙葬」のこと。

「宇宙葬」って、好き好んでひとりで宇宙に旅立つんですよね。もちろん遺族に見送られてですけど。
宇宙葬の料金は約20万円くらいで、遺灰が入ったカプセルが成層圏で散骨されるという新しい葬送サービスですが、その会社によって様々なプランがあります。

「早く地球にかえりた~い!」というたった一つの目的のために、それこそ必死に生き延びるという映画を観ながら宇宙葬を考えると、どうもアベコベな気がしたものです。

土に還りたいという感覚と宇宙空間に消えていくこと

また主人公は植物学者でもあったので、じゃがいもを栽培して何とか命をつないだのですが、地球への生還後に小さな植物の芽を見つけて、火星での苦労を思い出すシーンが出てきます。

「地球=命」というのがつながるシーンで、それこそ主人公が望んだものだったわけですが、宇宙には基本的にはこういった「命の芽」がありませんよね。
「宇宙=死」とまでは言わなくても、私たち人間が肌で分かる「命の光」というのが、宇宙には存在しないのではないでしょうか。
だからこそ、「宇宙での葬儀」が生まれたのかもしれません。

私たちには今でもどこかで「土に還る」という感覚が残っていて、それが塵となって、宇宙の果てに消えることに馴染めないことにつながるのかもしれません。

でも人間の進化は、本当にすごいし、素晴らしい!
いずれ宇宙空間で生きるという新時代が本当にやってくるのかもしれません。
もしそんな時代がきて、火星で人類が生活できるようになったら、やっぱりお墓はなくなって、成層圏での散骨が主流になってるのでしょうか?

もしかしたら火星の土にお骨を埋葬してるんじゃないかなんて、「オデッセイ」を観たメモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子は、思ってしまうわけですね(笑)

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

9月に入り、田畑も色づいてきましたね。 まだ残暑はきびしいですが、少しずつ秋のにおいを感じるようになってきました。さて、9月10日(土)の『とやま終活カフェ』...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

建て替えるまでもないけれど、お墓をリフォームしてよみがえらせたい

「昔からの知人のおうちのお墓が建ったというので、近くの墓...

宮崎様 富山県射水市
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【徳川幕府滅亡から150年】時代の転換期に私たちができること
イメージ

今日で9月が終わりますね。明日から10月が始まり、衣替えの季節。ついでに、149年前の旧暦10月14日(18...

[ お墓のまもりびと ]

隣に新しい墓が建った!40年以上経ったお墓のクリーニング&プチリフォーム
イメージ

とつぜんですが、「席替え」の日って、ドキドキしませんでしたか?席替えで隣の人が変わったときは、それだけで...

[ 墓石クリーニング リフォーム 施行例 ]

【花と人とお墓】花は人を連想させ、人は花にたとえられる。
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。去年にこちらのお墓をご...

[ 施工例 ]

【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。台風による雨もおさまり...

[ 墓石に彫る文字のはなし ]

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。2014年に公開された大ヒ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ