コラム

 公開日: 2016-09-05 

【偉人の終活】約400年前にタイムスリップ!?豊臣秀吉さまの遺言

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

こちらのコラムで安定的に読まれている記事に2年前の石田三成公の供養塔と現代のお墓作り。「依り代」の共通点 があります。詳しくはお読みいただくとして、これはもう真田丸の影響に間違いありません。
堀北真希さんと結婚、そして妊娠報道がでた山本耕史さん演じる石田三成は、歴代の三成の中でも一番カッコイイと評判が高く、私のコラムが今も読まれているのは山本耕史さんの治部殿(三成の別称)のおかげでしょう(笑)

同じく評判が高い、小日向文世さんの豊臣秀吉。物語の上ではもうお亡くなりになりましたが(笑)、真田丸で見せた新しい秀吉像は、秀吉という人間像を理解するには最適だったと思います。

そこで気づいたのですが、私のこのコラムでは信長家康の時代について必ず1本は記事を書いているのに、秀吉の時代についてはほとんど言及してない(石田三成以外)ことに気づきました。

ということで、今回は「秀吉の終活とその後」についてまとめてみました。

秀吉の終い方と葬儀

秀吉が亡くなったのは、1598年9月18日(慶長3年8月18日)。
今から400年以上前になりますが、ちょうど今頃の秀吉は病床で、最後の遺言書を書いている頃かもしれません。
その遺言状のおもな内容としては、自身が亡くなった後の「秀頼を頼む」というものです。
「絶対にお前ら、秀頼を裏切るなよ」と釘をさしておいた秀吉。

そして約2週間後に亡くなるのですが、火葬されず、亡くなった京都・伏見城でしばらく安置され、翌年の春に方広寺の東方の阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬されます。
秀吉が亡くなった当時というのは、秀吉軍がまだ朝鮮へ出兵していたため、将軍の死を現地へ知らせることで朝鮮軍の反撃を恐れたため、しばらくその死は伏せられていました。

秀吉の死がこのような政治的な理由で隠されていたことで、葬儀も執り行われなかったのです。
しかしその死が知らしめられると、朝廷からは「豊国乃大明神(とよくにのだいみょうじん)」の神号を与えられ、秀吉のご廟は豊国神社となり、武の神として祀られることになりました。
そして秀吉の年忌には、毎年「豊国祭」という盛大な祭りが行われるようになりました。

豊国祭礼図屏風 右隻(「アート情報総合サイト 京都で遊ぼう」より)
7回忌に行われた祭礼を描いた『豊国祭礼図屏風』

派手好きな秀吉が葬儀もなく、その死も伏せられていたなんてあまりにも不憫な終い方だと思っていましたが、これでちょっと安心!

いえいえ、そうは問屋が卸さないのが、秀吉の死後のその後なのです。

死んだ後も落ち着けない!?二度、神になる秀吉

関ヶ原の戦いから大阪の陣のあと、徳川家康によって豊臣家が滅亡されると、秀吉の大明神の神格化は剥奪され、神社は廃絶、そして秀吉の霊はふたたび方広寺の五輪塔へと仏式で改葬されます。
その後は社殿こそ残ったものの、その参道には新たに新日吉神社(いまひえじんじゃ)が建立されたため、人々は参拝もできず、豊国神社は朽ち果てるままとなりました。

「鳴くまで待とう、ホトトギス」と三英傑のなかでは、一番おっとりしている風を装っていた狸じじい、じゃなかった家康公。彼が死しても、この徳川が幕府を治めている間の豊臣秀吉の扱いというのは、散々なものであったようです。

そしてやっと陽の目が当たるのは明治に入ってから。
明治天皇の勅命により、豊国神社が再興されることになります。秀吉の墓も立派に再建され、その翌年には豊太閤三百年祭が行われ、これで秀吉も安眠できるようになったと思われます。

豊国神社 Wikipediaより

豊国廟 wikipediaより

平安時代に都が移されてからの京都は、応仁の乱以降は戦火が絶えず、焼け野原となっていましたが、秀吉が京都を治めてから現代まで、京都は都として美しい姿を取り戻しています。
それは、今も阿弥陀ヶ峰山頂から京都の街を見守っている秀吉のおかげなのかもしれませんね。

※Wikipedia 豊国神社より参照

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

夏目漱石のお墓観からみる「愛の考察」
イメージ

2016年は、文豪・夏目漱石の没後100年という年でした。夏目漱石の作品で読んだことがあるのは「こころ」くらいで...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

あの世で再会できるのは【ガチ】らしい!
イメージ

「007は二度死ぬ」といいますが、あれは「007」がいかに不死身かの比喩的表現であります。しかしじっさいに...

[ 珈琲タイムのプチ哲学 ]

いつかきっと役に立つ!墓石業界用語集「は」行
イメージ

新しい年の幕開けとともに、墓石業界用語集もようやく再開させていただきます。予定では今年中に仕上がるハズで...

[ 墓石業界用語辞書 ]

ピラミッドは高いだけじゃない!? 奥深い「墓」の意義がそこにあった!
イメージ

さっそく行ってきました!富山県民会館で開催中の「黄金のファラオと大ピラミッド展」。とりたててピラ...

[ お墓 古今東西 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ