コラム

 公開日: 2016-08-31  最終更新日: 2016-09-27

明智光秀の首塚からわかる「墓守」と「墓じまい」の共通の想いとは?

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

今日で夏休みも最後ですね~。
小学生時代の夏休みを振り返ると、「あなたの知らない世界」で心霊特集が入るのを怖がりながらもひそかに楽しみにしていたことを思い出します。
そして現在。
こういう仕事に就いたこともあってか、「冥界」という言葉に体が条件反射するようになりましたが、私自身はまったく霊感ゼロの人間です。

京都東山三条河原近くの明智光秀公の塚の「まもりびと」

先日、BS日テレで「船越英一郎 京都の極み」が放映されてましたが、御覧になりましたか?
『東山冥界散歩』とのサブタイトルがついたこちらの番組は、京都東山はかつて死者がさまよう場所だったというナレーションから始まり、撮影で京都に足繁く通うこと30年のサスペンスドラマの帝王・船越英一郎さんが、その京都の冥界を案内するというものでした。

そこで、「本能寺の変」でおなじみの謀反のトップランナーこと明智光秀公の「首塚」を、代々お守りになっている餅屋さん「餅虎」さんがご紹介されていました。

光秀の首塚

そもそもなぜここに明智光秀の首塚があるのかというと、本能寺の変のあと、羽柴(のちの豊臣)秀吉に追われていた光秀が、途中で武装集団に襲われたのがことの発端です。
そこで、家来に自身の首を斬るように命じた光秀。
斬った首は知恩院に持っていき灰にするよう命じたのですが、知恩院に到着する前に夜が明けてしまい、首を持って逃げることができず、この場所で首を埋めたということです。

そして川嶋家(餅虎の当主)が、この塚が建てられた江戸時代末期(光秀の死後250年後)からずっと光秀の首塚をお守りしているそうです。

なぜ赤の他人の首塚を守るの?

こちらの餅虎さんもそうですが、その家の代々の人でなく、まったく血縁はないけれど、その地にまつわる偉人の墓を代々守っているお家が、こうした歴史ものの番組でチラッと紹介されることがあります。

これは日本で伝承されてきた「怨霊」という考え方によるのでしょう。

平将門の首塚しかり、菅原道真の天神様しかり、非業の死を遂げた人を祀り、ときには神として祀ってまでその怨霊を鎮め慰めるのは、日本人の一つの知恵であり、それは「能」という日本芸術にまで発展してきました。

たとえ非業の死を遂げていなくても、亡骸を粗末に扱ってはいけないということをなんとなく肌でわかっているのが私たち日本人といえるのではないでしょうか。

「墓じまい」も「まもりびと」も根底にある考えは同じ

現代では、家のお墓を守っていくことが厳しい状況に置かれている方が増えつつあります。
そういう方たちが「墓じまい」を考えるのは、亡骸を守っていけない以上、どこかの誰かに託さないといけないと思うからです。

これは言い換えると明智光秀公の腹心と同じで、本当は光秀の遺言どおりに葬りたかったけれど、そのときの状況がそれを叶えられず、現在は餅虎さんに引き継いでもらっているわけです。
そして現代人が同じことをする場合は、永代供養墓や納骨堂にお骨を預けるとなるのでしょう。

本当はお墓を守ることができれば良いですよね。
でも光秀の家来の状況まで切羽詰まっていなくても、確実に無縁になることがわかっている場合、それをそのままにしておくことができないとの想いを抱えてらっしゃる方は少なくありません。

この番組を観ての感じたのは、私たち日本人の死の文化が背景にある以上、安心してお墓をしまうことは、実は墓を守っていくのと同じくらいの意味があるのではないかということです。

また逆説的ではありますが、代々繁栄していく家というのは、「お墓のまもりびと」でもあるのだなとあらためて感じたしだいです。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【ついに最終回!】墓石業界用語集「や」~「ん」
イメージ

今年の我が家は卒園・卒業式に出ることなく、静かな3月を過ごしています。卒業というと、別れや涙を連想しま...

[ 墓石業界用語辞書 ]

美とは?祈りとは?法隆寺・釈迦三尊像のクローンが伝える人間の飽くなき「美」への探究
イメージ

高岡市・南砺市と東京藝術大学が、奈良法隆寺の門外不出の国宝「釈迦三尊像」を、現代のテクノロジーである3Dプリ...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

映画「沈黙」をみてわかったカタチある物を拠り所にしてきた日本人
イメージ

映画「ラ・ラ・ランド」を観た人たちが踊りだしそうになっている今、私の心はまったく違う方向を向いています。...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

【NASAの大発見より】生命あるところに「石」あり!
イメージ

あなたは宇宙人はいると思いますか?あなたの身近にいる宇宙人のような日本人ではなく、れっきとした宇宙人の...

[ 石についてのエトセトラ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ