コラム

2016-06-22

【歌舞伎俳優から営業マンまで】成就を願うときに人がまず向かう場所とは?

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。

「どうしても成就させたい願いがあるとき」、あなたはどこへ向かいますか?
たとえば、「合格悲願」や「成功祈願」、「ノルマを達成したい」などの願いを成就させたいときには、神社を参拝する方も多いかもしれません。



でも、どこの神社にどんな氏神様が祀ってあるか分からなかったり、有名な神社は遠方にあることも。
そんなとき、もっとも手軽に行ける場所があるんです。
それはお家のお墓です。
そして実際に、神頼みする前に「墓参り」を優先にしている人が多い印象があります。

歌舞伎俳優・中村勘三郎さんが墓参りをしたとき

歌舞伎俳優の故・中村勘三郎さんは生前、初日の前には必ずといっていいほどお墓参りをされていました。
歌舞伎役者を輩出している家柄ということは当然ありますが、それだけではない「何か」を、テレビのなかの勘三郎さんのお墓参りの姿から感じていたのは、私だけではないのではないでしょうか。

大役を担う立場である彼は、同じ大役を担ってきた先代たちが眠る墓前で、いわゆる「精神統一」を図っていたように思います。
初日の本番前に最後の精神統一を図る場として、「家のお墓がある墓所」が最適な空間であったことは、想像に難くありません。

営業マンがついつい墓に足を向けたのはどんなとき?

またこれはある営業マンの方のエピソードなのですが、「どうしてもこの会社に自社と取引してもらいたい」と、ある会社に営業をかけたそうです。
何度か断られたそうですが、その強い願いは消えることはなく、ある日誰の命日でもないけれど、ふと家の墓参りに行ったそうです。
その帰り途に会社から電話が入り、営業をかけていたその会社から「やはりそちらと取引をしたい」という旨の連絡があり、上司から「ありがとう」と言われたそうです。

墓参りには、成功につながる【3つの効能】がある!

墓参りをすることによって、【精神統一】ができ、それによって【心の整理】ができ、願望が浄化され、それが【信念】となって自分に還ってくるのかもしれません。

ですが、ここでふと湧く疑問があります。
それは、「仏様にお願い事をしてはいけない」というものです。
昔から口を酸っぱく言われていても、ついつい先祖にお願いをしてしまう方もいるかもしれませんが、墓参りと願望成就のつながりには、欠けてはいけない要素があることがわかりました。
それは「利己的」な願いであってはいけないこと。
その願いの背景には、他者への敬いがあることが不可欠な要素であるのです。

勘三郎さんにとっても、もちろん自分の成功だけを願っているわけではなかったでしょう。
それは、一座にいるすべての人が素晴らしい演技をして、観客に喜んでもらえるという、「他者」がうまく介在することで成功とみなすという姿勢があると思います。

またある営業マンの方の願いも、「何としても俺のノルマを達成したいんだ!」というものでなく、「うちの会社と取引した方が絶対この会社にとって有利になる」という信念が根底にあったといえます。
願望に潜む利己的な思いが浄化されるために必要な「精神統一」と「心の整理」は、墓前という場だからこそできることでもあります。

「一念岩をも通す」という故事がありますが、こういった自分の節目での墓参りでは、その一念が墓石を通して先祖に伝わり、墓参者が自分の想いが伝わったと感じたことで大きな力を得られる、という良い循環が生まれるのかもしれません。
そして、その墓に眠る人が一人よりも、二人、三人であった方が、当然勇気も倍増するはずです。

逆に悲しいことがあったときも、まず墓に向かうという人も少なくありません。
悲しみから這い上がるために不可欠なのは「気持ちの整理」ですが、そのために自然と墓前に足が向かっていたということがあるのではないでしょうか(私はありますね…)。

たぶん、墓に眠る家族や先祖には「伝わる何かがある」という見えない確信が、私たちの心のなかにあるからでしょう。

墓参り

「墓参り」は幸せと成功の第一歩

墓参りをして良い結果につながった体験(たとえそれがたまたまの偶然だったとしても!)をした人達が、共通に感じる想いがあります。それは「感謝」の気持ちです。

そしてそれを「素直」に受け取め、また墓参りに向かう。
すると、その人には「感謝」と「素直さ」、また自分だけの力だけではないと思う「謙虚さ」が自然に身につくはずです。

ちょっと待ってください。この「感謝」、「素直」、「謙虚」というのは、人が幸せになるため、もしくは幸せを感じるためには不可欠な要素なはずです。
この3つがあれば、たいていの人はおだやかに生きていけるのではないでしょうか。

ああ、そうなんですね。
「先祖を大切に」と謳う墓参りですが、それには家庭のしつけや言葉では教えきれないこの3つの要素が、墓参りをとおして自然に、だけど一長一短ではなく、ある日ハッと気がつくように、身についていくものなのかもしれません。

そしてそれを教えられるのが「墓参り」であるのもしれませんね。
そう考えていくと、お墓があって、何のわだかまりもなく亡き人に手を合わせられることが、何と幸せなことなのかと痛感いたします。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
富山 終活 遺言 エンディングノート

2016年度の「とやま終活カフェ」は、現在4回まで講座を行ってきていますが、これまでの活動と今後の講座のご案内を、新しいWebページでご覧いただけるようになりまし...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

お母様の納骨法要前に墓石をクリーニング

お母様の納骨法要までに、お墓をキレイにしてほしいというご...

S様
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【徳川幕府滅亡から150年】時代の転換期に私たちができること
イメージ

今日で9月が終わりますね。明日から10月が始まり、衣替えの季節。ついでに、149年前の旧暦10月14日(18...

[ お墓のまもりびと ]

隣に新しい墓が建った!40年以上経ったお墓のクリーニング&プチリフォーム
イメージ

とつぜんですが、「席替え」の日って、ドキドキしませんでしたか?席替えで隣の人が変わったときは、それだけで...

[ 墓石クリーニング リフォーム 施行例 ]

【花と人とお墓】花は人を連想させ、人は花にたとえられる。
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。去年にこちらのお墓をご...

[ 施工例 ]

【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。台風による雨もおさまり...

[ 墓石に彫る文字のはなし ]

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?
イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。2014年に公開された大ヒ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ