コラム

 公開日: 2016-04-02 

「映画ドラえもん」は、どんだけ「石」好きやねん!?の巻

「ぼく、ドラえもん!」
じゃなかった、富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

映画ドラえもん

先日の映画の日(4/1)に観た映画ドラえもん『新・のび太の日本誕生』。

最近では映画を観ると、このテーマ【映画に現れる「お墓」、「祈り、「石」】に関連することはないかと探るようになってしまいました…。
でも前にも一度、ドラえもんの映画についてのコラムを書いたことがありますが、「石」というテーマにスポットを当てると、まったく同じ内容になってしまうことを発見…。
途中、少しウトウトしたので漏れているところがありますが、映画「ドラえもん」が、どれほど「石」にロマンを抱いているかをちょっと解説いたします。

※※以下、ネタばれになりますので、ご注意ください!※※

石のパワーに、未来人がおののく!?


それぞれの事情で家出しようと決意した5人(のび太、ドラえもん、ジャイアン、スネオ、しずかちゃん)は、日本のどこへ行っても私有地やら国有地やらで、家出しようにも現代では無理だと気付きました。
そこで日本ができる以前、7万年前の世界へ、(もちろん)タイムマシンを使って家出をします。

そこで出会った(厳密にいうと、出会った場所は現代)原始時代の少年ククル。
『翻訳こんにゃく』で彼の話を聞くと、ククル達のヒカリ族が精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われてしまったという。
そして、のび太たち5人は彼らを救出するために、ギガゾンビが建設中のトコヤミの宮へ向かいます。

このギガゾンビが建設しているトコヤミの宮には、原始時代にはあり得ないコンピューターシステムが搭載されている巨大な場所あり、二十二世紀からきているはずのドラえもんの道具も、まったく歯が立ちません。
それもそのはず、ギガゾンビは二十三世紀からきている時空犯罪者で、世界の歴史を変え、自分の思うとおりの世界を作ろうとしているのでした。

そこで役立ったのが、ククルが手作りした「石やり」。
魂を込めて作った「石やり」が、23世紀のテクノロジーパワーを超越し、ギガゾンビをやっつけることができたのです。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

そうですね~。
たしかに「石」は時空を超えるのかもしれませんね。

二十三世紀は、西暦2200~2300年までの100年間ですが、石の年齢はもっと上なわけですからね。
地球は石でできていると言ってもおかしくないくらいに、地球誕生と石は密接に関連しているので、地球が46億年前に誕生したあとに、石が生成されていったことを考えるなら、二十三世紀の未来なんて目じゃないのかもしれません。

その時代に生存しているどんな生き物よりも、絶対に石の方が「年上」ですからね(笑)

人生は出会いがあって、別れがあることをのび太とともに実感する。

そして、映画のクライマックスは「別れ」。
のび太が原始時代に家出して、ドラえもんの道具で作った動物たちとの別れがやってきます。
彼らの親になっていた気分ののび太でしたが、空想上の動物を作ったこともあり、時空パトロール隊に引き取られていきます。

タイムパトロール隊の飛行船のようなものに乗せられた動物たちの一匹、ぺガ子(ペガサス?)が、飛び立つ前に「ヒヒ~ン」と鳴き、それまで別れに背を向けていたのび太が振り向いて、飛び立った飛行船に向かって泣きながら走り出すシーン。

これにはグッときました。
人との今生の別れも、これに近いものがあるなと。
誰しも別れに立ち向かうのは辛く、別れが待っていると分かってもどこかで背を向けているんです。
そして本当の別れがきて初めて、向けていた背を返して走りだすのび太のように、私たちも「別れ」に立ち向かうものかもしれないな、なんてことを感じました。

まとめ

前回のコラムとかぶるテーマがありながらも、今回のテーマを私なりにまとめるとしたら、未来を作っていく子供たちに、「石」が象徴する地球という長い歴史に敬意をあらわして、新しい未来を創造していって欲しいという願いと、人生には出会いと別れがあることを教えている映画といえそうです。

そして、永遠の別れのあとには、「石」で作られた「お墓」に入ることにしたのも人間なんだよっていうことで、このコラムを締めさせていただきます。

新・のび太の日本誕生

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お墓の経済学】お墓を大切にしたい気持ちは「行動経済学」で説明できる!
イメージ

10月といえば「〇〇の秋」。そして、毎年10月に発表される「ノーベル賞」の秋でもあります。今年のノーベ...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係
イメージ

先日、このようなお問い合わせをいただきました。「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意...

[ お墓に納骨 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ