コラム

 公開日: 2016-04-14 

父の四十九日法要を終えて。我が家のお墓と数字の神秘なつながり

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

先週の土曜日に父の四十九日の納骨法要を行いました。実家がある魚津のお寺で法要をつとめ、その後魚津市営霊園にあるお墓に納骨をしました。

納骨法要

我が家のお墓は、祖父が亡くなった15年後に祖母が一生懸命お金を貯めて建てたお墓です。棹石に彫られている「南無阿弥陀仏」は叔母の自筆で、灯篭は叔父が寄付。
こうしてみると、家族が祖父のために皆で建てたお墓なのですね。

それまで本家のお墓に入っていた祖父のお骨ですが、やっとお墓を建ててあげられたと喜んだ祖母。
しかし、今度は一人でお墓に眠っている祖父が、寂しがって自分を墓から呼ぶかもしれないと思った祖母は、もう一つ空の小さな骨壺を納めていました。

そんなことすっかり忘れていた私たち家族は、納骨するときに小さな骨壺があることに驚き、「誰の骨壺?」と一瞬騒然となりましたが、記憶力の良いおばさんのおかげで、100歳まで生きると豪語していた祖母のしわざだと気付いたのでした(笑)


父が亡くなったのは2月25日。
その日の魚津は雪模様でしたが、亡くなった後は道に雪がありながらも晴れてきて、葬儀の日も晴天のなか行われました。参列者に気を配ってその日を選んだのでしょうか、無骨な父が最初で最期にした、皆さんへの「気遣い」だったのかもしれません。

父が亡くなった25日というのは、祖父の命日でもあります。
そして納骨を行った9日は、祖母の命日。
きっと仕切り屋だった祖母が、天上界でいろいろ取り仕切ったんでしょう(笑)
祖母が亡くなってからもう20年が経つのですが、その存在感の大きさをいまだに実感します。


御影堂瓦

こちらの写真は、四十九日法要が営まれたお寺の本堂に飾ってあった本願寺の御影堂瓦です。
徳川幕府の庇護を受けて造営された御影堂のこの瓦は、三河地方の門徒により寄進され、100年来の風雪に耐えて生き抜いたものです。

そして現在、この御影堂は平成の大修理の真っただ中です。
葺かれた瓦には、その時代の刻印が残っています。この瓦そのものが、歴史、そしてその裏側にある思いを伝えているのです。(参照 御影堂大修理だより)

我が家にはこの瓦のように100年生きた人はいませんが、死後もなお思い出がよみがえる場所として、こうしたお寺、そしてお墓という空間が、100年以上もの想いをつなげていく存在として、これからもそびえ立っていくのかもしれません。


歴史好きだった父を偲んで。

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【富山市M様】店の前を通ったときに印象に残った展示墓をご建立

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

M様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【ついに最終回!】墓石業界用語集「や」~「ん」
イメージ

今年の我が家は卒園・卒業式に出ることなく、静かな3月を過ごしています。卒業というと、別れや涙を連想しま...

[ 墓石業界用語辞書 ]

美とは?祈りとは?法隆寺・釈迦三尊像のクローンが伝える人間の飽くなき「美」への探究
イメージ

高岡市・南砺市と東京藝術大学が、奈良法隆寺の門外不出の国宝「釈迦三尊像」を、現代のテクノロジーである3Dプリ...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

映画「沈黙」をみてわかったカタチある物を拠り所にしてきた日本人
イメージ

映画「ラ・ラ・ランド」を観た人たちが踊りだしそうになっている今、私の心はまったく違う方向を向いています。...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

【NASAの大発見より】生命あるところに「石」あり!
イメージ

あなたは宇宙人はいると思いますか?あなたの身近にいる宇宙人のような日本人ではなく、れっきとした宇宙人の...

[ 石についてのエトセトラ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ