コラム

 公開日: 2016-09-07  最終更新日: 2016-09-09

【古くて新しい!】五輪エンブレムと家紋に秘められた祈りと美のカタチ

こんにちは☆
富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

栄光をおさめたリオオリンピックも終わり、リオパラリンピックも始まりました。4年後にはいよいよ東京オリンピックを迎えますね。ただ、ここに至るまでにいろいろと紆余曲折ありましたよね。
新国立競技場しかり、エンブレム問題しかり…。

そして新しく決まった五輪エンブレムは、私たちもなじみがある「紋様」でした。
五輪エンブレム
                                 (ITメディアニュースより)

一見シンプルなこの紋様ですが、デザイナーの野老さんのインタビューを読み、シンプルななかに秘められている祈りの奥深さに感動したしだいです。

私たちも仕事でこの紋様の代表格である「家紋」を墓石に彫っていくのですが、まぁさまざまな種類があるわけですよ。
今まで「家紋は彫りますか?」と、何気なくお聞きしていましたが、もしかしてこれはすごく奥が深いんじゃなかろうかといことで、「家紋」からみえてくる想いや祈りというものを解き明かしていこうと思います。

家紋の歴史は平安時代にさかのぼる

「紋章は平安時代、公家の「文様」から起こりました。衣服や牛車、あるいは調度などに好む文様を付ける。それが菊なら菊、蝶なら蝶と固定化される傾向になって、その文様はその人と深く結びつくのです。それが子孫に踏襲されたとき、その文様は家のシンボルとしての機能を持つようになります。それが紋章の起りです」
<『卍の魔力、巴の呪力 泡坂妻夫』より引用>

平安時代に公家からはじまった紋様は、鎌倉時代になると武士に一気に広まります。これは鎌倉武士が戦場で旗印を掲げて的味方を区別する必要があったからです。
その頃は、平安時代の紋様よりも実用的になり、わかりやすく目立つものを用いるようになりました。

家紋といえば丸。丸が持つパワーに気付いた日本人

嘉門といえば達夫。家紋といえば丸というくらいに、家紋にはほとんど丸がついています。

丸をつけないと弱々しく感じる紋にも、丸をつけることで力強く重厚に感じます。やはりそこは家のシンボルということで、丸をつけてパワフルに見える方を好まれたのでしょう。

この仕事を始めた当初、代表的な家紋「丸に木瓜」のことを「マルニモッコウ」と呼び、マルが丸を表していることを知らずにいました。かれこれ、10年ほど前でしょうか…。(遠い目)

家紋 外柵

この「丸に木瓜」の木瓜の原型は、鳥の巣を表しているとのことです。鳥の巣は生物の誕生、成長にかかわるので吉祥的な意味を表しています。
この「窠(か・鳥の巣の意味)」の模様が仏教美術とともに日本に伝わってきたのが飛鳥時代。
それが平安時代に公家によって、花のようなカタチに改良され、今の「丸に木瓜」になっています。ちなみにこの花のカタチも唐花で大陸から伝わっているものです。

もともとの模様を解体し、自分たち好みに改良し、バリエーションが増えていった家紋。
この「丸に木瓜」を例に一つとっても、そこから私たちの祈りと美の歴史の厚みが感じられます。

富山市 墓石 小さな墓と一緒に

では、ほかにも墓石に彫る家紋の一例をご紹介していきます。

丸に橘 家紋
                                   <丸に橘>

家紋 丸に橘

昔の皇居には必ず橘が植えられ、鑑賞されていました。
橘はミカンのことでもありますが、芳しい花の香と実の美しさ、そして甘味さに、詩に詠まれ、また姓にも使われるようになり、文様にも用いられるようになりました。

丸に梅鉢 家紋
                                   <丸に梅鉢>

丸に梅鉢 家紋

梅鉢紋を家紋としている家で有名なのは加賀前田家です。この梅紋そのものは、奈良朝のころから文様として存在していました。鎌倉時代になると北野天満宮の神紋でもあったことから、天満宮信仰の地の家紋に多くみられます。

家紋 竹と笹 
こちらは「家紋集」にも載っていないため、施主様から家に飾ってあった額をお借りしたものです。
家紋は二、三の特例を除けば使用の制限もなく、好みで自由に創作できるので、このようにいくつかのパターンを組み合わせた家紋もときどき見られます。
元々は姓を表すものであったので、こちらのお家も名前に「竹」がついています。
竹は梅や松と共におめでたい植物の一つであります。また節度を持って、すくすく延びるという繁殖性も意味しています。
ご本家はもう一千年続いているということだったので、家紋に込められた祈りが自然に受け継がれていったのでしょう。

家紋を受け継ぐことは「美と願いと祈り」を引き継ぐこと。

平安時代に生まれ、千年の歴史のなかで洗練され完成した紋様。戦国時代には石碑に刻まれているものも発見されていますが、家紋が庶民に定着するのは江戸時代になってからで、墓石に刻まれるようになったのもその頃からです。

そしてその江戸時代にはすでに家紋の元来の目的が薄れ、装飾性を取り戻していきます。
これは平和な世がきたことの証であり、その頃の人たちは美的感覚や洒落っ気を研ぎ澄ませ、紋様の完成形を作り上げました。

面白いのは日本的と思われている紋様も、大陸から伝わった仏教美術が源流となっているということです。
その原型を自分たちらしくアレンジし、洗練させてきた私たち日本人が持つ「美に対するこだわり」が、今も私たちを虜にさせ、そして墓石に彫刻して残していこうとする源泉になっているのかもしれません。

<『卍の魔力、巴の呪力』 泡坂妻夫、『日本の家紋辞典 由来と解説』 大隈三好 参照>

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 シニアライフ

桜の開花を今か今かと待ちわびているこのごろですが、「とやま終活カフェ」は名称を新たに、ここに開花宣言いたします!その名も「とやまシニアライフ応援団」です。...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【富山市M様】店の前を通ったときに印象に残った展示墓をご建立

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

M様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お客さまの声に泣いた!】こんなお墓づくりができるのが私たちの目標でした!
イメージ

二年前に「両家墓」をご建立された富山市の岡田さま。墓石の完成後に引き渡しとなっていましたが、ご実家のお墓...

[ 施工例 ]

【安いのにはワケがある!】ネット通販で墓石を建てるリスク
イメージ

先日こんなお問い合わせがありました。「4年前にネット通販で墓石を建てたが、張り石から白いものが出ているため...

[ 墓石について、よくある質問 ]

富山の墓のここがすごい!~納骨 編~
イメージ

平成25年の人口動態統計によると、年間の死亡者数は126 万 8432 人で、前年よりも1万人以上の増加となっています。...

[ お墓に納骨 ]

【謎の事件簿】墓の納骨堂を開けると一つの骨壺だけに水が溜まっていた!?
イメージ

先日、古いお墓から新しいお墓へお骨を改葬するためのお手伝いとして、墓前法要のあと、お墓の納骨堂からお骨...

[ 墓じまい お墓の引っ越し(改葬) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ